ポケモン │ 環境考察 │ 凱【スタンダードメタゲーム】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

CL京都が中止になって非常に残念なところですが、今回は「もし、CL京都が開催されていたら、、」というテーマで環境予想記事を書いていきます。

「VMAXライジング」までのカードプールで行われたシティリーグについてはこちらの記事をご覧いただければと思います。

ポケモン │ 考察記事│ 凱【シティリーグシーズン3】

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■カードプールの変化

3月6日に新発売された「反逆クラッシュ」がカードプールに追加されました。新カードが出ると、環境が移り変わるのですが、

・既存のデッキの強化
・新アーキタイプの登場

主にこの2点に集約されるので、それぞれ考えていきましょう。

■既存のデッキの強化について

今回の「反逆クラッシュ」では強力なカードが多く出たのですが、特に影響力のあるカードを3種類取り上げます。

今までは、《カスタムキャッチャー》、《ポケモンキャッチャー》が相手のポケモンを呼び出す手段として採用されていましたが、それがほぼ間違いなく、この《ボスの指令》に切り替わるでしょう。

ゲーム中に相手のベンチポケモンを呼ぶ回数の上限も増えるため、既存の戦術にも大きな変化が生まれそうです。

手札から出したときに使える特性で、トラッシュのサポートを手札に回収します。
先ほど紹介した《ボスの指令》をはじめ、《博士の研究》などのドローソースを使い回しても強力だと言えます。

デッキの《クイックボール》の価値がこのカードのおかげで格段に上がることはたしかです。

今まで相手のポケモンのどうぐに抗う手段が、《フラダリラボ》や《ザオボー》などでしたが、このカードのおかげでそのハードルはかなり下がりそうです。

これらのカードの影響で、既存のデッキで目立った強化を受けたのは、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV》。

やはり、相手のベンチを呼ぶ《ボスの指名》の登場によりサイドプランを組み立てやすくなったことに加え、《大きなおまもり》などのポケモンのどうぐを剥がす《ツールスクラッパー》のおかげもあって、より攻撃的なデッキに仕上がりそうです。

また、これらのカードに加え、《スピード雷エネルギー》も採用することのできる《ピカチュウ&ゼクロムGX》がより強力になりそうです。

あむ選手の《ピカチュウ&ゼクロムGX》の解説記事はこちらになります。

ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【スピードピカゼク】

■新アーキタイプの登場について

今回のパックでは、VMAXのポケモンが強力なデザインになっている印象を受けました。

実際に使ってみて、環境に食い込みそうだと考えるのが、《ドラパルトVMAX》《ストリンダーVMAX》の2種類です。

超エネルギー2個+《ドラパルトVMAX》に進化するという比較的低いハードルでありながら、相手の場にダメカンを計18個乗せることができるワザ「ダイファントム」が強力です。

構築の自由度が高く、様々なギミックをデッキに組み込むことが可能です。

自分が投稿した《ドラパルトVMAX》のデッキも1つの例として挙げておきます。

ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【ドラパルトVMAX】

 

進化ポケモンを2体立てるという要求はあるものの、《ダストダス》でどくにしてからの《ストリンダーVMAX》のワザ「キョダイライオット」が強力。

雷タイプということもあり、エネルギー加速や《エレキパワー》などの恩恵を存分に受けられますね。

アリス選手の《ストリンダーVMAX》の解説記事はこちらになります。

ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ストリンダーVMAX】

■メタゲーム予想

先ほど紹介したように、既存のデッキとして強化された

・《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV
・《ピカチュウ&ゼクロムGX

に加え、新アーキタイプとして、

・《ドラパルトVMAX
・《ストリンダーVMAX

この4種類のデッキがメタゲームの中心になると予想します。

これを踏まえて、以前の環境から増加するデッキ、減少するデッキも予想していきます。

まず、増加するデッキについて。

TAG TEAMやVMAXポケモンが中心の環境であることは間違いありません。これを考慮すると、《ズガドーン》はこの環境に刺さっていると言えるでしょう。よって以前よりも増加しそうです。

つぎに減少するデッキについて。

ドラパルトVMAX》を加味すると、弱点である《ミュウツー&ミュウGX》は戦いにくくなりそうです。また、《リーリエのピッピ人形》を利用したLO系統のデッキも《ボスの指名》の登場により、ゲーム中にベンチポケモンを呼び出す回数の上限が増えたこともあり、以前ほど脅威ではなくなりそうです。

以上をまとめると、

・《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV
・《ピカチュウ&ゼクロムGX
・《ドラパルトVMAX
・《ストリンダーVMAX
・《ズガドーン

このあたりを仮想敵としたデッキ選択が求められます。

■あとがき

今回は、カードプールの変化からメタゲーム予想という流れで解説記事を書きましたが、
いかがだったでしょうか。

紹介しきれないぐらい強力なカードが多く、まだまだ考察の余地のある環境になりそうです。

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧