ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【ヨクバリスVMAX】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069)です。

今回はフュージョンアーツ収録の《ヨクバリスVMAX》のデッキを紹介したいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

■基本的な動き

ヨクバリスVMAX》はワザ「まるもうけ」によって相手のたねポケモンを倒すことでサイドを2枚多くとることができます。

そのため今回は序盤から「まるもうけ」でサイドレースを有利に進めやすくするため、《ヨクバリスV》をスタートしやすいよう最大枚数採用しました。

インテレオン(s5a)》軸のデッキに対して先攻2ターン目の「まるもうけ」は試合を決定づけるといっても過言ではありません。

現環境においては《インテレオン(s5a)》軸のデッキが多く見受けられるために立ち位置のいいデッキといえるのではないでしょうか。

また下のワザ「ダイゴウヨク」も”山札を3枚引く”追加効果を持ちながら160ダメージを出せるといった点で、《デデンネGX》や《クロバットV》をドローエンジンにしているデッキタイプに対してもサイドを取っていけるので、広い範囲のデッキと戦っていけると思います。

■採用カード

インテレオン(s5a)

メッソン》《ジメレオン》と合わせてデッキを安定させるパーツで、2ターン目の「まるもうけ」を達成するには最も柔軟に動けるため、適任であると思います。

中盤以降も《インテレオンs5a》になることで「ダイゴウヨク」の打点補助であったり、ベンチに《メッソン》や《メリープ》といった「クイックシューター」+「まるもうけ」で倒されてしまうシステムポケモンを相手がプレイすることを抑制できたりします。

スポンジグローブ

確実に《メッソン》をしとめることができるようになります。

ピンポイントでの対策になりますが、比較的採用率の高い《メッソン》を対象としているので入れておきたい一枚になります。

トイキャッチャー

ガラルジグザグマ》と合わせてHP60のたねポケモンをバトル場にむりやり引っ張ることができます。

2ターン目はエネルギーを引きにいかなければならないことも多く、《ボスの指令》を使う余裕がないことも多いため、《博士の研究》の後から「うらこうさく」で持ってくることのできる1枚として是非とも採用しておきたいです。

■おわりに

毎度のことになりますが、1つの参考の形として使っていただいて調整の元として考えていただければ幸いです。

デッキにおいて”この60枚が正しいというものはなく”、いろいろ試してみることが大切だと思います。その日の60枚が明日もそのまま強いとは限らないのもカードゲームの醍醐味になります。

流行ってるデッキに合わせて、入れてみるカードを試行錯誤していくと、ポケモンカードをより一層楽しんでプレイできるかなと思います。

このデッキであれば、《トリプル加速エネルギー》+《モミ》の形なんかも検討してみると面白いかもしれません。

ではまた。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧