ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【三神ザシアン】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です!

今回の記事では、三神ザシアンの強みをおさらいしつつ、メタゲームの変化に合わせられるカスタマイズ性に着目してみました。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■”三神ザシアン”の強みと課題

強みについて

なんといっても《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》のGXワザ「オルタージェネシスGX」。

唯一無二のワザであり、追加効果がはたらいている場合、相手のバトル場のポケモンをワザのダメージで倒した際に取れるサイドの枚数が+1になります。

VMAX,TAG TEAM主体のデッキに対しては、4-2のサイドプラン、GX,V軸のデッキや場の展開に《デデンネGX》,《クロバットV》等のポケモンを多く利用するデッキに対しては3-3のサイドプランを取ることができます。

「オルタージェネシスGX」を使用してから2~3回の攻撃でサイドを取り切ることが可能です。

課題について

ただし、順当に「オルタージェネシスGX」を使ってもサイドレースで勝てない相手がいます。

大まかにですが、《こくばバドレックスVMAX》主体のデッキと《れんげきウーラオスVMAX》がそれに該当するものと考えます。

理由としては、

対《こくばバドレックスVMAX

ゲンガー&ミミッキュGX》の「ホラーハウスGX」から入られた場合、相手にサイドを先行されがちであり、有効な「オルタージェネシスGX」を決められずにゲームが終わってしまうことも多くある。

対《れんげきウーラオスVMAX

ワザ「キョダイレンゲキ」を複数回使われる展開になってしまうと、”三神ザシアン”側の行動回数が足らなくなりがちである。


これらの課題を改善した”三神ザシアン”が現環境で生き残っており、デッキ構築に関しても以前に比べて多様化したように感じます。

■”三神ザシアン”のカスタマイズについて

対《こくばバドレックスVMAX

ガラルファイヤーV》の採用。

「オルタージェネシスGX」の使用を優先するというよりは、《ガラルファイヤーV》の攻撃を2回通せるよう、ゲームを進めていきます。

ゲーム展開によっては「オルタージェネシスGX」を使用し、サイドを進めていきましょう。

序盤から悪エネルギーに触りたいこともあり、スタジアムは《トキワの森》を推奨します。

対《れんげきウーラオスVMAX

マオ&スイレン》の採用。

相手の「しっぷうづき」をほぼ1回分帳消しにできるカードです。

タッグコール》からもアクセス可能なため、序盤から使用しやすく、おかげで攻撃する回数を確保することができます。

ザマゼンタV》を活かすコンセプトにすると、より一層《れんげきウーラオスVMAX》のデッキに対して強く出られます。

スタジアムは相手の《頂への雪道》に対して強く出やすい《混沌のうねり》を推奨します。

■サンプルリスト

ガラルファイヤーV》採用型

マオ&スイレン》採用型

■おわりに

今回は、”三神ザシアン”にフォーカスを当てて考察してみました。

メタゲームの変化に応じて柔軟に構築を変化させられることもあり、常に環境に食い込めるのも納得です。

それではまた!


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧