ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【パンプジン】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069)です。

今回は最新弾「摩天パーフェクト」から《パンプジン》のデッキを紹介したいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

■基本的な動き

パンプジン》はワザ「ひゃっきやこう」の仕組み上、山札を超ポケモンがたくさんいる状態にする必要があります。今回は山札を引き進めつつ殴っていけるバランス型で作成しました。

打点推移のイメージとしては、最初の2回でVMAXを倒して、最後にVMAXを1撃でもっていくといったイメージになります。

序盤は120~180程度のダメージが出せれば大丈夫なので、特段何もせずとも達成できます。

ヤレユータン》の「さるぢえ」で山札の上のカードを超ポケモンにすることで60ダメージの保証をつけることもできるため、余裕があれば活用したいです。

ポケモンが多く入っていることから《ポケモン通信》を最大枚数採用してもストレスなく使用できる点もポイントです。

クイックボール》+《ポケモン通信》+《霧の水晶》の枚数から考えて《バケッチャ》14枚体制で構える安定感は非常に信頼のおけるところになります。

■採用カード

ミュウツー

ミュウツー》の特性「マインドリポート」によってサポートを山札の上に置けることで、デッキの中盤の安定感を担っています。

サポートが止まってしまっていても「ひゃっきやこう」からサポートがトラッシュされてこのカードにつながるといったこともあり、割と必須なカードだと考えています。

オドリドリGX

非Vがメインアタッカーのデッキであるので、「たむけのまい」の発動機会は多くあり手札を整えてくれるのに非常に役に立ちます。

このデッキであれば山札にいることで2枚目以降も役割を果たしていますし、4枚採用してもいいかもしれません。

ソーナノ

超タイプのたねポケモンで逃げる0であるため、スタートしても問題ないカードをできるだけ増やしたかったという理由で採用しました。

「クイックシューター」の《インテレオン》に倒されることが気になる場合は同じ逃げる0で《ミュウV》もあるので、好みに応じて差し替えてみましょう。

■おわりに

毎度のことになりますが、1つの参考の形として使っていただいて調整の元として考えていただければ幸いです。

デッキにおいて”この60枚が正しいというものはなく”、いろいろ試してみることが大切だと思います。その日の60枚が明日もそのまま強いとは限らないのもカードゲームの醍醐味になります。

流行ってるデッキに合わせて、入れてみるカードを試行錯誤していくと、ポケモンカードをより一層楽しんでプレイできるかなと思います。

このデッキであれば他の超ポケモンや、そのサポートとなるようなポケモンをいろいろ試してみたくなります。

ではまた。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧