ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【れんげきウーラオスVMAX】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069)です。

今回は拡張パック連撃マスターから《れんげきウーラオスVMAX》を使ったデッキを紹介したいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ

■基本的な動き

この《れんげきウーラオスVMAX》デッキは1エネルギーで150ダメージを与える「しっぷうづき」と、3エネルギーで120×2ダメージの「キョダイレンゲキ」でうまくサイドを取りきって勝ち切るデッキです。

三神ザシアンやムゲンダイナのような1撃でポケモンを倒していく形とは異なり、「キョダイレンゲキ」圏内のポケモンを複数作り、最後にサイドを回収するといった形になります。

HPも330あり、《ストーン闘エネルギー》の恩恵もあって耐久値にもかなりの信頼がおけます。

序盤は《みずの塔》と《ポケモンいれかえ》、《ふうせん》を上手く使って150ダメージを与えていきましょう。

エネルギーのついているポケモンに150与えていけば大きく間違うことはありません。

中盤以降《オクタン》を盤面にたてることができれば、そこから《れんげきエネルギー》を持ってくることで「キョダイレンゲキ」を撃っていけるようになります。

■採用カード解説

オクタン

れんげきのカードを毎ターン1枚持ってくることのできる、優秀な特性を持ったポケモン。

各れんげきのポケモンを持ってくることができるのは当然として、《コルニの気合い》や《マスタードれんげきの型》といったサポート、《れんげきエネルギー》、《みずの塔》のスタジアムまで持ってくることができるので、状況に応じて足りないパーツを補充していくことができます。

なるべく早い段階で育てて場に立てたいポケモンです。

エンペルトV

れんげきエネルギー》+1エネルギーでワザを使っていくことのできるポケモン。

先行だと2ターン目から130で攻撃していくことができ、なおかつエネルギーを後ろにキープしていくことができます。

ドラパルトVMAX》戦等では《れんげきウーラオスVMAX》が弱点をつかれてしまうマッチアップになるので、序盤はこのカードで積極的に戦っていくとよいでしょう。

その他にも、ルールを持たないポケモンがデッキの中核を担っているようなデッキに対してはこのカードで積極的に戦っていきたいですね。

例えば《ガラルバリコオル》のボールジャグリングデッキを相手にするときは、《ワンパチ》を止めることのできるこのカードが有効に働きます。

モミ

れんげきウーラオスVMAX》の「キョダイレンゲキ」は使った後にエネルギーがすべてトラッシュされるため、この《モミ》と非常に相性がいいです。

展開に関与できるカードではないので枚数は最低限に抑えて、ひけたタイミングでゲームプランに組み込むという形でいいかと思いました。

れんげきウーラオスVMAX》を筆頭にダメージを刻むデッキタイプに対して役に立つカードなので、このデッキに限らず今後いろいろなデッキに採用されるカードになりそうです。

■終わりに

毎度のことになりますが、1つの参考の形として使っていただいて調整の元として考えていただければ幸いです。

デッキにおいて”この60枚が正しいというものはなく”、いろいろ試してみることが大切だと思います。その日の60枚が明日もそのまま強いとは限らないのもカードゲームの醍醐味になります。

流行ってるデッキに合わせて、入れてみるカードを試行錯誤していくと、ポケモンカードをより一層楽しんでプレイできるかなと思います。

まだまだ日本の情勢はわからないですが、Eマークも楽しんでいきましょう!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧