ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【クワガノン】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です!

今回は、「フュージョンアーツ」で新登場した《クワガノン》の解説およびデッキ紹介をしていきます。

先日のCL京都でも大きな反響を呼んだデッキとして、実践級の強さとなっています。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■《クワガノン》の強み

主に2点あると考えています。

1.サイドレースの有利さ

ほとんどのデッキに対し、ワザ「エレキブラスター」を3,4回使用することでサイドを取り切ることが可能です。

クワガノン》自身がサイドを1枚しかとられないポケモンであるため、ほとんどのデッキに対して有利なサイドレースを押し付けられます。

2.《デンヂムシ》によるエネルギー供給

クワガノン》の進化前である《デンヂムシ》の特性「バッテリー」のおかげもあり、ゲームの早い段階で《クワガノン》のワザ「エレキブラスター」を使用可能です。

■デッキリスト

■採用カード解説

クワガノン

このデッキのメインアタッカーとなります。前述した強みを活かしながら戦っていきます。

インテレオン

お馴染みの特性「うらこうさく」がとても強力です。

クワガノン》を育てるために必要なグッズを一気に手札に加えられます。

進化前である《メッソン》,《ジメレオン》の準備が試合内容に直結します。

レスキューキャリー

トラッシュの《デンヂムシ》を手札に戻し、《クワガノン》のワザ「エレキブラスター」を連発することを簡単に達成できるグッズになります。

また、盤面の復帰にも長けており、進化前の《アゴジムシ》や場合によっては《メッソン》,《ジメレオン》も回収することができるため、このデッキを支えている土台のひとつと言えるでしょう。

ツインエネルギー

主に《クワガノン》につけるエネルギーとしての採用になります。

デンヂムシ》の特性「バッテリー」に加えて保険として採用しています。

序盤の展開を優先したい場合には《キャプチャーエネルギー》の方が適任になるかと思います。

■デッキの動かし方、ポイント

序盤は《アゴジムシ》,《メッソン》を場に出していきます。

可能であればどちらも複数体出せるのが望ましいです。

次の番からは特性「うらこうさく」などを活かしつつ、《ふしぎなアメ》で《クワガノン》に進化し、ワザ「エレキブラスター」の使用を目指します。

ゲーム終了までは《クワガノン》を絶やすことなく育てつつ、毎ターンワザ「エレキブラスター」を使用し、サイドを取り切ることを目指します。

■おわりに

2進化ポケモンを中心に攻撃するデッキがCL等の大舞台で活躍するのは久しいことだったので、CL京都での入賞はとても印象的でした。

カードの可能性を吟味するのもカードゲームの醍醐味かと思いますので、今後も楽しんでいきたいものです。

それではまた!


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧