ポケモン │ デッキ紹介 │ とーしん【サダイジャV】

こんにちは、とーしん(@1483toushin3069 )です。
今回は《サダイジャV》のデッキの紹介をしたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ《サダイジャV

■デッキ解説

今回は《サダイジャV》をメインポケモンとして、デッキを作成しました。

カード単体の能力としては《ザシアンV》に見劣りしがちなこのカードですが、1エネで動けるワザを持っていることが大きな強みであると思います。

ディアンシー◇》と《格闘道場》を用いることで、1ターン目から60ダメージを出すことができ、進化前のたねポケモンである《ユキハミ》や《メタモン◇》などを倒していくことができます。

今回はエネルギーの加速手段兼弱点補完として《エンブオー(SM11a)》を採用しました。《サダイジャV》を使うメリットの一つに、特性を持っていないという側面もあるので、《ブルーの探索》+《ムウマージ(SM10)》+《くろおび》といった作り方も1案としていいかもしれませんね。

■その他の採用カード紹介

タルップル

特性「おいしいかおり」によって相手のベンチのたねポケモンを積極的に倒しに行くことができます。1エネで早期に攻撃できる《サダイジャV》とマッチしていると感じたので採用しました。

相手のシステムとなるポケモンを崩しに行くことで、盤面を有利に保ちながら戦っていくことができます。《サダイジャV》のワザ「すなぐらい」の都合から《マグノリア博士》を積極的にプレイするため、《カスタムキャッチャー》ではなくこちらを選択しました。

エンブオー(SM11a)

サダイジャV》のワザ「サンドプレス」の性質上、2体目以降のアタッカーの準備が難しいため、エネルギー加速要員としてこのカードを採用しました。

2体目以降の準備のために用いることが大半であるため、《メイ》から《ふしぎなアメ》を持ってきて場に出していくといったデッキ構成になっています。このポケモンが炎タイプであることにも着目し、《炎エネルギー》も採用したため《サダイジャV》の弱点である草タイプ相手(※)や、流行りの《ザシアンV》に対して弱点をついて1撃で倒していくことができます。

(※《ゴリランダーVMAX》に関してはHPが330なので160×2の320ダメージでぎりぎり届きませんが、《格闘道場》の加点を合わせることで倒すことができます。)

炎エネルギー》の枚数が少ないですが、そこに関しても《メイ》が持ってきてくれるので安心して戦うことができます。

■終わりに

毎度のことになりますが、1つの参考の形として使っていただいて調整の元として考えていただければ幸いです。

デッキにおいてこの60枚が正しいというものはなく、いろいろ試してみることが大切だと思います。その日の60枚が明日もそのまま強いとは限らないのもカードゲームの醍醐味になります。

流行ってるデッキに合わせて、入れてみるカードを試行錯誤していくと、ポケモンカードをより一層楽しんでプレイできるかなと思います。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧