バトルスピリッツ │ デッキ紹介 │ komainu【金雲】

こんにちは。komainu(@koma020116)です。

今回は【金雲】のデッキについて紹介したいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾のバナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-bs.jp/)

■デッキリスト

デッキリスト
相棒鳥フェニル》×3
プム》×2
アルカナビースト・クラブパンダ》×3
アナザー・ペンタン》×3
蠱惑姫ミズア》×3
マリキャッツォ》×3
天使ファルシエル》×3
堕天使リクス=テトラ》×3
カンムリグリフォン》×3
白雲鯨ピュセーテール》×2
フェニックスプリンセス・フェニル》×3
雲海にそびえる翼遺跡》×3
クラウディブロウ》×3
サンクティファイドライト》×3

■デッキの概要

このデッキは、《相棒鳥フェニル》のリソース補充効果と踏み倒し効果を駆使して《フェニックスプリンセス・フェニル》+《サンクティファイドライト》を揃えるデッキになっています。

これら2枚を揃えると、相手の手打ち防御札とブロックをほぼ全て封じながら安全に5点殴りに行くことができるため、現在禁止カードに指定されている《ウィッグバインド》の強化版のような動きをすることが出来ます。

そのため、序盤は《フェニックスプリンセス・フェニル》の煌臨条件であるカウント6を目指すことが第一目標です。

以下、カウント6を達成するための代表的なパターンを2つ紹介します。

①ミズアプラン
1tフェニル(+2)
2tフェニル(+2)、ミズア踏み倒し
ミズア効果フェニル(+2)
プリンセス煌臨

②テトラプラン
1tフェニル(+2)
2tフェニル(+2)、リクス=テトラ踏み倒し
テトラアタック(+2)、フラッシュでプリンセス煌臨、テトラを自壊してアタックキャンセル

これら2つを起点としてファイドライトを使用して詰める、状況に応じて《天使ファルシエル》を出してアタックステップの終了を封じる、というのがこのデッキの主な攻め方です。

■採用カード紹介

■《相棒鳥フェニル

このデッキの契約カード。何があろうと絶対に1ターン目にプレイします。
カウントが溜まってからでないと縦引きできるカードが全然ないため、下手な防御札を積むよりも40枚金雲で固める構築が強い理由はこのカードがあるからです。

■《蠱惑姫ミズア

フェニルを2回使ってカウントを一気に増やしつつ手札を伸ばすカード。
魂状態のフェニルの効果は使えないため、フェニルが場にいない状況だと引いても全然強くないのには注意が必要です。

また、ネクサスを無力化する効果は無いと勝てないタイミングが出てくるので2枚目3枚目のミズアはキルターンまで温存しておくのも大切です。

■《カンムリグリフォン

このデッキの貴重な防御枠。
このデッキはデザイナーズ40枚で構成した方が安定する都合上デザイナーズ外の防御札を積むことが出来ません。
そのため、これは攻めに雑に切ってしまわず本当に必要な時の防御に使うといいでしょう。
プリンセスフェニルから踏み倒して打点の補強にも使えます。

■《雲海にそびえる翼遺跡

毎ターン1枚ドローできる置きドロソです。
カウント6を目指す時にはカウントを増やす効果を使う場合もありますが、基本はドローです。
ターン1効果ですが、このカード1枚に対してターン1であるため、3枚貼れば毎ターン3枚ドローすることもできてパーツ集めに重宝します。

■《クラウディブロウ

カンムリグリフォンを攻めに使った後、守りにも使いたい場合などに使います。
また、これを使ってプリンセスを2回煌臨してパーツを探したり、何かと柔軟なカードです。

ライフ減少時、バーストの効果は殴りながらフェニルを退かしてきた相手に対してファルシエルからカウンターできるため、除去がアタック時の対面に対しては伏せるといいでしょう。

■不採用カード、採用を悩んだカード

■《白雲鯨ピュセーテール

フェニルを除去されることに弱いデッキであるため、退かされた時はこれで出したファルシエルからフェニルを出したり、普通に2枚目のフェニルを出したりしてどうにか繋ぎます。最悪それらがなかったとしても除去後にシンボルが1つあるかないかはかなり勝敗にかかわるので入れざるを得ませんでした。
カードパワーは低いです。

■《テランの丘の天地繋ぐ星柱

カウントを1単位で盛ったところであまり意味がない(このデッキは2ずつ盛るカードが多いため、1だけ増えたとしても奇数になり端数が出てしまうから)ため、単純に打点にならないというデメリットが目立ちました。

契約スピリットが初手固定であることから弱い初動を無理してたくさん入れる必要がなくなっているため不採用です。
これは去年には無かった構築感覚ですね。

■おわりに

というわけで、今回は金雲の紹介でした!
現状は数枚弱いカードを入れなければデッキが40枚デザイナーズで埋まらないこちらのデッキですが、引くものを引いた時の最高火力は凄まじいため2弾以降で強いカードが追加されれば確実に環境に出てくると思います。

プリンセス煌臨時の4枚ドローがかなり気持ち良くて回していてとても楽しいデッキなので是非組んでみましょう!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧