ポケモン │ 解説記事 │ 凱【POG環境メタゲーム考察】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。

今回は、8月22日、23日に行われるPOGの環境およびメタゲーム考察をしていきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■POGとは

「Pokemon TCG Online Global Championships 2020」の略。

WCS2020が中止になったため、世界中のイベントオーガナイザーの有志によって行われる賞金ありの大会。

PTCGOを使って行います。

詳しくは、こちらのnoteにて

ポケモンカード世界大会 Atlas Collectables Pokemon TCG Online Global Championships 2020 のご案内|やるとむ|note

やるとむ(@Jaltoom_PTCGO )と申します Atlas Collectables Pokemon TCG Online Global Championships 2020(POG2020)とは、COVID19の影響によりキャンセルになってしまったPokemon World Championships(WCS)を Pokemon TCG …

■カードプール

日本でいうところの「ムゲンゾーン」までの環境にあたります。

Bレギュの一部再録カードと500円スタートデッキの一部のカードが使えるのが日本との違いでしょうか。

影響を与えそうなカードを挙げると、

・《ムゲンダイナVMAX》に入る《スーパーポケモン回収
・コントロール系のデッキに入る《ルザミーネ
・《ミュウツー&ミュウGX》に入る《ソルガレオGX
・《ガラルヤドランV

この辺りになります。

■環境

先日行われたPJNOの環境がヒントになりそうです。

リンクを載せておきます。

PTCGOのVersus機能やPTCGOで行われている自主大会の傾向からPJNOからのメタの動きを考察していきます。

PJNOの結果の影響は少なからずあり、《クワガノンV》、LO系統を意識したデッキおよび構築が目立ちます。具体的なところだと、《とりつかい》、《マオ&スイレン》など、サポートによるいれかえ手段の増加です。

クワガノンV》のグッズロックや《まどろみの森》×《メリープ》に対して、いれかえ手段の総数を増やして対抗する意思を感じます。

全体的なメタの動きとしては、《アルセウス&ディアルガ&パルキア》+《ザシアンV》、《ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV》の数がPJNOの時と比べて増加傾向です。

デデンネGX》や《クロバットV》を採用したデッキがほとんどであり、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「オルタージェネシスGX」から3-3のサイドプランを押し付けやすい点やVMAXポケモンに対して有効な《ザマゼンタV》の存在が増加要因かと思われます。

また、《ムゲンダイナVMAX》の数が読めないところもありますが、依然としてTier上位のデッキではあるでしょう。

■Tier予想

前項までの考察を踏まえてのPOG当日のTier予想がこちらになります。

Tier1

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV
ムゲンダイナVMAX
クワガノンV

 Tier2

マルヤクデVMAX
ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV
ザシアンV》+《ジラーチ◇
ズガドーン

LO、ロック系統

マグカルゴ》LO
チラチーノ》LO
ジュナイパー

■おわりに

以上POGのメタゲーム考察でした!

この自粛期間は、PTCGOのオンライン大会のおかげでモチベーション維持が出来ているとつくづく感じます。

今回のPOGも楽しんでいきたいですね!

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧