ポケモン │ 攻略記事 │ 凱【新スタンダード環境考察】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です!
今回は、新レギュレーションの考察ということでやっていこうと思います。
ガラっと環境が変わりますが、ルール変更とポケモンVの登場、それに伴い環境入りしそうなデッキへの雑感を主に書いていきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■先行時サポートの禁止

大きな変更点の1つとして先行時にサポートのカードが使えなくなることが挙げられます。これまでの先攻有利だった環境とは一変し、デッキによっては先行の方がいいのか、後攻の方がいいのか、今一度考え直す必要がありそうです。

個人的な解釈にはなりますが、ゲームのテンポも旧環境と比べるとややゆっくりとしたものに変わり、以前よりも先攻を取っても後攻を取っても勝敗への影響は少なくなったように感じます。また、先行を取った場合にはサポートは使うことのできないカードになるので、デッキの中のサポートの枚数配分や、サポート以外でカードを引く手段も再評価する必要があります。

■ポケモンVの登場

今までのポケモンGXから変わってポケモンVが登場しました。

実際に遊んでみるとわかるのですが、ポケモンVのメリットとして、

・ポケモンGXと比べるとベンチから呼ばれづらい。
・《無人発電所》や《戒めの祠》などの効果を一切受けない。

などがあります。また、既存のポケモンGXよりもHPや打点が上がっているので、今後はポケモンVが環境の中心になっていくことが予想できます。

■ベンチポケモンを呼ぶ手段について

トレーナーズだと《カスタムキャッチャー》、《グレートキャッチャー》、《ポケモンキャッチャー》の3種類が挙げられるのですが、それぞれのメリットデメリットを考えながら採用していく必要があります。

カスタムキャッチャー


メリット

・どんなポケモンでも呼べる。
・1枚で使った場合に山札からカードを引ける。

デメリット

・2枚で1回使う効果なので、手札に揃えるハードルがある。

グレートキャッチャー


メリット

・GXポケモンなら確実に呼べる。

デメリット

・Vポケモンや非GXのポケモンは呼べない。
・(他のキャッチャーと比べて手札を消費する点)

ポケモンキャッチャー


メリット

・どんなポケモンも呼べる。
・《カスタムキャッチャー》のように2枚揃える必要がない。

デメリット

・コインの結果に左右される。

ざっとそれぞれの違いを挙げてみました。

さらにこれらのカードと相性のいいドローソースやサポートを選択してデッキ構築を進めていく必要があります。


ブルーの探索》は特性を持ったポケモンの採用が構築の段階で制限されるデメリットはあるものの、《カスタムキャッチャー》、《グレートキャッチャー》を確実にサーチできます。

1枚で使う《ポケモンキャッチャー》、《グレートキャッチャー》をデッキから探しにいく際には《博士の研究》や《デデンネGX》と相性が良く、反面《カスタムキャッチャー》は、1枚で手札に残った時にトラッシュする場合があるので、《博士の研究》や《デデンネGX》とは相性が悪くなる場合があります。

代わりに《カスタムキャッチャー》を採用するデッキは手札を抱えながらカードを引くことのできる《マサキの解析》や《エリカのおもてなし》などと相性が良いです。

 

キャッチャー関連のカードはしばらくの間使われ続けるカードだと思うので、最適なサポートやドローソースを見つけたいところですね。

■環境デッキについて

先攻時、後攻時の立ち回りや新カードを含めたデッキパワーなどの観点から書いていきます。

ズガドーンGX》+《アーゴヨン

比較的低い要求で天井火力を叩き出せるのでTAG TEAM GXや今後増えていきそうなポケモンVMAXに対しても有利な殴り合いができそうです。

先行でも後攻もあまり動きのブレは出なさそうなデッキですが、《ズガドーンGX》の技「さくれつバーナー」、「バーストGX」はどちらも強力なので、後攻時は積極的に使っていきたい。

ミュウツー&ミュウGX


ダブル無色エネルギー》がレギュレーション落ちしたこともあり、エネルギー加速の手段は《溶接工》を軸としたデッキが主流になりそうです。ポケモンVの技は《ミュウツー&ミュウGX》の特性「パーフェクション」では使えないので、使える技は既存のカードで収まりそうです。

また、《プレシャスボール》や《クイックボール》を多めに採用するデッキになりそうなので、先行時からも《デデンネGX》からの盤面を整えることができ、それとは逆に後攻ではサポート《溶接工》から技を使うことも可能です。

ピカチュウ&ゼクロムGX


スピード感のある攻撃は新レギュレーションでも健在。
ピカチュウ&ゼクロムGX》の技「フルドライブ」のエネルギー加速先として、《カプ・コケコV》をはじめとする優秀なポケモンもいるので、注目していきたいです。
先攻からエネルギーを1枚手張りできるのが大きなメリットになりそうですね。

ウルトラネクロズマGX》+《カラマネロ

ズガドーンGX》と同じく、天井火力を叩き出せる。先行でサポートが使えない分、初手から《マーイーカ》が並びづらい点をどう克服するのか、そこが課題になってきそうです。盤面が出来上がった時の安定感は以前と変わらないので、新環境でも強力なデッキになりそうです。

レシラム&リザードンGX


カキ》がなくなったので、《溶接工》がメインのエネルギー加速手段となり、以前よりも細かいプレイングが要求されるデッキとなりました。技「フレアストライク」は通常のポケモンVを倒しやすい打点なので、今後も活躍が見込めそうです。また、《キュウコン》を採用すると特性で相手のベンチポケモンを呼べる点も炎エネルギーを採用するデッキの強みなので活かしていきたいところです。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV

 

元々強力だった《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》と今回の新弾の《ザシアンV》を組み合わせたデッキ。《メタルソーサー》と《エネルギーつけかえ》の組み合わせで早い段階から「オルタージェネシスGX」を決められます。《ザシアンV》の特性のおかげもあり、先行から安定感のある動きを実現しやすくなっています。また、「オルタージェネシスGX」後の《ザシアンV》の火力が260あり、少し工夫すればTAG TEAM GXのポケモンも一撃で倒せる点も強力です。

■終わりに

先行時にサポートが使えなくなるルールの追加や、ポケモンVの登場により、新しいデッキ構築やプレイングの幅が広がることは間違いありません。

そういった変化も楽しんでいきたいですね。
それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧