ポケモン │ 新弾レビュー │ Rush Pros【ムゲンゾーン】

6月5日発売の拡張パック「ムゲンゾーン」

同パックの注目カードについて今回もRush Pros所属選手たちそれぞれに聞いてみました!


※ラッシュメディア記事内紹介のカードは

カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■あむ選手の注目カードTOP3

1位 《ボーマンダVMAX

今回の弾のアタッカーとして最も注目しているのが《ボーマンダVMAX》です。

後述の《パワフル無色エネルギー》込でVMAXを2ターンで倒したり、「ツインソニック」で好きなポケモンに40ダメージを乗せることが出来るので、《イベルタルGX》のGXワザを絡めて倒すなど、かなり強い動きをすることが出来ます。

基本的には特殊エネルギー(《パワフル無色エネルギー》や《トリプル加速エネルギー》)と合わせることが多そうなので、《ネズ》などのカードを入れてデッキを組んでいく事になりそうです。

非常に環境にマッチした強いアタッカーだと思うので、どういうデッキ構築になっていくかとても楽しみです。

2位 《パワフル無色エネルギー

このエネルギーを付けた無色タイプのポケモンが使うワザのダメージが+20されるという非常に強力な効果。

先に挙げた《ボーマンダVMAX》と合わせて40(+20)+240(+20)=320と、《ガラルジグザグマ》などと組み合わせればVAMXを2回で倒すことが出来ます。

他にも《バイウールーV》や《ハピナス》のようなポケモンのさらなる打点アップや、《ポリゴンZ》の特性で特殊エネルギーを貼るデッキの可能性が広がりそうです。

個人的には《バイウールーV》と絡めて非常に高い打点で戦っていくデッキタイプが面白そうだなと思っているので、新弾後に是非組んでみたいです。

3位 《クロバットV

3位は《クロバットV》。以前の記事でも書きましたが、やはりこの効果は非常に強力。

今後ポケモンVを対象にするようなボールなど《クロバットV》のサーチ手段が増えれば更に強力になりそうです。

現時点ではやはり《デデンネGX》の方がドロー力としては高いため、サブ的な採用になりそうですが《ウッウV》のワザで倒れない耐久力や《グレートキャッチャー》の対象に取られないことなどメリットも大きく、使い勝手は非常に良さそうですね。

■凱選手の注目カードTOP3

1位《ボーマンダVMAX

個人的最注目カードです。

「ツインソニック」と「ダイウイング」を使い分けながら、相手のポケモンを倒していく動きがメインになりそうです。

それに加え、エネルギーの自由度が高く、《トリプル加速エネルギー》、《パワフル無色エネルギー》、《キャプチャーエネルギー》などの特殊エネルギーはもちろんのこと、その他基本エネルギーとも組み合わせることが可能なので、サブアタッカーの選択肢がかなり豊富です。

考察が楽しみな1枚。

2位《クロバットV

新たなドローソースとして注目。

ムゲンダイナVMAX》のサポート要員としてだけでなく、他のデッキにも今までの《デデンネGX》と近い役割で採用されそうです。

サポート《ネズ》と合わせて、最低限手張りを確保しながらこの《クロバットV》でドローを進めていく動きが色々なデッキで見られそうです。

3位《ジュナイパー

ポケモンGX、ポケモンVからワザのダメージを受けないという特性「みつりんめいさい」を持つ。

アタッカーとしてポケモンGX、ポケモンVを採用するデッキにとっての脅威となる存在で、今後、対策必須のポケモンの1つ。

このポケモンも様々な組み合わせが期待できそうですね。

■アリス選手の注目カードTOP3

1位 《ボーマンダVMAX

1位は《ボーマンダVMAX》です。

上ワザの「ツインソニック」は相手ポケモン2匹に40ダメージを与えることができ、足りなかった打点などの調整の他、今回一緒に収録されている《パワフル無色エネルギー》と合わせて使うことでSMシリーズにあった《マッシブーンGX》のように早い段階から前にも後ろにも圧力をかけながら攻撃する使い方もでき、非常に攻めに優れていると感じました。

下ワザの「ダイウイング」は240ダメージですが、これも《パワフル無色エネルギー》などで打点を伸ばすことで、相手のVMAXポケモンなどを倒すことができます。

要求エネルギーが無色タイプなのでどのタイプのエネルギーとも組み合わせることができるため、いろいろな組み合わせを見ることができそうで楽しみですね!

2位《クロバットV

2位は《クロバットV》です。

XYの頃の《シェイミEX》を思い出させるような特性の「ナイトアセット」は、手札からベンチに出した時に自分の手札が6枚になるように山札からカードを引いてよいというもので、山札を縦に掘り進めるスピードが上がるようになりました。

シェイミEX》と違い1ターンに複数回使うことはできませんが、ゲーム終了ターンがどんどん早くなっているこの環境では破格の性能と言っていいカードでしょう。HPも180とサポートポケモンとしては高く、《ウッウV》などのベンチ狙撃で倒されない点も魅力的です。

主なサーチ手段が現状では《クイックボール》しかない点が少し気になりますが、それでもどのデッキにも採用が検討されるカードになると思います。

デデンネGX》と併用する際に採用枚数がどのように分かれるかということにも注目していきたいなと思います。

3位《ターボパッチ

3位はグッズから《ターボパッチ》です。

コインを1回投げてオモテならトラッシュから基本エネルギーを1枚自分のたねポケモンにつけることができるというカード。

基本的なルールとしてエネルギーは1ターンに1枚しか貼れないというルールがある中で、コインがオモテならエネルギー加速ができるというのは非常に強力なアクションであると言えるでしょう。

個人的にはコインに左右されるカードはあまり好きではないですが、今まではエネルギーコストの重さ故に採用に踏み切れなかったポケモンが《ターボパッチ》のおかげで幾分かその問題を改善できることなど、色々なポケモンに可能性を与えられるカードだと感じるため、いろいろ試してみたいと思います。

既存のデッキから新たなデッキまで、色々なところで採用されるカードとなるでしょう。

■とーしん選手の注目カードTOP3

 1位 《クロバットV

1位は非常に強力なドロー効果を持った《クロバットV》。

特性「ナイトアセット」は手札を6枚になるようにドローできるCip効果になります。過去の《シェイミEX(XY6)》と非常に近しい効果ですね。

1ターンに1枚しか使えない制限はありますが、基本的には《デデンネGX》と合わせて採用することで、1ターンの間に非常に多くのカードにアクセスすることが可能となるでしょう。言い換えれば、1ターンごとの理想的な動きの実現可能性があがる環境となっていきそうです。

2位 《ムゲンダイナVMAX

2位は「ムゲンゾーン」のメインとなる目玉カード《ムゲンダイナVMAX》。

ワザ「ドレッドエンド」は場に悪ポケモンをたくさん並べてダメージを出していく技です。過去のカードになりますが、《MレックウザEX(XY6)》に既視感を感じるカードになりますね。

特性「ムゲンゾーン」の効果で270ダメージまで1撃で出すことができます。《ピカチュウ&ゼクロムGX》や《ミュウツー&ミュウGX》、《ガラルジグザグマ》をあわせて《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》など、TAG TEAM GXのポケモンたちを軒並み1撃できぜつさせることができます。

TAG TEAM GXの時代からVMAXの時代への移り変わりを感じさせるような1枚となりそうですね。

3位 《ジュナイパー

3位はレアカードから《ジュナイパー》。

特性「みつりんめいさい」によって、多くのプレイヤーが使っているデッキに大方有利に戦うことができるカードです。草タイプであることから、《ネットボール》や《ターフスタジアム》、《ナタネ》、《ライフフォレスト◇》など多くの優秀な恩恵にあずかることができます。

ボルケニオン》や《ズガドーン(sm10)》が苦手であると考えられるので、そこをどう補うかが腕の見せ所となりそうです。


以上、Rush Prosによる「ムゲンゾーン」注目カードレビューでした。

今回の記事で特に注目度の高かった看板ポケモン《ボーマンダVMAX》や、強力なドロー性能に期待の《クロバットV》をはじめとした「ムゲンゾーン」収録カードはカードラッシュ通販店にて好評販売中です!

ぜひご利用ください!

関連記事一覧