ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【こくばバドレックスVMAX】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です!

今回は《こくばバドレックスVMAX》についてとりあげることにしました。

以前、ガルシア杯で使用した《マホイップ VMAX》との組み合わせのものを紹介していきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■《こくばバドレックス VMAX》の組み合わせについて

こくばバドレックスVMAX》のデッキは構築自由度が高く、多くの組み合わせが存在します。

その中でもメジャーな形としての組み合わせは、大きく3種類に分けられます。それぞれの特徴について補足を入れながら見ていきましょう。

1.《ミュウツー&ミュウGX》軸

序盤から《ゲンガー&ミミッキュGX》の「ホラーハウスGX」や《オーロット&ヨノワールGX》の「ナイトウォッチャー」等のワザでマウントを取っていきます。

オーロラエネルギー》を採用し、《ガラルサンダーV》や《ネクロズマV》等のアタッカーを採用するタイプもしばしば見られます。

2.《ソルガレオ&ルナアーラGX》軸

リーリエの全力》を採用し、《ソルガレオ&ルナアーラGX》の「めがみのひかりGX」で自分のポケモンがワザのダメージ、効果を受けない1ターンを作り出すことができます。

3.《マホイップ VMAX》軸

マホイップVMAX》の「キョダイホイッパー」で相手のポケモンを1撃で倒していくコンセプトです。

エネルギーをトラッシュしてしまうものの、《こくばバドレックスVMAX》の「ダイガイスト」よりも倍率が高いため、比較的容易に相手のポケモン VMAXを倒していけます。

■《マホイップ VMAX》と組み合わせるメリット

現状、環境で強力だとされているデッキのほとんどがVMAXポケモンを主軸としたもので、それらを一撃で倒せるというだけでもかなりのアドバンテージがあります。

また、《ゲンガー&ミミッキュGX》の「ホラーハウスGX」によって、《こくばバドレックス VMAX》の特性「めいかいのとびら」を2ターン分使うことができ、この要素も《マホイップVMAX》の押し切る性能の強さに拍車をかけています。

■デッキリスト

■デッキの動かし方

1ターン目の動きとしては、《こくばバドレックスV》を複数体場に出すことを目標にプレイしていきましょう。余裕があれば、《マホイップV》も場に出せると良いですね。

後攻時は《クレセリア》の「クレセントグロウ」でエネルギーを加速することもありますが、エネルギーをつけたポケモンが返しの番に倒されないことを想定した場合に限ります。

2ターン目の動きとしては、1ターン目に出したポケモンを進化させ、《マホイップ VMAX》の「かざりつけ」を使用したり、《こくばバドレックスVMAX》の「めいかいのとびら」で準備を進めていくことが多いです。

それ以降は要所で《こくばバドレックス VMAX》の「ダイガイスト」や《マホイップVMAX》の「キョダイホイッパー」を使い、相手のポケモンを一撃で倒していくことを目標にゲームを進めていきましょう。

■おわりに

今回は、《こくばバドレックス VMAX》に着目した記事を書かせていただきました。

相手のポケモンを一撃で倒せて使っていて楽しいので、是非使ってみて欲しいです!

それではまた!


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧