ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【リーフィアVMAX】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

今回は、強化拡張パック「イーブイヒーローズ」で新たに登場した《リーフィアVMAX》のデッキ解説をしていきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■《リーフィアV》《リーフィアVMAX》の強み

リーフィアV

特性「りょくかさいぼう」で草エネルギーを付けることができ、特に最初の1ターン目の準備として強力です。

リーフィア VMAX

ワザ「くさむすび」は、《ガラル鉱山》と合わせることで、180,240,300のようなダメージを期待できます。ただ、相手によってはややダメージが足りない場面もありそう。

中打点を刻んでくる相手には、ワザ「ダイリーフ」で確定数をズラすことも期待できるでしょう。


デッキを組んでいくにあたり、

・序盤の再現度、特に1ターン目に《リーフィアV》の特性「りょくかさいぼう」を使用すること
・ワザ「くさむすび」の少し足りなくなりがちなダメージ面を補うこと

これら2点を重視してデッキを組んでいくことにしました。

■デッキリスト

■キーカード解説

インテレオン》(クイックシューター)

特性「クイックシューター」でダメージ面を補うために採用。

進化前の特性も強力であり、《ガラル鉱山》や《ツールジャマー》など、《リーフィアVMAX》のワザ「くさむすび」を活かすためのトレーナーズを手札に持ってくることができます。

ツールジャマー

ワザ「くさむすび」のダメージ量に直結する相手の《ふうせん》などに対し、有効にはたらくため採用。

ガラル鉱山

場のポケモンのにげるためのエネルギーを2個分増やすカード。

リーフィア VMAX》のワザ「くさむすび」のダメージを上げるのが主な役割ですが、出すタイミングによっては、自分の首を絞めてしまうこともあるため、慎重に使っていきましょう。

キャプチャーエネルギー

初手で《リーフィアV》を場に出せる確率をなるべく高くするために採用。

他にも《メッソン》や《マーシャドー》など、場に出したいポケモンの選択肢は多いため、試合中は常に使いどころがあるカードです。

■デッキの動かし方

最初の1ターン目に、《リーフィアV》の特性「りょくかさいぼう」を使うことを目指し、
さらに可能であれば《メッソン》もベンチに置き、2ターン目以降の展開に備えたいです。

2ターン目以降は、《ガラル鉱山》でにげるを増やすなどして、《リーフィアVMAX》で強力な攻撃を仕掛けていきましょう。

要所で《フーパ》のワザ「あくのいましめ」で削るターンもあると、攻めやすい場面も出てくるでしょう。

■おわりに

リーフィアVMAX》は相手のにげるを参照するワザを持つポケモン。

今まで積極的に採用されなかった《ガラル鉱山》のようなカードが突然注目されるのもポケモンカードの醍醐味ですね!

それではまた!


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧