ポケモン │ 大会レポート │ 凱【第4期ポケカ四天王決定戦】

4月3日に行われた四天王決定戦に第3期ポケカ四天王として招待され参加した際のレポートを書いていきます。

結果はご存知かと思いますが、第4期も継続してポケカ四天王として活動していきます。

改めてよろしくお願いします。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキ選択理由

CL愛知から1週間後の大会ということもあり、エクストラレギュレーションをずっとしていた状態からスタンダードレギュレーションに切り替えなければならないところからのスタートでした。

まずはじめに入賞していたリスト、気になっていたデッキなどを8個ほど組み、回してみることに。

いくつか手に馴染んだリストがあり、その中から四天王決定戦の参加者が何を使うのか予想をしながらデッキを決めようと思いました。

事前デッキ予想

・挑戦者側

イシヤマリョウタ選手

予想:三神ザシアン
理由:CLの時にロビーで良く回していたため。

クリタコウヘイ選手

予想:《ビクティニVMAX》、《マルヤクデVMAX》、《ミュウツー&ミュウGX》(《溶接工》軸)
理由:JCS、CL横浜等で《溶接工》を使用しているのが目立ったため。

サイトウコウセイ選手

予想:
ミュウツー&ミュウGX》(《ゴリランダー》軸)、《ミュウツー&ミュウGX》(悪エネルギー軸)
理由:《タッグコール》を使用し、再現度の高いデッキを好んで使用している印象が強いため。

サオトメリュウジ選手

予想が難しかったプレイヤーです。
クラッシュハンマ―》とか投げてきそうだなあという印象がある程度で、絞りこむことができませんでした。

・第3期ポケカ四天王側

全員CLはエクストラレギュレーションを選択していたこともあり、新規のデッキを持ち込む可能性は低そうだと感じていました。

アライケイト選手

予想が難しかったプレイヤーです。
全く初見のデッキを持ってきそうな気もしていました。

イトウシンタロウ選手

同じく予想が難しかったプレイヤーです。
全く初見のデッキを持ってきそうな気もしていました。

シマダダイチ選手

れんげきウーラオスVMAX》や《無人発電所》×《リセットスタンプ》を強く使えるデッキを選択しそうだなと予想していました。


まとめると、

・《三神ザシアン》が1人はいそう。
・《溶接工》軸のデッキにも当たりそう。
・プレイヤーの予想、CL愛知で《ミュウツー&ミュウGX》が活躍したことからも、《無人発電所》で簡単に止まるデッキを選択したくはない。

このようにまで考慮した結果、《三神ザシアン》、《溶接工》軸のデッキに強く出られそうな
悪エネルギー軸の《ミュウツー&ミュウGX》のデッキを選択しました。

本番は同じアーキタイプを選択したプレイヤーが自分含め3人もいたことに驚きましたね。

実際に8人が使用したデッキはこちら以下のものになります。

■使用デッキリスト

■対戦レポート

・マッチング

1回戦. 《ゲンガー&ミミッキュGX》+《れんげきウーラオスVMAX》先攻 勝ち
2回戦 .《ミュウツー&ミュウGX》悪エネルギー軸 後攻 負け
3回戦 .《ドラパルトVMAX》+《インテレオン》先攻 勝ち

・対戦レポート

1回戦 .《ゲンガー&ミミッキュGX》+《れんげきウーラオスVMAX》先攻 勝ち

CL2020愛知で活躍したサオトメリュウジ選手との対戦。

マリガンで相手の手札を見て《ゲンガー&ミミッキュGX》+《れんげきウーラオスVMAX》のデッキだとわかる。

先攻1ターン目は、手札のトレーナーズを消費し、倒されるリスクの低い《ガラルファイヤーV》に《ふうせん》を付けて番を返す。

相手の後攻1ターン目は《ゲンガー&ミミッキュGX》の「ホラーハウスGX」から入ってきたのに対して、る。
こちらは「ポルターガイスト」を十分に耐えられそうだったので、《デデンネGX》をバトル場に出して番を返す。

そこから《れんげきウーラオスVMAX》に大量にサイドを取られる展開だけ気をつけて、こちらの悪タイプのアタッカーで《ゲンガー&ミミッキュGX》を、《ミュウツー&ミュウGX》で《れんげきウーラオスVMAX》を攻撃して勝利。

2回戦 .《ミュウツー&ミュウGX》悪エネルギー軸 後攻 負け

イトウシンタロウ選手との対戦。

詳しい試合内容、解説は以下のものも併せてご確認ください。

ポケモンカードゲームポケカ公式chの切り抜きより

イトウシンタロウ選手のYoutubeより

前回戦の卓が近かったこともあり、お互いのデッキがそれとなくわかっている状態での対戦。

お互いに動き出すと、一瞬で勝敗が決まるので、序盤の展開やベンチスペースが重要になります。

試合中にお互いが意識していたことをまとめると、

・《ニューラ》または《マニューラGX》が盤面からいなくなるのは避けたい。
・どちらが先に《メガヤミラミ&バンギラスGX》で攻撃を始めるか。
・盤面からエネルギーがなくならないようにする。
・相手の「デッドムーンGX」の返しをどうするか。

このあたりだと思います。

上から順に見ていきます。

・《ニューラ》または《マニューラGX》が盤面からいなくなるのは避けたい。
マニューラGX》の特性「シャドーコネクション」を失うことはゲーム中の選択肢が著しく狭まるため、お互いに避けたいと思っていたことでしょう。

僕は相手の手札に《ボスの指令》があった場合、このような展開になるおそれがあったので、ベンチを空けておくことか、《ニューラ》の2枚目を置くことを天秤にかけた結果、《ニューラ》の2枚目を置くことを選択しました。
当然こちらが場を埋めてしまった以上、少ない選択肢で戦うことを強いられることとなりました。

・どちらが先に《メガヤミラミ&バンギラスGX》で攻撃を始めるか。

この試合で先に攻撃を始めたのはイトウ選手側でしたからです。
先に攻撃されたアドバンテージを覆すことは難しく、こちらが不利な展開になっていきます。

・盤面からエネルギーがなくならないようにする。

手札からエネルギーを付ける以外に、場のエネルギーを増やす方法として、
・《ガラルファイヤーV》の「じゃえんのつばさ」と、
・《レッド&グリーン》の追加効果
のふたつがあります。

相手の進化前のポケモンがいる限り、最大で場に4枚分エネルギーが増える可能性があり、攻めるタイミング、手札や盤面の噛み合いなどを考慮する必要がありました。

こちらが《あなぬけのヒモ》を使ったターンに《ガラルファイヤーV》で倒す選択肢もありましたが、残り2回攻撃する分のアタッカーを用意することを考えると、ややエネルギーに不安が残るため《シルヴァディGX》を選択しました。

・相手の「デッドムーンGX」の返しをどうするか。

結局こちらが負け確定の盤面で1度使用しただけでしたが、序盤からいつ「デッドムーンGX」を使われるかを考える必要がありました。

最終盤面、イトウ選手は手札、盤面でこちらの「デッドムーンGX」を返せるようにプレイしてきたので、流石でした。

3回戦 .《ドラパルトVMAX》+《インテレオン》先攻 勝ち

最後にシマダダイチ選手との対決。
公式戦だと、CL新潟以来の対戦となりました。

ポケモンカードゲームポケカ公式chの切り抜きより

相手は《ドラパルトVMAX》+《インテレオン》のデッキ。

無人発電所》を貼ってくるデッキなので、《マーシャドー》の「リセットホール」を置くタイミングが重要です。

こちらの方針としては、ゲームが決まるタイミング以外では、《ミュウツー&ミュウGX》は出さず、相手の《ドラパルトV》や《ドラパルトVMAX》を《ガラルファイヤーV》や《ゲッコウガ&ゾロアークGX》などの悪タイプのアタッカーで倒していくことが重要でした。

先攻1ターン目、
手札の都合もあり、スタートした《ブラッキー&ダークライGX》を準備することにしました。

結果的にはなりますが、エネルギーのついた《ブラッキー&ダークライGX》が常に場にいたため、サイド2枚分の《ドラパルトV》を含んだ3-2-3のような展開を避けられたのかなと思います。

ただし、《ブラッキー&ダークライGX》では相手の《ドラパルトVMAX》を一撃で倒すためには追加効果ありの「デッドムーンGX」を宣言する必要がありました。

しかしながら手札的にはやや要求が高かったため、それは目指せず。

そこなので、《ブラッキー&ダークライGX》を構えながら、《ドラパルトVMAX》を一撃で倒せる《ガラルファイヤーV》をメインに準備していくのが最善と考えます。

手札が細く、こちらから攻撃できるほど余裕はなかったため、《デデンネGX》を差し出しながら、相手の出方を伺います。

デデンネGX》が倒された返しの番で、1体目の《ドラパルトVMAX》を《ガラルファイヤーV》で突破。

返しの番で、こちらの《ニューラ》が取られなかったこともあり、《レッド&グリーン》から《ゲッコウガ&ゾロアークGX》まで繋がり、勝つことが出来ました。

■おわりに

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

3戦と短い試合数ながらも、強敵との真剣勝負を楽しめた最高の時間でした。

第3期に引き続き、第4期もポケカ四天王として活動していくことになりましたので、改めてよろしくお願いします。

それではまた!


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧