ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【ハピナス】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069)です。

今回は最新弾「蒼空ストリーム」から「みんなでころがる」をもった《ハピナス》のデッキを紹介したいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

■基本的な動き

ハピナス》の特性「まんまるじょうず」の存在から、Vmaxポケモンを中心としたデッキタイプには比較的有利に戦っていくことができます。

そのため、進化前となるポケモンVと戦っていけるように今回は《ザシアンV》をサブアタッカーとして採用することでデッキの弱点を補う形としました。

ワザ「ブレイブキャリバー」で230ダメージを与えられることで相手のポケモンVに対しての回答とし、状況に応じて積極的に動かせるように《メタルソーサー》まで採用しています。

仮に重要度の低いマッチアップであっても、特性「ふとうのつるぎ」によって手札を集めてくる選択肢を取れるため、最低限の運用はできるかと思います。

■採用カード

隠密フード

主に《インテレオン》の特性「クイックシューター」から《ハピナス》を守るために採用しました。

このカードをつけた《ハピナス》で《インテレオン》を上手いことバトル場に誘い、それをブレイブキャリバーで倒していくといった流れを作ることで戦っていけるかと思います。

ビッグパラソル

特性「まんまるじょうず」はVMAX相手でもワザの効果は受けてしまうため、効果から守れるこのカードを採用しました。

VMAX以外のワザの効果からも守れるため、《こくばバドレックスV》の「アストラルビット」等からも守ることができます。

ポケモンセンターのお姉さん

ダメージの低いワザや状態異常によって、「まんまるじょうず」が想定外の動きで突破されないようにお守り的な意味合いで採用しました。

クロバットV》の「どくどくのキバ」や、《デデンネGX》の「ビリリターンGX」など、このカードで殴り合いを逆転させることができる場合が意外とあります。

■おわりに

毎度のことになりますが、1つの参考の形として使っていただいて調整の元として考えていただければ幸いです。

デッキにおいて”この60枚が正しいというものはなく”、いろいろ試してみることが大切だと思います。その日の60枚が明日もそのまま強いとは限らないのもカードゲームの醍醐味になります。

流行ってるデッキに合わせて、入れてみるカードを試行錯誤していくと、ポケモンカードをより一層楽しんでプレイできるかなと思います。

ではまた。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧