ポケモン │ 攻略記事 │ 凱【スタンダードオススメデッキ紹介】

こんにちは、凱(@yamayoshi1026)です。
いよいよシティリーグシーズン1も大詰めとなってきました。

今回の記事は、現在の環境の考察をもとに、もし残りのシティリーグに自分が出るとしたら?という想定でデッキを紹介していきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■シティリーグの環境考察

10月のシティリーグ以降、環境は《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》が中心になっています。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の相方にも変化が見られ、以前は《ケルディオGX》が多かったのですが、《シルヴァディGX》や《ラフレシア》、《ミカルゲ》と組ませたものが目立つようになっています。

また、依然として《オーロット&ヨノワールGX》や《レシラム&リザードンGX》、《ピカチュウ&ゼクロムGX》、《ミュウツー&ミュウGX》も一定数見られ、他にも《ゾロアークGX》系統、《ズガドーンGX》+《アーゴヨン》等のデッキとも対戦する可能性があります。

さて、それでは次に自分が残りのシティリーグシーズン1にもし出られるとして、使うならこれだ!というデッキを2つ紹介していこうと思います。

■デッキレシピ : 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ラフレシア

選択理由

対面するデッキによって、

プラン1:《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》、《ラフレシアGX》を中心に殴り勝つ。
プラン2:《ラフレシア》で詰ませる。

この2つのプランで環境にいるほとんどのアーキタイプに対して有利に立ち回ることができます。

先攻時や非GXや進化ポケモンをメインに運用するデッキに対してはプラン1で、たねポケモンのアタッカーが中心のデッキに対してはプラン2で戦うことがほとんどで、ゲームの目標が定めやすいところが評価の高いポイントの1つです。

キーカード解説


この1枚でゲームが完結してしまうことも。
ラフレシア》の欠点をほとんど埋めることができる。
このデッキのメインの勝ち筋である、たねポケモンに対して詰ませるプランを可能にするカード。
序盤から《ナゾノクサ》を複数体置きながら《ブルーの探索》や自分のポケモンが倒されたタイミングで《メイ》を使って《ラフレシア》を複数体用意できる展開が理想的。


火力が元々180あり、オルタージェネシスGXを合わせて210ダメージを与えられるのが大きい。
ラフレシア》が相手しづらいポケモンとして、《ゾロアークGX》や《シルヴァディGX》などが挙げられるが、同じ《ナゾノクサ》から進化するポケモンでありながら、これらのポケモンに対して強く出られるので、補完が取れている。


エネルギースピナー》や《ハイパーボール》、《ネストボール》のおかげもあり、デッキに入っているほぼ全てのカードに触れられる。
主に《ラフレシア》で詰ませたい時に重宝するカード。
ラフレシア》を複数体立てる必要のあるゲームで、事前に《ブルーの探索》等で手札にあると安心できるカード。

■デッキレシピ : 《ウルトラネクロズマGX》+《カラマネロ

選択理由

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》が増加傾向にあるので、それらのデッキに対しては《ラティオスGX》の「クリアビジョンGX」を使えると、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の強みが薄れ、有利な立ち回りが出来ます。

それ以外のデッキに対しても大きく不利を取ることが少なく、勝ち筋を最後まで追いかけられるところがやはり高評価です。

また、アタッカーの選択肢が他のデッキに比べて多いので、相手には見えていない部分まで警戒させられる強さもあります。

キーカード解説


序盤から積極的に置きたいので最大枚数。


メイ》→《ビーストリング》の動きがあるので、タッグチーム相手に対して打点が足りなくなることはほとんどなくなった。

ジラーチ》や《マーシャドー》をメインに展開するデッキも多く、めつぼうのひかりGXで勝ちを狙えるシーンも少なくない。


以前から「デプスボム」が強力だったが、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の相方の1種である《ミカルゲ》に対して複数取りを狙えたり、ベンチに下がった《ラフレシア》に対してもダメカンをばら撒けたりと用途がさらに広がった印象。


前述した通り、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》への対抗策でありながら、他の用途も多いカード。
メリットが主に2点あると考えていて、

・《アブソル》の採用も増えている中、《エスケープボード》と合わせて盤面に「逃げる0」のポケモンを作ったり、これにより《カラマネロ》の特性が使いやすくなる。
・タッグチーム相手に後れを取った場合に「タッグパージ」で負荷をかけながら戦う選択肢がある。

限られたシーンにはなるものの、GX技以外にも活躍できる場面は多くあります。


ホラーハウスGXを強く使えるタイミングがいくつかあり、

・序盤のエネルギーがついていない相手のGXやタッグチームのポケモンに対して奇襲する。
・詰めの盤面に《ウルトラネクロズマGX》を準備するターンを1ターン伸ばす。

など他のポケモンには出来ないような動きを可能にしてくれるカード。

■おわりに

Aレギュレーションが使えるのも残りわずかです。
新シリーズが始まるまでの間、楽しみ切りましょう!!
それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧