ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【マホイップVMAX】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069)です。

今回は「伝説の鼓動」から《マホイップVMAX》を使ったデッキを紹介したいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : マホイップVMAX

■基本的な動き

マホイップVMAX》のワザ「キョダイホイッパー」を最大限強く運用できるように構築しました。

基本的なデッキの使い方もそれに準じた動きとなります。

「キョダイホイッパー」で6エネを場から飛ばすことで360ダメージを出すことができ、VMAXのポケモンを1撃で倒していくことができます。

VMAXでないポケモンに対しては、相手側の継続的な準備が必要なデッキが多いので、《リセットスタンプ》を後半使っていくことで相手の行動をどこかで1ターン遅らせましょう。弱点マッチでない限りはかなり勝てる可能性があると思います。

かなりシンプルな形で構築したので有利なデッキに対してはとことん強く、不利なデッキに対して戦えるカードが《リセットスタンプ》だけというくらいの作りになっています。

総合的な勝率はこの形の方が高いかなと個人的には考えていますが、不利になりそうなマッチアップでも試合を拾いに行けそうな、採用しなかったカードを紹介しておきたいと思います。

■不採用カード

①《ズガドーン(SM11a)

相手サイドが3枚のタイミングでダメージカウンターを12個ばらまくことのできるこのカード。

通常のマッチアップにおいても相手のポケモンのHPを60の倍数に調整しに行く動きが可能で腐りづらいカードではあります。

マホイップVMAX》が最初に倒される展開で活躍の見込めるこのカードですが、最初に1体他のポケモンを倒されてしまうと強い運用ができないことがネックとなり不採用にしました。

後述の《ウツロイド》と同時に採用するとどちらかは強く使えるので、そういった採用の仕方も考えられると思います。

②《ウツロイド

ズガドーン(SM11a)》と1枚違いのタイミングで、サイドが2枚の時に運用できるこのカード。

マホイップVMAX》を倒せるような高打点のワザに対してカウンターを仕掛けに行くことができます。

デメリットとしては、このカードの運用を前提に考えると最初にポケモンを1枚倒される必要があり、自分から積極的に攻め急ぐプランを取りにくくなってしまいます。

メリットとしては、うまく1枚サイドを取られることができれば《マホイップVMAX》→《ウツロイド》→《マホイップVMAX》と運用できるので非常に強力です。周りの環境に合わせて採用不採用を決めるカードかなと思います。

③《アーゴヨン

今回は《カラマネロ》をエネルギーエンジンとして採用したため、こちらのシステムは採用しませんでした。

アーゴヨン》を採用すると《ビーストリング》や《ウルトラスペース》などウルトラビースト関連のカードを採用した形で構築するデッキになるかと思います。

アーゴヨンGX》を採用できることで「ウルトラへんかん」でのドローや、「ベノムシュート」によるベンチ狙撃能力を手に入れることができます。

デメリットとしては、《マホイップVMAX》にエネルギーを加速することができないため、そっち方面でのプレイに制限がかかってしまうことかなと思います。

■おわりに

毎度のことになりますが、1つの参考の形として使っていただいて調整の元として考えていただければ幸いです。

デッキにおいて”この60枚が正しいというものはなく”、いろいろ試してみることが大切だと思います。その日の60枚が明日もそのまま強いとは限らないのもカードゲームの醍醐味になります。

流行ってるデッキに合わせて、入れてみるカードを試行錯誤していくと、ポケモンカードをより一層楽しんでプレイできるかなと思います。

シールド戦やVスタートデッキでの対戦も楽しみましょう!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧