ポケモン │ 新弾レビュー │ Rush Pros【伝説の鼓動】

7月10日発売のポケモンカードゲーム強化拡張パック『伝説の鼓動』

新規レアリティ”アメイジングレア”の登場にも注目の同パックを、毎度恒例ランキング形式でRush Pros所属選手たちにレビューしていただきました!
プロたちはどんなカードに注目しているのか?早速見ていきましょう!


※ラッシュメディア記事内紹介のカードは

カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■凱選手の注目カードTOP3

1位《セキタンザンVMAX

1エネルギーで使えるワザ「ふんかだん」でエネルギー加速を進めていき、4エネルギーのワザ「キョダイガンセキ」や《すごいきずぐすり》の回復に繋げていく動きが強力です。

評価が高い要因として、現環境に闘弱点を持つカードが多く存在することがあります。《ムゲンダイナVMAX》や《クワガノンV》、《ピカチュウ&ゼクロムGX》に対して有利に試合を運ぶことが出来ます。

2位《デンリュウV

クワガノンV》の相方として優秀だと考えられます。

クワガノンV》のワザ「パラライズボルト」で、相手のポケモン(《ジラーチ》や《ガラルジグザグマ》など)の残りHPを30以下にしてから、《デンリュウV》のワザ「ダメージスパーク」で一気にサイドを取ることも可能です。

以前は、《モルペコVMAX》のワザ「ダイホウデン」がその役割を担っていましたが、今回登場した《デンリュウV》はたねポケモンという点で扱いやすさが格段に上がっています。

3位《ライコウ

アメイジングレアのカードから1枚。

相手のバトル場のポケモンとベンチのポケモンに120ダメージを与えるワザ「アメイジングシュート」が強力。

サンダーマウンテン◇》や《カプ・コケコ◇》等で要求をクリアしやすい雷エネルギーに加え、《ターボパッチ》などで残りのエネルギーを補いたい。

エレキパワー》でダメージを上げられる点も優秀で、一気にゲームの流れを変えられるカードなので注目しています。

■アリス選手の注目カードTOP3

 1位《セキタンザンVMAX

1位は《セキタンザンVMAX》です。闘タイプのポケモンで2匹目のVMAXポケモン。

上ワザの「ふんかだん」は”自分の山札を上から1枚トラッシュし、そのカードがエネルギーなら90ダメージ追加。その後トラッシュしたエネルギーをこのポケモンにつける”というテキストで、比較的エネルギーコストの重いワザが多かった闘ポケモンたちの中に1エネルギーでで攻撃することができるポケモンが現れました。

40+90の130ダメージというのは《ピカチュウ&ゼクロムGX》を1撃で倒すことができる威力であり、また、《ムゲンダイナVMAX》や《クワガノンV》など環境に闘弱点のポケモンが多いため、デッキ選択として非常に選びやすいポケモンになっているかと思います。

闘ポケモンを支えるカードも非常に強力で《ディアンシー◇》や《格闘道場》、今回一緒に収録されている《ストーン闘エネルギー》など攻めにも守りにも適したカードが多く存在するため、デッキ構築も行いやすいと思います。

 2位《トゲキッスVMAX

2位は《トゲキッスVMAX》です。

上ワザの「ダイグライド」は無色エネルギー2つで120ダメージを与えつつ、望むなら自分の山札から好きなカード2枚までを選び手札に加えることができます。

120ダメージというのはこの環境において少々物足りない打点ではありますが、山札から好きなカード2枚までサーチできるというテキストが非常に強力です。

過去には山札からカードサーチできるワザとして《ニンフィアGX》の「マジカルリボン」や、《ファイアロー》の「エアロブリッツ」などがありました。

どちらも相手を妨害できるカードをメインにサーチすることが多かったですが、今回もそのように使われていくのか、はたまたしっかりとボードを作るカードをサーチするために使われるようになっていくのか、今後の使われ方に注目です。

また、無色タイプなのでどのタイプのエネルギーが使われるのかというところも楽しみですね!

3位《マホイップVMAX

3位は《マホイップVMAX》。

下ワザの「キョダイホイッパー」は自分の場のポケモンについているエネルギーを好きなだけトラッシュし、その枚数×60ダメージ与えるという技でVMAXポケモンを1撃で倒すことも可能です。

トラッシュできる枚数が任意であるため小回りもきき、非常に使いやすいと思います。

カラマネロ》の「サイコリチャージ」でトラッシュからエネルギーを供給する方法や、《アーゴヨン》などのウルトラビーストのポケモンと組み合わせて《ビーストリング》で多くのエネルギーをデッキから供給する方法など、様々な組み合わせが考えられるため、どのような方法でデッキが組まれて行くか非常に注目です。

■あむ選手の注目カードTOP3

1位《マホイップVMAX

青天井打点のワザ「キョダイホイッパー」を持つVMAX。

打点が×60なので、6エネルギートラッシュで360ダメージというかなりの打点。一般的な青天井系カードが×50なので、非常に強力です。

エネルギー色的に《カラマネロ》や《アーゴヨン》と組み合わせるのがデフォルトになりそうですね。《ミステリートレジャー》という強力なポケモンサーチカードも使えるのは魅力です。

超パーフェクションのように超軸のデッキは様々なサブアタッカーを入れることも出来るので、環境に合わせて対応していけるのもオススメポイントです。

2位《英雄のメダル

しまめぐりのあかし》のようなカード。

最大HPが100下がる代わりに、取られるサイドが1枚少なくなるどうぐ。

以前は意図的にこのカードでサイドを相手に取らせるコンボがあったため、それが出来ないようなテキストになっていますね。

VMAX軸のデッキだと、サイドの取られ方が3-3となるため一見非常に有効に働きそうですが、VMAX自体が現状1撃では倒されないような環境ですので、このどうぐを付けることで1撃で倒されてしまうと結局ゲームエンドまでのターン数にあまり変わりはありません。

その代わり、メリットとして《リセットスタンプ》との合わせやすさがあります。

VMAX中心のデッキがサイド3-2で5枚取らせる動きを押し付け、その後《リセットスタンプ》からさらにVMAXが出てくるのが非常に強力。

エネルギーテンポ的に起動しやすい《マルヤクデVMAX》や《ムゲンダイナVMAX》などでうまく使えるかもしれません。是非試してみたいですね。

3位《ストーン闘エネルギー

SSシリーズではタイプごとにユニークな効果を持ったエネルギーが収録されていますが、闘エネルギーの効果は受けるワザのダメージが-20されるというもの。

闘タイプ弱点の《ムゲンダイナVMAX》や《クワガノンV》が環境に多く、今後も環境に残り続けると思われるため闘タイプ自体は非常に良い立ち位置にいますし、《タフネスマント》と合わせるとかなり耐久力があがりますね。

とはいえ闘タイプのポケモンV/VMAXは現状まだ環境トップになりえるカードが出ていないので、今後の収録に期待込みで注目カードとして上げました。

■とーしん選手の注目カードTOP3

1位 《セキタンザンVMAX

1位は伝説の鼓動の目玉カード《セキタンザンVMAX》。VMAXの中でもHPが330と高く、同弾封入の《ストーン闘エネルギー》も併せて高い耐久力を持ったカードです。

流行りの《ムゲンダイナVMAX》に対しても、《格闘道場》を併用して「ふんかだん」を使っていくことで1撃で倒すことができます。闘タイプであることがかなり強力なので、今後見る機会が増えそうな1枚だと感じました。

2位 《ジラーチ

2位は新レアリティのカードから《ジラーチ》。

アメイジングレアのカードなので複数枚集めることが難しそうなカードですが、使う時は複数枚使いそうなカードですね。

ワザ「アメイジングスター」でエネルギーを7枚までつけることができるため、先行をとって1ターン目に手張り、2ターン目に《メタルソーサー》+手張りなどでワザを使って盤面を強力にできそうです。

特性の観点でもドローサポートの要素があるため、2ターン目に上記を達成することもそこまでハードルは高くなさそうです。

特性そのものも強力であるため、特性のみでのデッキへの採用も検討されるカードかと思います。

3位 《英雄のメダル

3位は新規グッズとなる《英雄のメダル》。

VMAX限定になりますが、相手が想定しているサイドのプランを崩すことのできる強力な一枚になるでしょう。そこまで多くの枚数がデッキに採用されるようなカードではないと思いますが、1枚で試合をひっくり返すことのできるカードかと思います。早期のターンからVMAXで攻撃していくデッキタイプでは採用が見受けられそうです。


強力な新規VMAXポケモンやアメイジングレアに注目の『伝説の鼓動』
カードラッシュ通販店では『伝説の鼓動』のシングルカードも絶賛販売中!ぜひご利用ください!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧