ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【《ゴリランダー》+《モクロー&アローラナッシーGX》】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です!

今回は最新弾で登場した《ゴリランダー》と相性の良い《モクロー&アローラナッシーGX》を組み合わせたデッキの解説をしていきたいと思います。

 

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■構築経緯

新環境では、各地の自主大会やシティリーグなどでは《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV》を組み合わせたデッキの活躍が目立っています。

 

どちらのポケモンも殴り始めるのに3枚エネルギーを必要とするため、相手の場の準備が出来た後にエネルギーを全て剥がせたら時間を稼げるのではないか?というところから《モクロー&アローラナッシーGX》のGX技「トロピカルアワーGX」に着目しつつ、《モクロー&アローラナッシーGX》と相性の良い《ゴリランダー》を組みわせたデッキを組もうと思いました。

■デッキレシピと解説

序盤に《モクロー&アローラナッシーGX》の「スーパーグロウ」を使い、場に《ゴリランダー》を展開していきます。《ゴリランダー》が出来上がると一気に山札の草エネルギーを自分のポケモンに付けることが出来るので、《ダダリンV》や《ウッウV》などのアタッカーで攻めていきます。

もちろん、序盤に使った《モクロー&アローラナッシーGX》で攻めても良いです。《モクロー&アローラナッシーGX》の「トロピカルアワーGX」を使うタイミングでサポート《マリィ》を使って相手の動きを妨害するのも1つの作戦になってきます。

また、これはおまけ程度なのですが《ゴリランダー》の特性のおかげもあり、後半になればなるほど山札から《ゴリランダー》の進化ラインやエネルギーがデッキの中から無くなっていくので、《カスタムキャッチャー》など重要なパーツを引き込みやすくなります。

■採用カード解説

モクロー&アローラナッシーGX


このデッキの中心になるカード。序盤の展開からGX技で相手の盤面の妨害まで行うことができる。「やすらぎハリケーン」と《マオ&スイレン》を合わせて自身のHPもしっかりと回復していきたい。

ゴリランダー


実際に使ってみるとわかる通り、山札からどんどんエネルギーが無くなっていきます。
また、《ゴリランダー》1体で《ウッウV》など3エネルギー起動のアタッカーをすぐに用意できるので、相手の意表を突くには十分な性能をもっています。

ウッウV


初手が優れない場合には技「くちばしキャッチ」を使うのも1つ。技「スピットシュート」は相手の《デデンネGX》や倒し損ねたポケモンがベンチに逃げても追いかけられる優秀な技で、《ゴリランダー》の特性のおかげで毎ターン使うことも可能。エネルギーが枯渇しないように注意したい。

ネットボール


草タイプのデッキの強さの源。序盤から《サルノリ》や《モクロー&アローラナッシーGX》を用意したいのはもちろんのこと、草エネルギーも持ってこれるため、ゲーム中常に仕事をするカード。

タッグコール


逃げるエネルギーが多いポケモンでスタートしても、《モクロー&アローラナッシーGX》と《マオ&スイレン》を持ってくることで初手から《モクロー&アローラナッシーGX》の技「スーパーグロウ」に繋げやすい。

■入れ替え候補カード

ミュウツー&ミュウGX


モクロー&アローラナッシーGX》と弱点を分散できるのと、使える技の選択肢が広がるので、《ゴリランダー》のエネルギー加速が更に強力になるかもしれない。

すごいきずぐすり


ゴリランダー》の存在もあり、技のエネルギーに困るシーンは少ないので、入れてみても面白いかもしれない。《マオ&スイレン》と同等の回復量がありながらも、サポートを使ったターンにも使える点はかなり高評価。

混沌のうねり


相手の《戒めの祠》をはじめとするスタジアムに対して《モクロー&アローラナッシーGX》の耐久を活かしやすくなる。

ライフフォレスト♢


草タイプがメインのデッキなので、入れてみても面白いかもしれない。《モクロー&アローラナッシーGX》の場合、「トロピカルアワー」、《マオ&スイレン》を合わせると最大で210ダメージも回復することができる。

ウィークガードエネルギー


相手の炎タイプのポケモンが気になる場合、採用を検討しても良いかもしれない。

■終わりに

新パックで登場した《ゴリランダー》を使ったデッキの紹介でしたが、いかがだったでしょうか。

草タイプは回復系のカードが豊富なのもあって、デッキコンセプトをがっつりと耐久に寄せてみるのも面白いかもしれません。この記事に挙げた構築が最適だとは限らないですし、環境によって最適な構築は移り変わるものだと思っています。

自分でカスタムしていくのもカードゲームの醍醐味ですね!
それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧