ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【ドラパルトVMAX】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

新拡張パック「反逆クラッシュ」が発売しましたね。強力なカードが多く、沢山のデッキが思いつくところですが、今回は《ドラパルトVMAX》を使ったデッキの紹介をしていきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ

■採用カード解説

《ドラパルトVMAX》

このデッキのメインアタッカー。2ターン目からワザ「ダイファントム」で相手の場にダメカンを蓄積させていくのが主な戦い方になります。

《アップリュー》

特性「アップルドロップ」は、相手のポケモン1匹にダメカンを2個のせる代わりに《アップリュー》とついているカードを全て山札に戻すという効果。
この特性を複数回使いながら、《ドラパルトVMAX》の補佐をする。

《タルップル》

カジッチュ》の進化する選択肢として、《アップリュー》とこの《タルップル》を採用することに。

特性「おいしいかおり」は、相手のたねポケモンを呼べる可能性があるため、《ボスの指令》を温存することにも繋がるので強力。

《カラマネロ》

ズガドーン》や《ゲンガー&ミミッキュGX》、《ドラパルトVMAX》の進化元である《ドラパルトV》を1ターンで起動するために採用。

《ズガドーン》

ドラパルトVMAX》が倒され、相手のサイドが3枚になったタイミングで、ワザ「デプスボム」でダメカンを12個ばら撒く動きが理想。このポケモンのワザを使う段階で、サイドを取り切るプランが固まるとベスト。

《ゲンガー&ミミッキュGX》

アタッカーが《ドラパルトVMAX》だけだと、どうしても与えられるダメージに限りがあるが、《ゲンガー&ミミッキュGX》を採用することで与えられるダメージの幅がかなり広がる。

ドラパルトVMAX》のワザ「ダイファントム」や《アップリュー》の特性「アップルドロップ」で相手の倒したいポケモンのHPを50の倍数になるようにダメカンをのせるのがポイント。

■デッキの動かし方

基本的には、

1ターン目に《ドラパルトV》に手張り。
2ターン目に《ドラパルトVMAX》に進化+手張り。

といったように2ターンかけて《ドラパルトVMAX》を準備し、それ以降は、ワザ「ダイファントム」を中心に攻めていく。

中盤は《アップリュー》の特性や《ズガドーン》のワザ「デプスボム」などで、足りないダメカンを乗せて相手に圧力をかけていく。

最後は、《タルップル》の特性で相手のたねポケモンを呼び出したり、《ゲンガー&ミミッキュGX》のGXワザ「ホラーハウスGX」からのワザ「ポルターガイスト」を決めていき、サイドを取り切る動きも強力。

■あとがき

いかがだったでしょうか。

今回は、《ドラパルトVMAX》を使ったデッキの紹介でした。
ダメカンの乗せ先やサイドプランなど、考える要素の多いデッキです。
是非使ってみてください!

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧