ポケモン │ 新弾レビュー │ Rush Pros【スターターセットVMAX オーロンゲ+リザードン】

3月27日にスターターセットVMAX [オーロンゲ」と「リザードン」の2つのデッキが発売されました。

今回もRush Prosの選手たちに注目するカードと、その理由をレビューしていただいたので紹介していきます!


※ラッシュメディア記事内紹介のカードは

カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■凱選手の注目カードTOP3

1位 《リザードンVMAX

なんといっても、注目すべきポイントは、ワザ「キョダイゴクエン」。
今まで登場したVMAXポケモンの中でも最高火力である300ダメージを出すことができる。

環境に存在しているVMAXポケモンはほとんどHP320に収まっていることからも、少しだけ火力を底上げできる工夫をデッキ内に組み込みたいところ。

現状だと、《アップリュー》、《ウルガモスGX》、《ガラルジグザグマ》などが挙げられる。

2位 《スマホロトム

山札の上から5枚を見てその中の1枚をデッキトップに置くという効果。

ヤレユータン》の特性「さるぢえ」や《エリカのおもてなし》や《博士の研究》などの縦引き系のカードとも相性が良い。

特殊エネルギーやグッズなど、要求されるパーツの多いデッキの展開札の1種として採用を検討したい。

3位 《サザンドラ

ソードシールドのシリーズになって初の悪エネルギーを加速する手段。
新登場の《オーロンゲVMAX》の他にも、《ゲッコウガ&ゾロアークGX》などと組み合わせたい。

2進化という点もあり、扱いづらいカードではあるが、今後の悪タイプの活躍に期待。

■アリス選手の注目カードTOP3

1位 《リザードンVMAX

1位はスターターデッキのメインカードの1枚である《リザードンVMAX》です。リザードンと言えば高いHPと高い火力という印象の通り、今回の《リザードンVMAX》もHP330を持ち、下ワザの「キョダイゴクエン」で300ダメージを出すことができます。

今回のスターターに含まれているカードでみると、闘エネルギーを採用して《セキタンザン》でエネルギーを加速するというコンセプトになっています。

さらに《格闘道場》を使って打点の上乗せをすることで相手ポケモンを1撃で倒すことが狙えます。

ガラルジグザグマ》+《回収ネット》のコンボや、《げんきのハチマキ》で打点を上げるなど、素の打点である300からどのようにして打点を上げていき、VMAXポケモンを1撃で倒すことができるかが構築の鍵になってくるでしょう。

最近行われた自主大会ではすでに《リザードンVMAX》をメインとしたデッキが上位入賞しており、そのカードパワーの高さが伺えます。一緒に収録されている《スマホロトム》と《ヤレユータン》を組み合わせたり、《ボルケニオン》や《ビクティニ◇》などの炎ポケモンと組み合わせてみるなど様々なデッキの作り方がありそうですね!

2位《サザンドラ

第2位は《サザンドラ》です。特性「ダークスコール」は手札にある悪エネルギーを何度でも自分のポケモンにつけることができます。

昔だと《カメックス》や《ジバコイル》など、最近だと《モスノウ》のように、手札からある特定のタイプのエネルギーを何回でもつけられるポケモンは、その強みを活かして色々なデッキが作られてきました。

悪エネルギーを必要とし、少しエネルギーコストの重かったポケモンである《ブラッキー&ダークライGX》や《メガヤミラミ&バンギラスGX》、自分の盤面の悪エネルギーの枚数分ダメージが上がっていく技を持つ《ゲッコウガ&ゾロアークGX》などの強力な悪タイプのポケモンを採用する場合に欠かせないポケモンになるでしょう。

システムポケモンとしてはかなりHPが高いため1度立てることができれば簡単に倒されることもないため、《サザンドラ》に進化することができれば非常に強力な盤面になると言えます。

2進化であるためどのようにして立てていくか、進化ラインと《ふしぎなアメ》の比率などをデッキの枠と相談しながら採用していきたいですね!

3位《スマホロトム

第3位はグッズの《スマホロトム》です。

このカードは山札の上5枚を見て1枚選び、残りのカードをカット。その後選んだ1枚を山札の1番上に戻すというカードです。

上で少し書いた通り、《スマホロトム》で選んだカードを《ヤレユータン》の「さるぢえ」で手札に加えることができます。これは加えるカードに制限がないため、スタン落ちしてしまったAカードにある《エネくじ》のように特殊エネルギーをサーチすることができます。

ツインエネルギー》や《トリプル加速エネルギー》のような特殊エネルギーを軸とするデッキには採用を検討していきたい組み合わせになると思います。他にも《しんかのおこう》を採用しづらいけど進化ポケモンが少しデッキに採用されているデッキ(VMAXポケモン)のサーチであったり、デッキ内のテックカードを探しに行ったりと、デッキの薄いところをサーチすることができるため色々なデッキに採用を検討していきたいですね!

■あむ選手の注目カードTOP3

1位 《リザードンVMAX

VMAXらしいHP330という耐久。そして5エネルギーとワザエネルギーは重いものの300ダメージという破格のダメージ。

炎自体は元からサポートカードが多いため、《セキタンザン》や《ビクティニV》を利用したり、《溶接工》だけに任せたり、エネルギートラッシュのデメリットを《トリプル加速エネルギー》でカバーしたり、様々な型で組むことが出来そうです。

個人的には《ボルケニオン》が一番相性が良いのではないかと考えています。調整しがいのある楽しいカードですね。

打点の300は基本的には足りていますが、VMAX同士の戦闘を考えると多少の打点サポートは欲しいところです。《ガラルジグザグマ》や《げんきのハチマキ》、闘エネルギーをつけて《格闘道場》、などで一撃力を高めましょう。

2位 《スマホロトム

テキスト的に《ヤレユータン》とのコンボや、特性「トップエントリー」と合わせることが意識されているカード。

ヤレユータン》とのコンボは一見強力ですが、カードを1枚使っていること・特性の1ドローを使っていることを考慮すると少し評価しにくいです。

現状の使い心地としては悪くないものの、《ヤレユータン》との噛み合いだけで使う価値があるとは言い切れません。《マグカルゴGX》のような相性の良い特性を他にも持ったデッキであれば十分に活躍の機会がありそうです。

3位 《セキタンザン

新弾「反逆クラッシュ」で収録されたカードが再録。

特性はトラッシュからエネルギーを2枚加速出来るため非常に強力だと考えています。
しかし現環境ではポケモンをサーチするカードが不足していたり、ゲームスピードがかなり早いため、2進化のシステムポケモンを採用しにくいです。

セキタンザン》を利用したデッキレシピに関しては、自分のTwitter上で行ったデッキレシピ投稿企画でも取り上げており、構築のポイントなどこちらのnoteに記載しています。

もちろん今回同じくスターターに収録された《リザードンVMAX》と合わせる手もあります。基本闘エネルギーがつくことで《格闘道場》から300以上のダメージを狙うことも出来ますし、エネトラッシュのデメリットをカバーすることが出来るので面白いかもしれません。

【第1回】土日の真剣デッキビルド勝負|あむ Game|note

どうも、Card Rush Prosのあむです。 唐突に始めたこの企画でしたが、土日で 22デッキ ものレシピが集まりました!参加してくださった皆様、ありがとうございます! Twitterで同様の企画があったのを見てふと思い立ったこの企画。土曜朝にお題を発表し、そのカードを使用したレシピを日曜夜まで募集、そしてこのnoteで一部掲載という形。 …

■とーしん選手の注目カードTOP3

1位 《リザードンVMAX

1位はスターターVMAX「リザードン」の目玉カード《リザードンVMAX》。

「キョダイゴクエン」は300ダメージを出すことができ、ほとんどのポケモンを1撃できぜつさせることができます。

「キョダイゴクエン」を使うために5つのエネルギーを準備する必要があり、おそらくは《溶接工》で準備していく形になるでしょう。同スターターに入っている《セキタンザン》で加速する形も面白そうですね。

また、よくもわるくも300ダメージなのでVMAXポケモンを単体では1撃で倒すことができません。この20ないし30ダメージのアプローチがカギとなりそうです。《ガラルジグザグマ》+《回収ネット》や《げんきのハチマキ》などが考えられるでしょうか。《セキタンザン》と組み合わせていれば、《格闘道場》等も候補になりえるでしょう。

2位 《サザンドラ

2位はスターターVMAX「オーロンゲ」から《サザンドラ》。
特性「ダークスコール」で、1ターンに何枚でも悪エネルギーを貼ることができるようになります。昔からやっていると《エンブオー(BW1)》や《カメックス(BW6)》、《ジバコイル(SM5+)》などの互換カードというイメージがあります。

こういった特性を持ったポケモンは、かなり環境によって強さに波がありますが、大きな判断要素の一つとして”ベンチへの干渉力”が挙げられます。

ベンチにいることで役割を担うカードであるので、この環境のベンチの干渉手段が《ボスの指令》とサポートカードであることから、一定の強さは保証されると考えられますね。

エネルギーの加速手段にしばらく悩んでいた悪タイプですが、今後見かけることも多くなりそうです。

3位 《スマホロトム

3位は新規収録のグッズとなる《スマホロトム》。

グッズなので手軽に使うことができて、山札の上にほしいカードを高めの確率でのせることができます。特定の1枚を山札の上に乗せることは難しいですが、たねポケモンや基本エネルギーといった大きい枠組みでのカードは狙うことができるでしょう。《ヤレユータン(S1)》の「さるぢえ」でそのカードを手札に持ってくる使い方はもちろんのこと、山札の上にあることで効果を発揮する様々なカードと組み合わせることができそうです。

例えば、過去に使った《マグカルゴGX》に入っていた《ポケナビ》をこのカードに差し替えて使ったりもできそうです。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧