ポケモン │ 大会レポート │ とーしん【ヨーロッパ交流戦】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069)です。

今回は先日開催された「ヨーロッパ交流戦」のレポートを書きたいと思います。

No Title

【Friendly Match 7on7】日本時間 2020/8/2(SUN)15:00-日本vsヨーロッパで7人チームの交流戦やります!!デッキ事前見せ合いのBO3超豪華メンバーです、お見逃しなく配信URL:https://t.co/edRLC1Pivi#FriendlyMatch7on7 pic.twitter.com/PiWeedu6pY

 -交流戦告知ツイートより引用-

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■交流戦のルール

交流戦のルールは、

①事前にデッキを提出し、お互いにリスト公開の上で戦う
②7VS7で1試合ごとに選手を決めて戦っていく、4勝した方の勝利

というものでした。

日本の方針としては先に数人がデッキを決め、その穴を埋めるように残りのプレイヤーがデッキ選択をするといった形にしました。

結果、デッキタイプや相性補完の側面から自分が「マグカルゴLO」を使うことになります。

■使用デッキ : マグカルゴLO

今回のデッキリストは以下になります。

対戦当日、作戦会議の結果自分は次鋒として対戦することに。

対戦相手は《ザシアンV》を中心としてサイドを追加で獲得できるギミックを持った「コンボザシアン」になりました。

対戦相手のデッキリストは以下の通りです。

若干不利なマッチアップですが、《ジュジュべ&ハチクマン》によって

・サイド獲得のコンボパーツ
・《ボスの指令
・《ポケモンいれかえ

のいずれかの枚数を複数削ることができれば、それに対応してプレイしていくことで勝機を見出せそうです。

Bo3(2本先取)の対戦であるため、3ゲームの中でうまく2ゲーム拾うことができるかのたたかいになります。

■Game1 WIN

対戦相手の先行でスタート。

ザシアンV》の「ふとうのつるぎ」でエネルギーがついてしまうと、先行2ターン目に《ボスの指令》の権利が生まれてしまうので厳しいところでしたが、エネルギーが付かず。

対戦相手が先行2ターン目に使用した《デデンネGX》の「デデチェンジ」で《バリヤード(smP2)》が2枚トラッシュに落ちました。

この時点で《ジラーチ◇》のコンボは成立せず、純粋にサイドに埋まっているパターン以外考慮しなくてよくなりました

返しの番の《ジュジュべ&ハチクマン》で《ジラーチ◇》がヒットし、ロストゾーンに。コンボ要素のない通常の《ザシアンV》のデッキの動きになったため、かなり優勢になりました。

リーリエのピッピ人形》をバトル場にしながら、《ジュジュべ&ハチクマン》を使っていく基本的な動きの押し付けで勝利。

■Game2 WIN

対戦相手の先行でスタート。

相手が先行一ターン目に《ザシアンV》を出すことができず、芳しくない立ち上がり。

序盤の遅れによってこちらが1回多く《ジュジュべ&ハチクマン》を使える機会を得ることができます。

2ターン目から《ジュジュべ&ハチクマン》を使っていくと3ターン目に《ジラーチ◇》がトラッシュされロストゾーンに。

Game1同様サイドを追加でとられることがなくなったため、《リーリエのピッピ人形》をバトル場にしながら、《ジュジュべ&ハチクマン》を使っていく基本的な動きの押し付けで勝利しました。

相手の立ち上がりがよくなかったこともあって、場を整えるために相手が山札を多めに引いていたこともあり、2試合目はかなり余裕をもって勝利することができました。

■おわりに

なかなかポケモンカードを外に出てやりにくいこのご時世ですが、このご時世ならではのイベントもたくさん開催されています。

気楽に観戦することのできるイベントも多いので、観戦してみるのも一つ手だと思います。ではまた。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧