ポケモン │ 大会レポート │ 凱【Vスタートデッキはじめて改造バトル】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

今回の記事は、12月4日に行われた「Vスタートデッキはじめて改造バトル」のレポートとなります。

本番の様子をなるべく詳しくお届けできたらなと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■ルール

①「シャイニースターV」を5パック開封。
②開封したパックから使いたいカードを選ぶ。
③選んだカードに合った「Vスタートデッキ」を選ぶ。
④デッキを改造。

※12月5日から始まったイベントは「シャイニースターV」を2パック開封して行う。

■事前考察

手に取って練習をするといったことはできなかったため、事前にカードリストを眺めて考察を進めました。

「シャイニースターV」に収録されているカード、計9色の「Vスタートデッキ」のカードリストを見ていたところ、圧倒的に目の引くカードは《ザシアンV》。

パックから引いたらほぼ間違いなく全員が採用するカード。

序盤に場に置くことさえできれば、「ふとうのつるぎ」で自分のリソースを確保し続けられる他、ほとんどのポケモンVを一撃で沈めることができるため、強力だと言えます。

パックの引き次第にはなりますが、鋼、炎、雷、超、無あたりをどのように組もうかなと考えていました。

■パック開封結果

10枚×5パックを開封したので、計50枚のカードと「Vスタートデッキ」を1つ選んで改造していきます。

ザシアンV》や《ザマゼンタV》、加えて《メタルソーサー》を2枚引くことができたので、「Vスタートデッキ鋼」を選ぶことにしました。

■構築


元々「Vスタートデッキ鋼」に入っているカードのうち、進化ラインが細いポケモン、攻撃力の低いポケモンを抜いて、汎用トレーナーズやスタートして強めなポケモンを中心に固めることにしました。

エネルギーの手張りを欠かさず行うことがこのゲームでは特に重要になってくるので、元々の20枚からは触っていません。

こうして出来たデッキがこちら

■対戦レポート

1戦目 藤井猛さん(Vスタートデッキ水)

詳しいゲーム展開はYoutubeにて。

序盤から《ダイオウドウ》で攻撃することに成功。

ザシアンV》がサイド落ちしていたこともあり、《ポケモンごっこ》は攻撃のテンポを取れるカードを優先して選択することに。

終盤《ホエルオーV》にサイドを取り切られる恐れがあったが、HP80の《クチート》に《タフネスマント》を付けることでコイン2/3表を要求。

アタッカーの準備も間に合い、そのまま勝利。

 2戦目 河西健吾さん(Vスタートデッキ鋼)

 

詳しいゲーム展開はYoutubeにて。

お互い「Vスタートデッキ鋼」をベースにしたデッキであり、似たようなアタッカーを育て合う展開。

こちらは《スーパーボール》で運良く当たったということもありますが、育ち切ってしまえば有利なトレードをしやすい《ジュラルドンV》に優先してエネルギーを集めることに。

攻めるタイミングが難しかったですが、《ジュラルドンV》にエネルギーが満足に集まったタイミングで《タフネスマント》をつけた《ザシアンV》でサイドを先制しました。

返しのターンで倒されなかったので、そこからは《ジュラルドンV》を中心に攻めていき、勝利。

3戦目 本郷奏多さん(Vスタートデッキ炎)

 

詳しいゲーム展開はYoutubeにて。

弱点ということもあり、慎重に立ち回る必要のあるマッチでした。

特に《エンテイ》の「まきかえす」は《ザシアンV》や《ザマゼンタV》を1撃で倒すことが可能だったので、なるべく相手にとって楽なトレードをさせずに《エンテイ》の頭数を減らしていくことが求められるゲームでした。

エンテイ》の「まきかえす」はポケモンがきぜつしたターンの返しにのみ有効なため、向こうから攻めるにはやや要求が高く、こちら側がポケモンを育てるには十分なターンを確保することが出来ました。

タフネスマント》をつけた《ザシアンV》と120×2=240を耐えられる《ジュラルドンV》にエネルギーを集めながら、数ターン待つことに。

アタッカーを一通りそろえた上で、《ダイオウドウ》の「ディグドレイン」を使用し、相手の《ミブリム》を倒し、そこから場持ちの良い《ジュラルドンV》や《ザシアンV》で攻めていき、勝利。

■おわりに

パックの引きに恵まれたところはありますが、「Vスタートデッキはじめて改造バトル」で優勝できたことは素直に嬉しく思います。

普段なかなか会えないような人たちと1日ポケカを通じて交流できたことは貴重な経験でした。

今後も頑張っていきますので、よろしくお願いします!

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧