ポケモン │ 大会レポート │ サイトウコウセイ【CL京都】

こんにちは、サイトウコウセイ(@cwpokeca)です。

今回は、10月3日に開催されたCL京都の参加レポートと使用した《ミュウVMAX》デッキについて解説していこうと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキ選択の経緯

今回のCL京都では《ミュウVMAX》デッキを選択しました。

環境予想

CL京都はフュージョンアーツにて登場する《ミュウVMAX》が非常に強力な為、《ミュウVMAX》を中心とした環境になると考えていました。

その結果、PJCSで活躍した《れんげきウーラオスVMAX》のデッキのシェアが落ち《ゲンガーVMAX》や《ムゲンダイナVMAX》などの悪デッキが増え、PJCSで優勝した《こくばバドレックスVMAX》は《ミュウVMAX》のデッキに比べ、《ウィークガードエネルギー》が使いにくい分数を減らすと予想しました。

これらを前提に、Tier表は以下のように考えていました。

Tier1
ミュウVMAX
.
Tier1.5
ゲンガーVMAX
.
Tier2
はくばバドレックスVMAX》+《スイクンV
ムゲンダイナVMAX
アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ガラルファイヤーV
れんげきウーラオスVMAX
こくばバドレックスVMAX
.
Tier3
スイクンV
カラマネロ》(れんげきテンタクル)
いちげきウーラオスVMAX》+《ブラッキーVMAX
ミュウツー&ミュウGX》(悪パーフェクション)
ニンフィアVMAX》+《ガラルファイヤー》+《れんげきウーラオスVMAX
ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV》+《ザマゼンタV
モクロー&アローラナッシーGX》+《ダダリンVMAX

デッキ選択の理由

デッキ選択の理由としてはフュージョンアーツ発売からCL京都までの間が緊急事態宣言下でもあった為、大会が少なく環境がわからないという状況にあり、デッキパワーの高いデッキを選択するという事を事前に決めていました。

ミュウVMAX》はワザ「クロスフュージョン」でベンチのフュージョンポケモンのワザを2エネルギーで使えるので《ゲノセクトV》の「テクノバスター」や《ラティアス》の「ダイナバリア」など状況に応じてワザを使い分けることができ、《ゲノセクトV》やフュージョンポケモンがベンチに出ていれば安定して山札からドローも可能、さらには《ウィークガードエネルギー》で弱点を消すことが出来るということもあり、非常にデッキパワーが高いと判断して《ミュウVMAX》デッキを選択しました。

また《ミュウVMAX》デッキ同士のミラーマッチでは基本的には先攻を取る方が有利になりますが、後攻からでも勝つプランをいくつか準備出来た事もこのデッキを使おうと思った大きな要因の一つです。

■デッキリスト

このデッキのポイントをいくつか紹介します。

グッズ

ポケモンキャッチャー》はミラーマッチにおいて重要な事が2-2-2というサイドプランをいかに通していくかという事になります。

それを実現する為には《ボスの指令》を毎ターンきっちり使うか、《パワータブレット》を4枚使い《ミュウVMAX》を1回の攻撃で倒す事が要求されます。《ポケモンキャッチャー》を採用する事で《ボスの指令》を使わずにベンチのポケモンをバトル場に出す事が出来る可能性ができ、また、相手のポケモンを倒せないタイミングでも《ゲノセクトV》などをベンチから呼び出す事で相手に《ポケモンいれかえ》や《あなぬけのヒモ》などを要求させる事で1ターン貰える可能性があると考えました。

また、ウラが出た場合でも《ゲノセクトV》の特性「フュージョンシステム」を使う事で手札を補充する事が出来る為、オモテが出た時のバリューが高いと感じました。

また、もう一つのポイントとして上げた《うねりの扇》の存在も《ポケモンキャッチャー》を採用した理由の一つになります。

うねりの扇》はミラーマッチにおける後攻から逆転できるカードの一つであり、相手が先攻1ターン目の《ミュウV》に特殊エネルギーを付けた場合このカードを使う事で相手が次の番《カミツレのきらめき》などでエネルギーを付けないとワザを使えなくさせる事が出来ます。

またその時にルールを持たないポケモンである《ラティアス》《オドリドリ》《マーシャドー》などをバトル場に置くことが出来れば《ボスの指令》が使えなくなる為、相手に1-2-3というサイドプランを取らせる事が出来ます。

そうなると後攻側の2-2-2というサイドプランを通す方が難易度が低く、後攻側が捲れる可能性が高くなります。そのプランを通せるように《うねりの扇》を採用し、逆に《うねりの扇》を使いながらも、ベンチのポケモンをバトル場に出せるように《ポケモンキャッチャー》を採用しました。

サポート スタジアム

ピオニー》は序盤、中盤、終盤どのタイミングでも強く使えると判断し4枚採用しました。序盤は《バトルVIPパス》や《しんかのおこう》などを中心に盤面を作るカードや《うねりの扇》などの相手を妨害してターンを稼ぐカードなどを手札に加えます。

中盤は《パワータブレット》や《げんきのハチマキ》など相手のポケモンを1回の攻撃できぜつさせる為のカードを手札に加えます。終盤はどうしても《ボスの指令》が使えない時は《ポケモンキャッチャー》を持ってきたり、《頂への雪道》と《リセットスタンプ》を手札に加える事で相手の動きを止めて逆転を狙うというプランに使う事もあり、非常に強力なサポートカードです。

また、手札を全てトラッシュしなければならないデメリットを《ゲノセクトV》の特性「フュージョンシステム」で手札を補充する事で補えるのもこのカードの魅力の一つです。

頂への雪道》はいくつかのパターンで使用します。王道としては《頂への雪道》+《リセットスタンプ》で逆転を狙うプランですね、

自分のベンチに《マーシャドー》がいて手札に《混沌のうねり》がある場合に、序盤や中盤などに不意に使う事で相手の動きを止める事も出来るのもこのカードの魅力の一つです。

ただ、使い方を間違えると逆に自らを苦しめる事にもなるので、使う場合はデメリットになる部分も配慮しながらプレイしましょう。

■基本的なデッキの回し方

じゃんけんに勝った場合、先攻を選択します。

序盤はとにかくベンチにフュージョンポケモンを沢山並べる事を意識します。最低限の動きとして《ミュウV》にエネルギーを手張りし、《ゲノセクトV》をバトル場かベンチに出せていれば問題ないです。

中盤は《ミュウVMAX》に進化させ、ワザ「クロスフュージョン」や「ダイミラクル」などを使っていき、相手のポケモンをきぜつさせていきます。

終盤は劣勢の場合は《頂への雪道》+《リセットスタンプ》で逆転を狙ったり、《ボスの指令》や《ポケモンキャッチャー》などを使い相手のサイドを取り切る動きをします。

ミュウVMAX》デッキは非常にシンプルかつ強力なデッキの為、初心者の方などでも使いやすいデッキの一つです。

■対戦レポート

1 ミュウVMAX 後攻 × (はじめしゃちょーさん配信卓)
2 格闘型ミュウVMAX 先攻 〇
3 三神ザシアン 先攻 〇
4 れんげきテンタクル 後攻 ×
5 ミュウVMAX 後攻 ×

2-3でドロップ

予選1回戦 《ミュウVMAX》後攻 ×

配信卓のゲームでした。お相手が先攻からしっかり場を作る中、こちらが場を作ることが出来ず序盤のリードを逆転する事が出来ずに負けてしましました。

予選2回戦 《ミュウVMAX》(格闘型) 先攻 〇

先行という事で順調に2-2とサイドを取ったタイミングで《ミュウVMAX》を1回の攻撃できぜつさせられるも《カミツレのきらめき》+《ポケモンキャッチャー》が決まり最後のサイドを取り切り勝つことが出来ました。

予選3回戦 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》《ザシアンV

先攻でしっかり盤面を作る事ができ、順当にサイドを取っていって勝利。

予選4回戦 《カラマネロ

先攻でお相手がしっかり盤面を作り、後攻でこちらも盤面をしっかり作るも、特殊エネルギーを手張りしてスタートとなり、《うねりの扇》を使用された事で2ターン程遅れてしまい、そのまま押し切られて負け。

予選5回戦 《ミュウVMAX》後攻 ×

お相手が先攻からしっかり盤面を作るも、こちらが盤面に《ミュウV》しか置くことが出来ないターンが続き押し切られて負け。

■おわりに

今回のCL京都は2-3でドロップという不甲斐ない結果で終わる事になりました。

ただ、一緒にデッキ調整をし、ほぼ同じデッキで大会に挑んだメンバーはTOP16という成績を残す事が出来た為、今回の良かった点はデッキパワーが高いデッキを間違えなく作れていたという点であり、今回の反省点は安定感という点で見るとまだまだ課題があったと感じています。

今後のCLではしっかり勝てるように再度色んな事を見つめなおして取り組んでいこうと思います。

応援ありがとうございました!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧