ポケモン │ カードレビュー │ 凱【ガラルヤドキングVMAX】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

今回は、新拡張パック「双璧のファイター」から《ガラルヤドキングVMAX》を紹介していきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■ガラルヤドキングV、ガラルヤドキングVMAXについて

進化前の《ガラルヤドキングV》、進化後の《ガラルヤドキングVMAX》に分けてそれぞれのカードの強みを紹介していきます。

ガラルヤドキングV

ワザ「はめつのひとこと」は、このワザを受けたポケモンを相手の番の終わりにきぜつさせるという効果を持っています。

この効果は、受けたポケモンがベンチに下がった時点で効果が消えてしまうため、ベンチに下がらせない工夫が必要になります。

次の項にて説明します。

ガラルヤドキングVMAX

ワザ「ダイゲキドク」は、相手のポケモンチェックで乗せるダメカンの数を12個の“どく”にするという効果を持っています。

10の素点があるため、《いちげきエネルギー》でダメージを上げることができます。

■ガラルヤドキングVを活かすためには

多くのデッキに入っている《ふうせん》や《ポケモンいれかえ》を上手く封じられると、このワザの効力は上がるでしょう。

序盤から決めにいきたい場合は、《ツールジャマ―》や特性によってグッズを封じる《オムスター》、後半に決めたい場合は、《リセットスタンプ》に《ザクザクピッケル》や前述したカードたちを組み合わせるのが良さそうです。

■ガラルヤドキングVMAXを活かすためには

ガラルヤドキング》と同様に、相手のトレーナーズによっていれかえる効果に対して、強くなるカードを採用したいところです。

“どく”の効果をより強力にするためには、《ダストアイランド》も選択肢に入るでしょうか。

さらに、悪タイプのデッキやICHIGEKIのデッキに採用され、“ワザのダメージを受けない”効果を持つ《ジュナイパー》などに対して有効な1枚になり得ます。

また、ポケモンチェック時の“どく”で相手のポケモンを倒せた場合、多くのデッキに採用されている《オドリドリGX》の特性「たむけのまい」を使わせない立ち回りも狙えます。

■おわりに

一癖ある効果を持つ《ガラルヤドキングV》、《ガラルヤドキングVMAX》ですが、使い方次第では活躍も期待できるカードだと思っています。

「双璧のファイター」が加わってからのデッキの動きにも注目したいですね。
それではまた!


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧