ポケモン │ 新弾レビュー │ Rush Pros【シャイニースターV】

11月20日発売の最新弾「シャイニースターV」

今回もRush Pros所属選手たちにそれぞれが注目するカードのTOP3を紹介していただきました!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■凱選手の注目カードTOP3

1位 《くちたけん

ザシアンV》専用のポケモンのどうぐ。

ワザのダメージが+30されるので、「ブレイブキャリバー」で倒せる範囲に大きな変化が生まれました。

元々は《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「オルタージェネシスGX」込みで260、そこに《げんきのハチマキ》で270、《ダンデ》で290あたりが現実的なラインでした。

今回新登場した《くちたけん》により《ダンデ》や《ガラルニャイキング》を合わせてVMAX突破も可能になったと言えます。

今後の《ザシアンV》を使ったデッキの変化に期待したいところです。

2位 《メタモンV

場にいる《メタモンV》と自分のトラッシュにあるたねのポケモンVとをいれかえる特性「Vへんげ」を持っています。

用途としては少ない枚数採用されているポケモンVを使い回す、相手に合わせて様々なタイプのポケモンを場に出すなど、今までにないトリッキーな動きができます。

メタモンVMAX》のワザ「ダイヘンシン」も強力な選択肢になり得るので注目の1枚になりそうです。

3位 《ドガース

最速で後攻1ターン目に進化できるワザ「かくせい」を持っています。

ガラルマタドガス》の特性「かがくへんかガス」で相手の展開を止める動きや、《マタドガス》の特性「いのこりガス」でばら撒く効果を利用していくことが主な使い方になりそうです。

特に《ムゲンダイナVMAX》のデッキでは選択肢の1つになりそうです。

相手のデッキによっては大きく展開を遅らせることも期待できるので、色々と試したい1枚ですね。

■あむ選手の注目カードTOP3

1位 《くちたけん

カードパワーが非常に高いことは間違いないカード。

特にHP270以上のTAG TEAM GXなどのデッキタイプが非常に扱いづらくなったことや、《ザシアンV》を採用しているデッキ同士での考慮すべき事項が増えたことは事実としてありますが、このカードの登場で小ズガなどのデッキタイプへの勝率が変わったわけでもありません。

1次的に《ザシアンV》系統のデッキを使用するプレイヤーが増えるかもしれませんが、その後どのように環境が変化していくか非常に楽しみです。

発売直後のシティリーグではこれらの環境変化を読み切ったプレイヤーが非常に良いデッキを持ってくると思いますし、環境を動かす良いカードとして注目の1枚です。

2位 《ドガース

ワザ「かくせい」を持ったことにより、《ガラルマタドガス》に安定して素早く進化することが出来るようになりました。

元々《ガラルマタドガス》を入れた《ムゲンダイナVMAX》デッキは徐々に結果を残しているデッキタイプです。

後攻1ターン目の「かくせい」前提で動くのは少々無理がありそうですが、今回の《ドガース》の登場により、プレイの選択肢が広がり良いデッキになりそうです。

3位 《メタモンV

特性「Vヘンゲ」により、トラッシュのたねポケモンのポケモンVと入れ替えることが出来ます。

過去のメタモン系の特性は進化元の代替として使えたため、今回の特性はそれらに比べるとあまり便利なカードとは言えません。

しかし、今後トラッシュにポケモンを送りやすくなるカードが出た際にはVMAXを複数ライン入れた構築のキーカードになると思いますし、何より《メタモンVMAX》が相手のバトルポケモンが持っているワザを1つ選び使えるという非常に面白い性能をしているので注目のカードとして挙げました。

■アリス選手の注目カードTOP3

1位 《くちたけん

第1位に選んだのは《ザシアンV》専用カードの《くちたけん》です。

このカードをつけている《ザシアンV》が使うワザの相手バトルポケモンへのダメージは「+30」されるというテキストで、元々の《ザシアンV》の「ブレイブキャリバー」の打点が260になります。

これだけでも非常に強力ですが、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「オルタージェネシス」使用後に《ダンテ》を合わせることで230+30+30+50で340ダメージまで出すことができるようになり、今まで1撃で倒せなかった《ムゲンダイナVMAX》などのVMAXポケモン倒せるようになりました。

くちたけん》の登場によりさらにデッキ構築やプレイが難しくなってくるかなと思います。

2位 《メタモンV

第2位は《メタモンV》です。

このポケモンは「自分の番に1回使える。自分のトラッシュからたねポケモンの”ポケモンV”を1枚選び、このポケモンと入れ替える(付いているカード、ダメカン、特殊状態、効果などはすべて引きつぐ)。このポケモンはトラッシュする」という特性を持っています。

感覚としてはVポケモンの5枚目として《メタモン◇》のように使われると思いますが、《メタモン◇》と違ってポケモンVという指定が少し使いづらいので、今後収録されるポケモンVに期待したいですね。

今回《メタモンVMAX》が同時収録されたため、《メタモンVMAX》をメインとしたデッキが今後出てくるかにも注目です!

3位 《イベルタル

第3位は《イベルタル》です。

ワザ「アメイジングデス」は、相手のバトルポケモンをきぜつさせるという非常にシンプルかつ最強のテキストを持っています。

ワザ宣言をすればサイドを取れる効果であるため、必要なエネルギーコストが重く、この部分をどのようにして解消できるかが鍵になってきます。

ターボパッチ》のようにグッズでエネルギー加速をしていくのか、「アルティメットレイ」のようにワザでエネルギー加速していく形で使われていくのかに注目していきたいですね。

■とーしん選手の注目カードTOP3

1位 《くちたけん

1位は既存カード《ザシアンV》を大きく強化するカード《くちたけん》。

ワザ「ブレイブキャリバー」のダメージを30底上げすることができるため、倒せる範囲が大きく広がります。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「オルタージェネシスGX」と合わせることで、さらに30追加できダメージラインを290まで引き上げることができます。ここまで引き上げるとTAG TEAM GXの270ラインを超えることができますね。

さらに《ダンデ》を合わせると、なんとダメージラインが320になり、VMAXポケモンを1撃で倒すことができます。

環境に合わせて様々なダメージラインに調整することができるようになるため、是非とも持っておきたい1枚です。

2位 《メタモンV

2位は《メタモンV》。

特徴的な特性「Vへんげ」をもっており、1枚採用のVポケモンを再利用したり、VMAXポケモンを2種類採用して、状況に応じて必要な進化前のVに「Vへんげ」したりといろいろな使い方が想定されます。

このカード自身も《メタモンVMAX》に進化する権利を持っているため、《トリプル加速エネルギー》を採用しているデッキであれば《メタモンVMAX》に進化する選択肢をデッキ作成時点で用意しておくことも強い一手となります。

選択肢の多いカードであるために今後の使われ方に注目していきたいカードです。

3位 《レシラム

3位はアメイジングレアの《レシラム》。

非V・GXのたねポケモンの中では破格のダメージである270ダメージのワザ「アメイジングフレイム」を持っているカードです。

エネルギーが炎・雷・悪と条件達成のハードルの高い要求なので、既存デッキにタッチでの採用ということは考えにくく、専用デッキでの運用となると思います。

エネルギーの加速方法としては《溶接工》や《カプコケコ◇》、《マグカルゴGX》等いろいろなカードのサポートを受けて運用されていきそうです。

このカードを使っていくにあたっては、ほとんどのTAG TEAM GXを1撃で倒すことができますが《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》がHP280であるため、《ガラルジグザグマ》等の10ダメージのアプローチも忘れず採用したいです。


以上、Rush Pros所属選手による「シャイニースターV」注目カード紹介でした。

「シャイニースターV」のシングルカードはカードラッシュ通販サイトで絶賛販売中!

今回全員が注目カードとして挙げた《くちたけん》や《メタモンV》はもちろん、その他の豪華再録カードたちも在庫豊富に取り揃えているので、ぜひご利用ください。

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧