ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【《アーゴヨン&アクジキングGX》】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

今回は、《アーゴヨン&アクジキングGX》のワンショット系のデッキ紹介していきたいと思います。相手がTAG TEAM GXのポケモンを採用している場合に強力なサイドプランでゲームを有利に進められる面白いデッキです。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ

■キーカード解説

アーゴヨン&アクジキングGX

このデッキのメインアタッカーで、基本的にはワザ「ジェットピアス」で相手のポケモンを倒していきます。自分の残りサイドが2枚になった段階でGXワザ「カオスオーダーGX」を使い、確実に残りのサイドを取り切る動きを目標にプレイします。

ムウマージ

特性「ふしぎなことづけ」による大量展開を狙いつつ、相手にサイドを取らせる特性なので、《ビーストリング》発動圏内まで持っていくのがこのカードの主な役割となっています。

ビーストリング

アーゴヨン&アクジキングGX》へのエネルギー加速手段。
相手の残りサイド3,4枚の時にしか使えないというデメリットを《ムウマージ》を使うことで解消していく。

ビーストブリンガー

相手にポケモンGXが採用されている場合、このカードがゲーム中キーになってくる。
TAG TEAM GX相手にはサイドを一気に4枚取れるようになったりするので、一気に勝ちに近づく。詳しくはデッキの動かし方で解説していきます。

■デッキの動かし方

基本的には、早い段階から《アーゴヨン&アクジキングGX》で攻めていくのを目標にゲームを進めます。

アーゴヨン&アクジキングGX》が技を使うために《ビーストリング》を起動するのがもっとも手っ取り速い方法で、その条件を整えるために、《ムウマージ》が採用されています。

 

ビーストリング》を使うために、序盤から《やみのいし》や《ミステリートレジャー》で《ムウマージ》を2体きぜつさせて相手のサイドを4枚にすることを目指し、ドローを進めていきます。

ムウマージ》と組み合わせることで相性のいいことが1つあります。それは相手に取らせるサイドの数についてです。

ムウマージ》でサイドを2枚取らせるので、相手の残りサイドは4枚。つまり、こちらの《アーゴヨン&アクジキングGX》を最大で2体分相手させることが出来ます。

なので、序盤の《ビーストリング》で盤面を整える際、《アーゴヨン&アクジキングGX》は2体育てることを最終的な目標とすることも忘れずにいてください。

また、《ムウマージ》で相手にサイドを取らせてしまった分、《リセットスタンプ》を使って相手の手札を減らし、動きづらくすることも大切ですね。

アーゴヨン&アクジキングGX》の攻撃する準備が整ったら、次はどうやってサイドを取っていくか。このデッキがサイドを取るとき、他のデッキにはない強みとして、

・《ビーストブリンガー》の存在。
・GX技カオスオーダーGXの存在。

の2種類があります。

ビーストブリンガー》の存在。

ウルトラビーストが技を使うとき、そのダメージで相手のポケモンGXを倒した場合、こちらの取れるサイドが1増えるという効果を持つ。
ビーストブリンガー》を《アーゴヨン&アクジキングGX》に付けて、相手のTAGTEAMポケモンを倒すと、サイドを一気に4枚取ることが出来ます。

GXワザ「カオスオーダーGX」の存在。

アーゴヨン&アクジキングGX》の「カオスオーダーGX」で相手の場のポケモンに関わらず、サイドを2枚取ることが出来ます。《ビーストブリンガー》でサイドを大量にとった後、一気にこの技でゲームを決めることも可能になります。

TAGTEAMの採用されていないデッキに対しても、《ジャイアントボム》や《ポケモンキャッチャー》を駆使して自分の残りのサイドを2枚にすることを目標に立ち回っていきます。

■入れ替え候補カード

ズガドーン(デプスボム)

 

相手があまり攻めてこないタイプのデッキだったり、こちらの《ポケモンキャッチャー》が上手く決まらなかったときの保険として採用するのも1つです。

ダメカンを最大12個好きなようにばら撒くという効果はやはり強力です。特に今勢いのあるデッキタイプである、LO(相手の山札切れを狙うデッキ)への回答としても採用してみても良いかもしれません。

リーリエのピッピ人形》などを無視して相手のキーとなるポケモンにだけダメカンを乗せていけば、《ポケモンキャッチャー》などに頼らなくても勝つことが出来ます。

グズマ&ハラ

特殊エネルギーである、《ビーストエネルギー◇》やポケモンのどうぐでキーとなる《ビーストブリンガー》、《ジャイアントボム》などを《タッグコール》を経由してピンポイントでサーチできる。これらのカードを引きこめず、苦労するシーンが目立つ場合、採用を検討したい。

混沌のうねり

このデッキにはスタジアムが採用されておらず、相手の《無人発電所》や《巨大なカマド》、《サンダーマウンテン◇》などが野放しになってしまいます。

なので、これらのスタジアムに対して不安な場合は採用を検討してみても良いかもしれません。

■あとがき

今回は《アーゴヨン&アクジキングGX》をメインとしたデッキの紹介でしたが、いかがだったでしょうか。

Vポケモンが環境の中心になってしまうとやや使いづらくなってしまいそうですが、まだまだTAG TEAM GXのポケモンが猛威を奮っている環境だと思うので、1度使ってみてほしいです。

それではまた!

 

関連記事一覧