ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【ガラルネギガナイトV】

こんにちは、凱です。

2021シーズンの幕開けであるCL横浜お疲れ様でした!

今回は、CL横浜で使用した《ガラルネギガナイトV》のデッキを紹介していきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■なぜ《ガラルネギガナイトV》なのか

CL横浜の環境で予想していたデッキタイプとしては、

Tier1

“3神ザシアン”
ムゲンダイナVMAX

Tier1.5

ズガドーン

Tier2

セキタンザンVMAX
ピカチュウVMAX
ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV
ピカチュウ&ゼクロムGX
ミュウツー&ミュウGX》(《カラマネロ》軸)


このように予想していました。

1日目の予選全7回戦中、雷タイプ、悪タイプのデッキに3~4回ほど当たるだろうという考えから、闘タイプのデッキの立ち位置が良さそうだと感じました。

そこで、闘タイプのデッキの中から主に《セキタンザンVMAX》、《ガラルネギガナイトV》の2デッキを試しました。

セキタンザンVMAX》は調整を重ねた結果、“3神ザシアン”や《ズガドーン》に勝つのが難しいと感じ、断念。

ガラルネギガナイトV》は《セキタンザンVMAX》に比べ、構築の自由度は高いと感じ、“3神ザシアン”や《ズガドーン》に勝つ筋を用意できればそれなりに戦えるデッキだと判断し、デッキを作ることにしました。

■デッキレシピ

■キーカード紹介

ガラルネギガナイトV

ガラルネギガナイトV》を選んだ理由にも書きましたが、雷タイプや悪タイプのポケモンに対して有利な展開を望める点や、《タフネスマント》や《ストーン闘エネルギー》を付けることで、《ザシアンV》に対しても有利な殴り合いが出来ると判断しての採用です。

アーゴヨン

ガラルネギガナイトV》を試している中でエネルギーを恒久的に付ける必要があると感じ、採用しました。

1ターン目に《べベノム》を置けると、最速で2ターン目から《ガラルネギガナイトV》を起動できる。

ヘラクロス

“3神ザシアン”への解答としての採用。

ガラルネギガナイトV》は《タフネスマント》や《ストーン闘エネルギー》を付ければ《ザシアンV》とも勝負しやすいと判断しました。

相手が「オルタージェネシスGX」を使ってくるであろう、後攻1ターン目あるいは先攻2ターン目の返しにワザ「どひょうがえし」を使い、エネルギーテンポを取ることが目的。

ハプウ

アーゴヨン》の「チャージアップ」でエネルギーを加速する準備として、エネルギーを落とすことも要求の1つになるためそこを補うための採用。

ゲーム後半に向けて山札を作れることはもちろんのこと、《博士の研究》の次にキーカードに触りやすいサポートとしてもこのデッキには適任だと感じました。

■デッキの動かし方

2ターン目に《ガラルネギガナイトV》の「フォールスター」を使うことを目標に立ち回ります。

準備としては、1ターン目に《べベノム》1体と盤面のどこかにエネルギーを1枚手張りすること。

そこからはなるべく行動回数を保てるよう、《タフネスマント》や《ストーン闘エネルギー》などで耐久力を上げた《ガラルネギガナイトV》を中心に試合を進めていきます。

相手が《ズガドーン》の場合は、《カプ・レヒレ》や《フーパ》などを使い、サイドレースで負けないように立ち回ります。

■終わりに

今回はCLで使用したガラルネギガナイトVのデッキ紹介でした。

CLのレポート編に続きますので、そちらもお楽しみに!

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧