ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【Vスタートデッキ改造 -後編-】

こんにちは、とーしん(@Strike1105)です。

今回は「Vスタートデッキ無色」を予算を決めて、低予算で改造していきたいと思います。

予算設定は2000円と5000円の2パターンに分けて、前編後編に分けて紹介していこうと思います。

前回記事で前編となる2000円改造を紹介いたしましたので、今回は後編の5000円改造になります。

前編がまだの方は先に前編に目を通してから読んでいただくと理解が深まるかと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

 

■デッキ改造の方向性

正直な話、前編の段階でかなりクオリティ高めな《ガルーラ》+《チルタリス》のデッキが出来上がりました。

なので、増えた3000円の予算をどこに回してデッキを強化していくか?ということが今回のテーマになります。

少し変わった視点での記事となりますが、読者の皆様のご容赦をいただけると幸いです。では始めましょう。

■《ガルーラ》+《チルタリス》の完成を目指す

前回作った《ガルーラ》+《チルタリス》がこちらになります。

デッキの方針として、サイドを6枚とりきられる前に《チルタリス》の特性「きせきのまもり」で詰みの盤面を目指す、ということを目標とします。

おおかたのVMAXデッキやGXデッキは《チルタリス》に対してダメージを与えることができないため、詰みの盤面を目指すことはそこまで難しくないでしょう。

最大の障壁となるであろうデッキは《ズガドーン(ひのたまサーカス)》です。

ガルーラ》の「かたきうち」が120ダメージであるため、なんとかトレードを仕掛けることができますが、こちらの《ツインエネルギー》や《ガルーラ》の枚数に限界があるため、先に息切れしてしまいます。

そこで、この問題を解決するために《カプ・レヒレ》を採用しましょう。

そうすることでサイドトレードの際に《ツインエネルギー》が必要なくなるため、相手に《溶接工》の息切れを起こさせることができるようになります。

残りはデッキを安定させるために、《クイックボール》に予算を使いたいと思います。

もともと低予算でかなり強力な仕上がりになっているので、デッキの安定度を高めることに予算を回せますね。

また、《クイックボール》は他のデッキを作るときにも使える汎用的なカードなので、買ってしまって損はないでしょう。

そうして完成したデッキが以下になります。

 

以上で

ガルーラ》4枚
パワフル無色エネルギー》4枚
キャプチャーエネルギー》4枚
クイックボール》4枚
カプ・レヒレ》2枚 

と「Vスタートデッキ無色」で4040円と予算内に収めることができました!

■おわりに

予算が若干余り気味になってしまいましたが、メタゲーム上位のデッキと戦っていけるデッキを完成させることができました。

このデッキはアレンジを加えていくことで、流行りのデッキにも対応していけるシンプルさを持っているので今のうちに作っておくのがいいかもしれません。

ではまた。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧