ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【ドラパルトVMAX】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069)です。今回は先日参加したスペシャルリーグ銀座で使用した《ドラパルトVMAX》のデッキの紹介をしたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : ドラパルトVMAX

■デッキ解説

今回は反逆クラッシュ収録の《ドラパルトVMAX》を中心にデッキを作成しました。

1進化ポケモンで必要エネルギーが2つであること、VMAXポケモンであるため単体で十分戦っていけることから、他のアタッカーを採用せずシンプルな形になっています。

カードのデザインに、過去に使った《MタブンネEX》と似た点があることから、構築のベースも似ているところがありますね。このデッキにおいて序盤の目標であり強い行動である”2ターン目に「ダイファントム」を使う”という動きを達成しやすい形なので、誰でも使いやすいデッキだと思います。

MタブンネEX》の時は、2ターン目にワザを使うために《ダブル無色エネルギー》が必要でしたが、今回は《基本超エネルギー》2枚でも動けるので、エネルギーを最低限の枚数に抑えてその枠を《エネルギースピナー》に最大枚数までまわしました。

なるべくなら《ホラー超エネルギー》を使って戦いに行きたいカードではありますが、ワザが使えない状態になってしまっては本末転倒なのでここにはしっかり枠を使いました。

■簡単なサイドプランのイメージ

基本的にサイド1枚のポケモンに対しては「ダイファントム」1回で1枚サイドをとっていく、180~210くらいのGXポケモンに対しては「ダイファントム」3回で4枚、大型の260~280のTAG TEAM GXに対しては2回で与えるダメージの130+130+αで倒していく、320のVMAXポケモンに対しては、130+130+α+50で倒すイメージになります。

デッキタイプによってはこれらが組み合わさっていることも多いので柔軟にダメージカウンターをのせていくことがポイントですね。

■《イエッサンV》の採用理由

デッキの中で唯一”2ターン目に「ダイファントム」を使う”というポイントを阻害して採用されているカードです。このカードは1枚入れておくことで多くのダメージラインの調整になります。

具体的には、「オルタージェネシスGX」下での「アルティメットレイ」+「ブレイブキャリバー」をこちらの《マオ&スイレン》+「こころくばり」で《ドラパルトVMAX》が耐えることができます。

エネルギーのついた《ドラパルトVMAX》を複数回動かすことができれば、かなり勝利に近づくことができます。

また、《ドラパルトVMAX》同士のいわゆるミラー対決においても有効なカードであり、このマッチアップでは130+20+130で280ダメージのることが多く、280ダメージのった《ドラパルトVMAX》がベンチで倒されやすいですが、20の回復があることで《マオ&スイレン》を使うことなく50ダメージの圏外に逃げることができます。

スタートしてしまう時のリスクもありますが、それを考慮にいれたうえでも採用する価値のある1枚だと思いました。

■終わりに

毎度のことになりますが、1つの参考の形として使っていただいて調整の元として考えていただければ幸いです。

デッキにおいて”この60枚が正しいというものはなく”、いろいろ試してみることが大切だと思います。その日の60枚が明日もそのまま強いとは限らないのもカードゲームの醍醐味になります。

流行ってるデッキに合わせて、入れてみるカードを試行錯誤していくと、ポケモンカードをより一層楽しんでプレイできるかなと思います。

なかなかポケモンカードをやりにくいご時世ですが、楽しんでいきましょう!

スペシャルリーグ銀座

ポケモンカードゲーム スペシャルリーグ2020銀座 生放送

もっとポケモンカードで対戦したい! ポケモンカードのトップランカー達はいまどんなデッキを握って 対戦しているのかを知りたい!対戦を見たい! そんなポケカプレイヤーのため、ニコニコ主催による ポケモンカード大会SL(Special League)2020銀座の開催が急遽決定! 最新環境を制する自慢のデッキを握りしめ…

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧