ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【ウルガモスV】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です!

今回は「蒼空ストリーム」で登場した《ウルガモスV》のデッキ紹介をしていきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■ウルガモスVの強み

特に注目したいのが、ワザ「さかまくほのお」

強力だと感じる点が主に2点あります。

1点目が、炎エネルギーのリソースの心配がなくなる点。

トラッシュの基本炎エネルギーの数だけダメージが上がるワザです。

ゲーム終盤にもなれば、相手のポケモンVMAXを倒すことも十分に考えられます。

2点目が、エネルギー1個で使える点。

炎エネルギーを軸としたデッキは、ワザで大ダメージを与えたいと思う場面にはサポート《溶接工》を使うことがほとんどだったと思います。

ワザ「さかまくほのお」はエネルギー1個で使えることから、その番に使うサポートが比較的自由になるところが強みになります。

博士の研究》で基本炎エネルギーをトラッシュしたり、《ボスの指令》で相手のポケモンを呼び出すなど、自由度の高い攻めができます。

ワザ「だいもんじ」も序盤から使える中打点のワザとして十分な性能です。

これまでは盤面に炎エネルギー付いていることで真価を発揮していたのが《溶接工》軸のデッキの特徴だったと思いますが、《ウルガモスV》の登場によりトラッシュにある基本炎エネルギーも有効活用できるようになりました。これは大幅な強化だと言えるでしょう。

■デッキリスト

■採用カード解説

マルヤクデVMAX

ワザ「キョダイヒャッカ」は自身に炎エネルギーが付いているほどダメージが上がるワザになります。

ただし、《マルヤクデVMAX》が倒されてしまうと途端に大ダメージを出すことが難しくなるところが課題でした。

エネルギーがトラッシュされたとしても《ウルガモスV》のワザ「さかまくほのお」でリカバリーできる点が好相性です。

ヒードランGX

特性の「バーニングロード」とワザ「ヒートボンバーGX」が強力なため採用。

エネルギーの付け先の自由度が上がることや、相手のポケモンを一撃で倒していけるGXワザを強みに戦います。

盤面のエネルギーがなくなってしまう欠点を持ちますが、《マルヤクデVMAX》同様《ウルガモスV》の「さかまくほのお」で補ってくれます。

学習装置

盤面にエネルギーが残りやすくなるカードになります。

マルヤクデVMAX》に付けておく他、《ヒードランGX》の特性「バーニングロード」が活かしやすくなります。

■デッキの動かし方

先攻と後攻のどちらを選ぶかについては難しいところです。

以前は《溶接工》軸のデッキ≒後攻の方が良いとされていましたが、VMAX中心の環境になるにつれ、一概にどちらが正しいということはなくなりました。

なので、先攻時/後攻時に分けて考えたいと思います。

・先攻時

2ターン目から《マルヤクデVMAX》で攻撃することを目指します。

そのため、1ターン目には《マルヤクデV》を場に出しながら、可能であればそこにエネルギーまで付けたいところです。

・後攻時

可能であれば1ターン目から《ウルガモスV》の「だいもんじ」を使っていきたいです。

難しければ、《ボルケニオン》の「フレアスターター」で盤面を作る動きも視野に入れていきます。

特に後攻1ターン目の動きは、こちらの手札や相手のデッキによって目指す動きが変わりがちです。

ゲーム中盤~終盤にかけては、《ウルガモスV》の「さかまくほのお」があるため、あえてエネルギーをトラッシュに送るなどして大ダメージを目指します。

■おわりに

いかがだったでしょうか。

今回登場した《ウルガモスV》ですが、《溶接工》軸のデッキにとってかなり革新的な1枚になるかと思います。

色々と試行錯誤したいところですね。

それではまた!


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧