ポケモン │ 大会レポート │ サイトウコウセイ【シティリーグ:シーズン3】

こんにちは、サイトウコウセイ(@cwpokeca)です。

今回は、8月15日に開催されたシティリーグ:シーズン3の参加レポートと、使用した悪パーフェクションデッキについて解説していこうと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキ選択の経緯

今回のシティリーグはPJCS2021と同じく悪パーフェクションデッキを選択しました。

悪パーフェクションデッキの選択理由

PJCS2021では《こくばバドレックスVMAX》デッキが優勝したことに加えて《れんげきウーラオスVMAX》デッキも活躍し、その後のシティリーグでも主にこの2つのデッキの上位入賞が多く見受けられました。

これら2つのデッキタイプに加えて、PJCSでもシェア率が高かった悪パーフェクションと、PJCS後にシェア率や入賞数が増えてきた《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ガラルファイヤーV》のデッキがシティリーグで多いデッキタイプであると予想しました。

上記の4デッキがシェア率が高いデッキと仮定すると、悪パーフェクションの立ち位置が一番良いと判断し、PJCS2021で使用したリストから2枚変更した悪パーフェクションで今回のシティリーグに参加しました。

■デッキリスト

デッキリスト : PJCS2021

デッキリスト : シティリーグ シーズン3

PJCSで使った構築からの変更点は、《ニューラ》と《ガラルファイヤー》を抜き、《タイプ:ヌル》と《シルヴァディGX》を採用したことです。

ニューラ》はスタートしたら強いポケモンということで4枚採用していましたが、《タイプ:ヌル》スタートでも強く、更に《シルヴァディGX》に進化させる事ができれば安定してゲームを進められる為、採用に至りました。

ガラルファイヤー》は特性の「じゃあくチャージ」を使うことができれば非常に強力なポケモンですが、使えるタイミングが少ないと感じた為不採用となりました。

その他のこの構築の特徴としましては、《博士の研究》や《マリィ》のような多くのデッキに採用されているドローサポートカードがこのデッキには採用されていません。

採用されていない理由としては、このデッキは後攻を選択するデッキであり、後攻1ターン目は《ナツメ&ハチク》、2ターン目は《レッド&グリーン》、3ターン目以降は《ボスの指令》を使っていきたいのですが、《ナツメ&ハチク》と《レッド&グリーン》は《タッグコール》で手札に加える事が可能な為、ドローサポートを使わなくても手札に持ってくる事ができる可能性が高いということがその理由になっています。

ドローサポートを採用していない分、特性でドローできる《デデンネGX》《クロバットV》《シルヴァディGX》は多めに採用しており、これらのカードがこのデッキにおけるドローエンジンとなります。

このデッキはポケモンGX・Vなどのルールを持つポケモンの特性を多く使う為、最近多くのデッキで採用されている《頂への雪道》が非常に厳しい1枚となります。そのため、《頂への雪道》への対策カードとしてリセットホールの《マーシャドー》を2枚採用しています。

■基本的なデッキの回し方

じゃんけんに勝った場合、後攻を選択します。

後攻1ターン目では、《ニューラ》と《ガラルファイヤーV》が場に出ているようにし、特性「じゃえんのつばさ」を使ってエネルギーをつけることと、場のポケモンにエネルギーをつけることを優先します。

ナツメ&ハチク》を追加効果ありで使い、《基本悪エネルギー》2枚 《ガラルファイヤーV》《ニューラ》《デデンネGX》を手札に加えるとこの盤面を作る事ができます。

この盤面を作れると、次のターン以降に《レッド&グリーン》を追加効果ありで使い《マニューラGX》に進化+「じゃえんのつばさ」+手張りで6エネルギーを盤面に揃えることができるようになる為、特性の「シャドーコネクション」で《ミュウツー&ミュウGX》もしくは《ブラッキー&ダークライGX》にエネルギーを付け替えれば、追加効果ありで「デッドムーンGX」を使うことができます。

追加効果ありの「デッドムーンGX」は後攻2ターン目に必ずしも使わないといけないわけではないですが、どのタイミングでも使える状況にしておくことでゲームを優位に進めることができます。

■対戦レポート

予選リーグ

1 ピカチュウVMAX 後攻 ◯
2 ドラパルトファイヤー 後攻 ◯
3 ムゲンダイナ 後攻 ×
4 悪パーフェクション 先攻 ◯

予選リーグ 7位

決勝トーナメント

1 連撃ウーラオス 後攻 ◯
準決勝 三神ガラルファイヤー 後攻 ◯
決勝 悪パーフェクション ×

結果 準優勝

予選1回戦 《ピカチュウVMAX》《モココ》型 後攻 ◯

ガラルサンダーV》で《ピカチュウVMAX》を倒しつつ、《ゼクロム》のワイルドショックを《マオ&スイレン》でかわすことができ勝利。

予選2回戦 《ドラパルトVMAX》+《ガラルファイヤーV》+《ガラルサンダーV》後攻 ◯

相手がエネルギーを貼って準備しているポケモンに対して、弱点をつけるポケモンをこちらで準備しサイドを取っていき勝ち。

ガラルファイヤーV》のみ弱点をつけない為、相手の《ガラルファイヤーV》に先にワザを使って貰い、こちらの《ガラルファイヤーV》の1回のワザで倒せるように立ち回りました。

予選3回戦 《ムゲンダイナVMAX》後攻 ×

ムゲンダイナVNMAX》デッキと対戦する場合は、盤面に基本悪エネルギー2枚以上と《ガラルファイヤーV》《ニューラ》《ガラルサンダーV》を準備して、エネルギーが付いているポケモンが倒された場合《ガラルサンダーV》の「らいめいげり」で《ムゲンダイナVMAX》を攻撃していきます。

ガラルサンダーV》が倒された場合は、6エネルギーの追加効果ありの「デッドムーンGX」を使うプランを考えており、そのプランに持ち込むことはできましたが、《ガラルサンダーV》がきぜつした後に《レッド&グリーン》を引きにいくも引くことができず、そのまま押し切られて負けました。

予選4回戦 悪パーフェクション 先攻 ◯

じゃんけんに負け後攻を取られた為、先攻となりました。悪パーフェクションミラーではサイドを3枚取られるポケモンを先に盤面に置かないことが非常に重要なのですが、《ブラッキー&ダークライGX》でスタートしてしまい出だしの悪いゲームでした。

お相手は後攻で《ニューラ》スタートでしたが、事故気味のようで後攻1ターン目は《ミュウツー&ミュウGX》をベンチに置き手張りでターン終了。

先攻2回目の番で《レッド&グリーン》を追加効果ありで使い、《マニューラGX》に進化し、ブラックランスで《ニューラ》をきぜつさせ、《ミュウツー&ミュウGX》がバトル場に出る。お相手の後攻2ターン目も手張りで終わり。

こちらの次のターンで《ミュウツー&ミュウGX》を出し、お相手の《ミュウツー&ミュウGX》を弱点できぜつさせ勝利。

決勝トーナメント1回戦 《れんげきウーラオスVMAX》後攻 ◯

れんげきウーラオスVMAX》側が先攻2ターン目に「キョダイレンゲキ」を使えないと厳しいマッチですが、お相手が先攻2ターン目でキョダイレンゲキが使えなかった為、後攻2ターン目に「デッドムーンGX」を追加効果ありで使い、そのまま押し切り勝ちました。

準決勝 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ガラルファイヤーV》後攻 ◯

こちらのスタートが《メガヤミラミ&バンギラスGX》でお相手が《ガラルファイヤーV》スタートでした。

メガヤミラミ&バンギラスGX》でスタートしてしまうと《ポケモンいれかえ》が入っていない為、後攻2ターン目の追加効果ありの「デッドムーンGX」を使うことができません。

しかし、お相手が少し事故気味で前の《ガラルファイヤーV》を逃がせず、こちらが後攻2ターン目に《レッド&グリーン》を使い5エネルギーを《メガヤミラミ&バンギラスGX》に付け、《ガラルファイヤーV》を2回の攻撃できぜつさせ、きぜつさせた返しにお相手が「オルタージェネシスGX」を追加効果ありで使用という展開になります。

その返しの番の《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》に「グリードクラッシュ」を使うと、その次の番にお相手が《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を逃がし、《ガラルファイヤーV》でこちらの《マニューラGX》を倒しサイドを取るも、ベンチの《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を《ボスの指令》を使ってバトル場に呼び出し、「グリードクラッシュ」を使い勝利。

決勝 悪パーフェクション 後攻 ×

こちらが《ブラッキー&ダークライGX》スタートでお相手が《ニューラ》スタートでした。悪パーフェクションミラーにおいてサイド3枚を与えるポケモンを先に出すのは致命的なのでかなり厳しいスタートでした。

お相手が先攻で2体目の《ニューラ》をベンチに置き《ガラルサンダーV》に基本闘エネルギーを手張りして、《レッド&グリーン》を手札に持ってきて終わり。

この時に手札にドローできるカードや盤面を準備できるカードがなく、返しのターンに《レッド&グリーン》から《ガラルサンダーV》で《ブラッキー&ダークライGX》がきぜつさせられる所まで見えるので、1エネルギーで「デッドムーンGX」を使うと、お相手は後ろの《ニューラ》に手張りして終わり。

その返しに《ガラルサンダーV》できぜつさせることができない《ミュウツー&ミュウGX》でお相手の《ニューラ》をきぜつさせてターンを返すと、《レッド&グリーン》追加効果ありで《マニューラGX》に進化。更に《ミュウツー&ミュウGX》を出され、自分の《ミュウツー&ミュウGX》が弱点できぜつ。

返しの番で自分が《ミュウツー&ミュウGX》を使いお相手の《ミュウツー&ミュウGX》を倒すことができればワンチャンスありましたが、それができずにどのポケモンを出しても負ける盤面だった為投了し、準優勝でシティリーグを終えました。

■おわりに

決勝で負けてしまい、準優勝という結果になりました。

シティリーグは、S1→ベスト8、S2→ベスト4、S3→準優勝、という結果でまだ優勝できていない為、次回は優勝を目指して頑張っていこうと思います!

応援ありがとうございました!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧