ポケモン │ 大会レポート │ 凱【Limitless Online Series Q4】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

今回は5/30.31日に行われたLimitless Online Series Q4に参加した際のレポートを書いていきます。

先日行われたLimitles Online Series Q3のレポートと併せて読むことをオススメします。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキ選択理由

前回行われたLimitless Online Series Q3の結果を受けてデッキの調整を進めていきました。

※Limitelessから引用

その結果、使用候補を最終的に2つに絞り、実際に持ち込んだのは鋼エネルギー型の《チラチーノ》コントロールになりました。

デッキレシピ : 《チラチーノ》コントロール

今回は使用にいたらなかったものの、主に構築内容を煮詰めていたもう一つのデッキは《ドラパルトVMAX》のデッキでした。

デッキレシピ : 《ドラパルトVMAX》

まず仮想敵として、Limitless Online Series Q3で使用率の高かったデッキを見ていくと

ピカチュウ&ゼクロムGX
ズガドーン
アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV
ドラパルトVMAX

ズガドーン》を除けば、基本的にTAGTEAMやVMAXといった大型のポケモンを使って攻撃してくるデッキが中心でした。

大型のポケモンに対して、《ドラパルトVMAX》のワザと相性の良い《イベルタルGX》を使えばサイドレースを有利に進めていくことが可能です。

しかし、《ドラパルトVMAX》を意識しているデッキが思いの外多く、《マオ&スイレン》を複数回使えるように構築されているデッキも珍しくありません。

そのため、今回は《ドラパルトVMAX》を使用候補から外すことに。

最終的には自分がLimitless Online Series Q3で使用したデッキをイトウシンタロウ選手が改良したものを持ち込むことにしました。

もともと入っていた水エネルギーを鋼エネルギーに変更したことにより、《ザシアンV》と《ルカリオ&メルメタルGX》がワザを使って相手のポケモンを倒す選択もできるデッキへと変わりました。

■採用カード解説

前回のデッキと中身が近いので、新しく採用したカードを中心に解説していきます。

ルカリオ&メルメタルGX

カウンターゲイン》と合わせてワザ「フルメタルウォール」を使います。

フリーザーGX》と差別化できる点として、相手のバトル場のポケモンのエネルギーを剥がした後に攻撃に転じることも可能だということです。

エネルギーを《クラッシュハンマー》や《ザオボー》で剥がすよりも、《ルカリオ&メルメタルGX》や《ザシアンV》のワザを使って倒した方が早い場合もあるので、そこの見極めが大事になってきます。

エリカのおもてなし

手札を抱えながら引き込めるのが大きく、《博士の研究》に比べると、手札のカードをより大事に扱えます

それにより《ヤレユータン》のワザ「リソースマネジメント」の回数を最小限で済ませ、《ザシアンV》の特性「ふとうのつるぎ」を使うターンが増えるので、攻撃するチャンスも生まれやすくなります。

テンガン山

鋼エネルギーを半永久的に回収できるスタジアムです。
チラチーノ》の特性「やりくり」とも相性が良く、使いやすいカードですが、相手が鋼エネルギーを使うデッキの場合は扱いに注意しなければいけません。

■対戦レポート

1戦目 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《カプ・コケコV》 〇

かなり追い詰められましたが、後半に《リセットスタンプ》+《ルカリオ&メルメタルGX》の「フルメタルウォールGX」で《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》のエネルギーを剥がし、1ターンの猶予を得ました。

次のターン、相手の《カプ・コケコV》を《ボスの指令》で呼び出し、《ザシアンV》の「ブレイブキャリバー」で倒し、相手の盤面からエネルギーが無くなり、そのまま勝利。

2戦目 ファイアツールボックス ×

ゲーム後半に《ルカリオ&メルメタルGX》の「フルメタルウォールGX」+《リセットスタンプ》+《ザクザクピッケル》を使い、相手の動きを止めるも、次のターンのトップから解決されてしまい敗北。

3戦目 《ズガドーン》×
4戦目 《レシラム&リザードンGX》×

2試合とも相手の後攻1ターン目に負けてしまいました。

5戦目 《ドラパルトVMAX》 ○

ドラパルトVMAX》のワザ「ダイファントム」を使われる展開になりましたが、《ルカリオ&メルメタルGX》の「フルメタルウォールGX」から攻撃も絡めていき、最終的には相手の山札を削り切り勝利。

6戦目 《ミュウツー&ミュウGX》+《カラマネロ》 ○

相手が《アーゴヨンGX》の「スティンガーGX」から《ズガドーン》の「デプスボム」を狙ってきたので、サイドが3枚になった時点で《ザシアンV》で《ミュウツー&ミュウGX》を攻撃してサイドを取り切り、勝利。

7戦目 《ズガドーン》 ×

ほとんど展開できずこちらのたね切れで敗北。

8戦目 《ピカチュウ&ゼクロムGX》 ○

相手の《パルスワンV》を《ザシアンV》で倒すなどしてエネルギーを割り切って勝利。

9戦目 《ピカチュウ&ゼクロムGX》 ×

ピカチュウ&ゼクロムGX》の「タッグボルトGX」を最後まで温存され、《ルカリオ&メルメタルGX》の「フルメタルウォールGX」を使うタイミングが作れずに敗北。

10戦目 《ズガドーン》 ○

ザシアンV》を呼び出し続け相手のリソース切れで勝利。

11戦目 《タチフサグマ》 ○

有利マッチ。
相手のエネルギーを剥がし続け、山札切れで勝利。

12戦目 《フラージェス》+《リーリエのピッピ人形》○

山札を増やす手段が、こちらは《ヤレユータン》の「リソースマネジメント」、相手は《フラージェス》や《ゴンべ》の特性(コイン依存)という状況で、こちらが《ジュジュべ&ハチクマン》を使い続ける展開になり、時間内に終わりそうになかったところ、対戦相手から“これを続けていたらいつか僕が負ける”とメッセージが来て相手が投了。

13戦目 《ズガドーン》○

ザシアンV》を呼び出し続け、相手のリソースがなくなったため勝利。

8勝5敗で終了。

■あとがき

攻撃にも転じられるコントロール系統のデッキは、選択肢が豊富で使っていて楽しかったです。

普段使わないようなデッキをLimitless Online Seriesで沢山試せたのが良い経験になりました。今後の国内の大会でもこの経験を活かしていきたいです。

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧