ポケモン │ デッキ紹介 │ サイトウコウセイ【ギャラドスVMAX】

こんにちは、サイトウコウセイ(@cwpokeca)です。

今回は、「蒼空ストリーム」で新たに登場した《ギャラドスVMAX》デッキの紹介をしていきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■《ギャラドスVMAX》の強み

ワザ「はかいこうせん」は相手のバトルポケモンのエネルギーをトラッシュできる強力なワザです。

「はかいこうせん」で相手のアタッカーのエネルギーテンポを乱しつつ、ワザ「ダイボウクン」で相手のアタッカーをきぜつさせたり、《メモリーカプセル》を使う事で、《ギャラドスV》のワザ「いきりたつ」を使う事が出来ます。

VMAXポケモンがメインのデッキ同士の対戦では、基本的には先に相手のアタッカーにダメージを与えた方が有利に立ち回る事ができるのですが、ワザ「いきりたつ」を使う事で160ダメージ以上ダメカンが乗っていると、相手のVMAXポケモンを1回の攻撃できぜつさせる事ができる可能性が高くなります。

今回は《ギャラドスVMAX》がワザを使うハードルを下げる事と、欲しいカードを的確に手札に加えて相手の妨害をする事も出来るようにする為に、うらこうさくの《インテレオン》《ジメレオン》と組み合わせる事にしました。

■デッキリスト

■採用カード解説

インテレオン》《ジメレオン

特性の「うらこうさく」で山札のトレーナーズを持って来る事ができ、その時に必要なグッズやサポートを持って来れます。

序盤であれば《クイックボール》《レベルボール》《しんかのおこう》《たっぷりバケツ》《メモリーカプセル》《メロン》などの《ギャラドスVMAX》がワザを使う為のカードを手札に加える事ができ、終盤では《頂への雪道》《リセットスタンプ》などの相手を妨害するカードや、《ボスの指令》などのゲームを決めにいくカードを手札に加える事が出来ます。

また、このデッキの強みの一つとして1-1-3-3といったサイドプランを相手に押し付ける事も可能で、《インテレオン》のワザ「アクアバレット」は2エネルギーで120ダメージ+ベンチポケモンに20ダメージを与える事が出来る為、余裕があれば《インテレオン》にもエネルギーを付けておくと、終盤に《インテレオン》をアタッカーとして活用する事が出来ます。

メモリーカプセル

ギャラドスVMAX》に付け、《ギャラドスV》のワザ「いきりたつ」を使う事が出来ます。

このカードを採用しておくと、あえて相手に先に攻撃をさせるという選択肢を取る事ができ、ギャラドスの課題である”エネルギーが重いのですぐにワザを使えない”というデメリットも解決する事が出来ます。

頂への雪道

このデッキには特性があるルールを持つポケモンが採用されていない為、このカードが強く使えます。

特に相手のサイドが残り少ない時に《リセットスタンプ》と組み合わせて使う事で、相手がうまく復帰できずにサイドレースを捲る事もできるようになる為、非常に強力なカードです。

■デッキの動かし方

基本的には《ギャラドスVMAX》をメインとして戦っていくため、最初の番は《ギャラドスV》と《メッソン》が場に出ている状態を目指します。

次の番からは《メロン》などをうまく使い、場の《ギャラドスVMAX》にエネルギーが3枚付いている状態にしてワザを使っていきます。

ギャラドスVMAX》が攻撃できない場合でも《メモリーカプセル》がある為、《ギャラドスV》のワザ「いきりたつ」を使う事ができます。

攻撃できない場合はVMAXにしんかして一撃で倒されない状態を作り、攻撃された返しに「いきりたつ」でカウンターを仕掛けていきましょう。

可能であれば、《インテレオン》にエネルギーを付けておく事で、相手に3-1-1-3
などのサイドプランを要求する事ができるので、《メロン》などを使いエネルギー供給に余裕がある場合は《インテレオン》にエネルギーを付けておきましょう。

終盤は《インテレオン》の特性「うらこうさく」を使い、《リセットスタンプ》《頂への雪道》などを手札に加え相手を妨害しつつ、攻撃していきましょう。

■おわりに

今回は《ギャラドスVMAX》デッキの紹介でした!

今回のような《インテレオン》と組み合わせた型のほかに、《クラッシュハンマー》と組み合わせたエネルギー破壊特化型なども作れる為、色々な型を模索出来そうですね!

それではまた!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧