ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【ミュウVMAX】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

今回は、先月開催されたマグノリア杯で使用した《ミュウVMAX》のデッキの解説をしていきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

 

■デッキ選択の経緯

CL京都以降の環境の変化として

・《クワガノン》をはじめとする非ルールポケモンの台頭。
・《ゲンガーVMAX》《ムゲンダイナVMAX》等の悪タイプ主軸のデッキの減少。

の2点が大きく挙げられます。

また、VMAX主軸のデッキの中でよく使われているものでは、《クワガノン》や《ミュウVMAX》にサイドを簡単に取られづらい《インテレオン》軸の構築の使用率が上がっていました。

マグノリア杯で《ミュウVMAX》を選択したのは、勝率が低い《クワガノン》を除けば、環境に嚙み合っている点を評価したからです。

相性不利な悪タイプ軸のデッキの減少、また《インテレオン》軸の構築に対しては《フュージョンエネルギー》のアドバンテージを活かすことができます。

とはいえ、《クワガノン》に対してもある程度の勝率は確保したかったため、4割程度勝てるようにカードを採用し、持ち込むことにしました。

■デッキレシピ

■採用解説

ミュウ

特性「ベンチバリア」を持ちます。

対《クワガノン》を見越しての採用で、バトル場の《ミュウVMAX》に攻撃させるための採用です。

ダメージを受けた《ミュウVMAX》の「クロスフュージョン」で「サイコジャンプ」を使い、行動回数のアドバンテージを稼ぐことが狙いです。

ともだちてちょう

 

主に《ボスの指令》を使い回すことを目的とした採用です。

ボスの指令》の4枚目と選択になる枠ですが、《ゲノセクトV》の特性「フュージョンシステム」を強く使うためには《ボスの指令》の4枚目と《ともだちてちょう》のどちらを採用するべきかと考えたときに、《ともだちてちょう》の方が強力なシーンが目立ったため、こちらを採用することにしました。

フュージョンエネルギー

CL京都の時点では、《フュージョンエネルギー》をはじめとする特殊エネルギーの採用を極力控えた《ミュウVMAX》が好成績を納めていた印象でしたが、厚めに採用することにしました。

理由としては、《はくばバドレックスVMAX》をはじめとする《インテレオン》軸のデッキの増加のほか、《カミツレのきらめき》と合わせることで、《ゲノセクトV》をアタッカーとして運用できる点を高く評価したことが挙げられます。

■不採用カード解説

ラティアス

悪タイプのVMAX相手に対して強力なカードだと考えています。

シティリーグの結果などからも、悪タイプのVMAXのデッキは減少傾向だったため不採用としました。

ただ、できれば採用したいカードではあるので、環境やデッキの枠と相談したいところですね。

パワータブレット》4枚目

パワータブレット》は3枚採用としました。

ワザ「テクノバスター」使用時に《パワータブレット》を使って相手のポケモンVMAXを倒すことはかなりのハードルであり、たねのポケモンVを倒したい場合は、《ツールジャマー》や1枚の《パワータブレット》で十分と判断したことが理由になっています。

ただ、本番では《ザシアンV》や《ガラルファイヤーV》などを倒したいシーンが多かったため、《げんきのハチマキ》の採用はもう少し考えても良かったかもしれません。

■おわりに

結果は4勝2敗で14位/128名でした。

目標であったトーナメントまで1歩及ばなかったので次の機会に向けて再度頑張ります。

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧