ポケモン │ 大会レポート │ とーしん【CL愛知】

とーしん(@1483toushin3069)です。
今回はCL愛知の対戦レポートをかいていきたいと思います。
記憶が定かでないところも多々あるかと思いますが寛容に見ていただけたらと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキ : 《マグカルゴGX


使用デッキはこちら、《マグカルゴGX》を中心としたデッキになります。
「ようがんりゅう」を中心に色々な戦術を駆使して戦っていくデッキです。

それでは早速対戦のレポートに移っていきます。

■Round1 vs《ミュウツー&ミュウGX》 Win

対戦相手は《デデンネGX》で、こちらは《マグマッグ》でスタート。対戦相手が先行で《ミュウツー&ミュウGX》にエネルギーをつけ、《デデンネGX》に《ふうせん》をつけて逃げずに自分に番が返ってきたので、ベンチに《溶接工》を使い、バトル場の《マグマッグ》で「マグマでかこむ」を使うと、返しの番で対戦相手の《デデンネGX》が逃げることができずに番が返ってきました。

10ダメージのった《デデンネGX》を「ようがんりゅう」でそのまま倒すことができたので、サイドレースの展開で負けることがなく、《ミュウツー&ミュウGX》、《デデンネGX》と倒していって勝ち。

■Round2 vs《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV》 Lose

 

じゃんけんに負けて、後攻での対戦スタート。対戦相手は《ジラーチ》でスタートし、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》をベンチに用意してエネルギーをつけて番を返してきました。こちらは《溶接工》をバトル場に使い、バトル場に3エネの《マグマッグ》を用意して「マグマでかこむ」。《ジラーチ》が逃げられなければ1ターン有利に進む展開でしたが、《ポケモンいれかえ》からの《オルタージェネシスGX+》。

返しの番でこの《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を倒すために必要なパーツが、場に追加でエネルギーが二つと《マグカルゴGX》となります。《巨大なカマド》と《ヤレユータン》の用意があったので、《マグノリア博士》から《マグカルゴGX》を引いてくることができれば倒せるといった状況でした。

しかし、《マグノリア博士》から《マグカルゴGX》が引けず。《クイックボール》から《デデンネGX》を使うも、また引けず。仕方なく《ポケモンいれかえ》で3エネ付いた《マグマッグ》をベンチに下げて番を終えると、対戦相手がプレイしたカードは無慈悲な《ポケモンキャッチャー》。表。3エネ付いた《マグマッグ》をバトル場に呼び出され「アルティメットレイ」。

なんとか返しの番で《マグカルゴGX》を引いてきて倒すことができましたが、《ザシアンV》が2体用意されてしまったために詰みの状態になり、負けてしまいました。サイドに2枚《マグカルゴGX》が落ちていたことは運が悪かったといえますが、1ターン目に《スーパーボール》と《ポケナビ》の順序を間違ってしまったために、少し引ける確率を落としてしまったことが最大の反省点であり、悔やまれるところかなと思います。

■Round3 vs《ラプラスVMAX》+《モスノウ》+《インテレオン》 Win

 

対戦相手のスタートが《コオリッポV》。ベンチに《メッソン》がいました。どちらが先行だったか覚えていないのですが、1ターン目または2ターン目に《オーキド博士のセッティング》から《ポッポ》、《アローラサンド》、《ラプラスV》と展開してきました。ロングゲームになると《インテレオン》にサイドレースをひっくり返されてしまうので、こちらが駆け抜けるしか勝機がなさそうだなと感じました。

コオリッポV》と《アローラサンド》を「ようがんりゅう」で倒すと、《ラプラスVMAX》の準備が出来上がり、前の《マグカルゴGX》が「キョダイポンプ」で倒されました。

しかし、こちらもすでに準備ができていたため、《溶接工》からの「ようがんりゅう」で350ダメージを出して《ラプラスVMAX》を倒すことができ、そのまま勝利することができました。

■Round4 vs《ガラルタチフサグマ》+《ヤミラミV》+《イベルタルGX》 Lose

 

配信での対戦になります。配信はコチラ

詳しい試合展開は配信を見ていただけるとわかると思いますので、途中の要点だけこちらでは解説していきたいと思います。

ミミッキュ》が出てきたところで、エネルギーのテンポに制限ができゲームを考えることが難しくなりました。《ヤミラミV》と《イベルタルGX》でこちらのサイズの大きいポケモンを倒してくるので、うまく《ビクティニ◇》を使うことと、《リセットスタンプ》を最後のタイミングにうまく合わせることを意識してプレイしていました。

途中対戦相手が止まったタイミングがあったので、あそこでもう少し冷静に準備を進めておくべきでした。最終的には《リセットスタンプ》からすべてを揃えられて負けてしまいましたが、途中で焦ったことが原因かなと思います。

■Round5 vs《ズガドーンGX》+《アーゴヨン》 Win

 

対戦相手の動きが少し鈍っていたこともあり、《マグカルゴGX》が3ターン目からサイドを取り続けて勝ち。《ビーストリング》のターンに《ビーストリング》が1枚しかひかれなかったこともあって、《マグカルゴGX》で押し切って勝つことができました。

■Round6 vs《ピカチュウ&ゼクロムGX》 Win

疲労がたまっていたのかあまり覚えていませんでしたが、対戦相手の方が《ピカチュウ&ゼクロムGX》の「フルドライブ」までに少し遅れ気味だったこともあってサイドを先にコチラがとる展開に。そこからはサイドの取り合いになりましたが、こちらはやはり”GX”であり”TAG TEAM”でないので、サイドレースで逆転されることもなく勝つことができました。

■Round7 vs《ゲンガー&ミミッキュGX》+《オムスター》 Win

 

対戦相手の引き直しから、《オムスター》でグッズに制限をかけ、《ゲンガー&ミミッキュGX》の「ポルターガイスト」で大ダメージを出すデッキタイプであることがわかりました。エネルギーがたくさん入っているデッキタイプではないので、こちらの《コータスV》の「スチームクラッシュ」がかなり有効に使っていけるマッチだろうと想定しつつ対戦がスタート。

2ターン目に少しミスがあり《ポケナビ》でグッズを山札の上に乗せてしまったため、《コータスV》への「ポルターガイスト」でのダメージを150に抑えることができところを200ダメージ受けてしまいます。返しの番で「スチームクラッシュ」を使い、《ゲンガー&ミミッキュGX》のエネルギーを2枚トラッシュしました。するとベンチの《なぞの化石》にエネルギーをつけてきたので、《エネルギーつけかえ》からのパターンがデッキに入っていると考えました。

ダメージを受けている《ゲンガー&ミミッキュGX》にそのギミックを使ってほしかったため、あえてバトル場の《ゲンガー&ミミッキュGX》を倒さず番を返したところ、《なぞの化石》が《アーケオス》に《ふしぎなアメ》で進化して、《マオ&スイレン》から「とんぼがえり」で倒されてしまいました。

「とんぼがえり」で出てきたのが《オムスター》だったので《マグカルゴGX》で倒し、そこから《アーケオス》と《ゲンガー&ミミッキュGX》と《マオ&スイレン》で粘り強く戦われますが、「マッグバンGX」によって相手の山札切れで勝ち。

途中の《ポケナビ》のミスから《コータスV》が「とんぼがえり」で倒されてしまったので、勝つことはできましたがよくない試合でした。

■Round8 vs《ミュウツー&ミュウGX》+《カラマネロ》 Win

この試合もあまり具体的な内容は覚えていません。《オーロット&ヨノワールGX》のGX技の存在が強く、《ポケモンいれかえ》を大切に戦っていこうと考えていましたが、最初の《マグノリア博士》で1枚トラッシュしてしまい、カウンター気味に戦いにいく展開になりました。こちらはバトル場の《マグマッグ》を倒してもらってから動き出そうとかんがえていましたが、対戦相手がなかなかエネルギーを引けていないようで、《ミュウツー&ミュウGX》、《マーシャドー》に「マグマでかこむ」を2回ずつ使いました。

そのあとは《ミュウツー&ミュウGX》に倒された返しで倒し返すと、デッキの中にアタッカーとなれるポケモンが残っていなかったようで投了をいただきました。大きなミスはなかったかなと思います。

■Round9 vs《レシラム&リザードンGX》+《ボルケニオン》 Lose

 

初手の7枚にサポートがなく、「さるぢえ」で山を少しずつ見ていくような展開に。どんどんポケモンが倒されていきサイド6-2から動き出して逆転を目指しましたが、流石にサイドレースをどう頑張っても追いつくことができず終盤にミスもあって負けてしまいました。ミスがなくても制限時間も迫っていたのでかなり厳しい試合だったかなと思います。

■終わりに

今回のCL愛知は6勝3敗と残念な結果に終わってしまいました。CL京都はおそらく抽選になると思いますが、当選した暁にはまた頑張りたいと思います。今後もよろしくお願いいたします。

ではまた。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧