ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【シャンデラVMAX】

今回は新弾「フュージョンアーツ」から《シャンデラVMAX》デッキを紹介します。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■《シャンデラVMAX

ワザ「ダイポルターガイスト」により、相手の手札を見てその中にあるトレーナーズの枚数×70ダメージを与えます。

炎無の2エネルギーとしてはかなり打点の期待値が高いです。

参照する数値は違いますが《リーフィアVMAX》が逃げるエネルギー×60なので、トレーナーズの枚数という不確定さはあるものの、打点の効率は環境においても充分戦えるラインであることがわかります。

組み合わせる相方としては、グッズロックを行う《オムスター》や《クワガノンV》や《フリージオ》、後は裏工作の《インテレオン》ラインなどが一般的でしょうか。

今回は《オムスター》と組み合わせ、《ブルーの探索》と《タッグコール》で回すタイプのデッキを紹介します。

■デッキリスト

■キーカード紹介

オムスター

特性「かせきのしがらみ」により、自分の場のポケモンの数が相手より少ない場合、相手は手札からグッズを出して使えなくなります。

現環境は《メッソン》や《ゲノセクトV》、《デデンネGX》や《クロバットV》などシステムポケモンで回すタイプのデッキが多く、場のポケモンの数も最低4体ほどになることが多いです。

相手の場の出し方を見て《オムナイト》を出す数や、2体目の《シャンデラV》を置くかどうかなど検討しつつプレイしましょう。

ブルーの探索

効果は非常に強力なものの、自分の場に特性を持つポケモンがいるなら使えないカード。

そのため、《オムスター》や《シャンデラVMAX》を安定してたてるために使いたいカードとなっています。

中盤以降は盤面の立て直し以外には用途がないため、タッグチームサポートなどのコストとして使うことになります。

グズマ&ハラ

スタジアムとポケモンのどうぐと特殊エネルギーを持ってこれる《グズマ&ハラ》。

このデッキでは《ポケモンけんきゅうじょ》で《オムナイト》を出せるほかに、グッズロック下での《みみなりベル》も強力で、ワザに必要なエネルギーも持ってこれるため非常に役割が多いカードになっています。

キャプチャーエネルギー

シャンデラVMAX》のワザの要求エネルギーが炎無なので《キャプチャーエネルギー》に対応しており、デッキの鍵となる《レアコイル》の特性を発動させるために《コイル》を安定して置くことができます。

■おわりに

シャンデラVMAX》はカードパワーの高いカードだと思いますが、ワザが1つしかなく相手依存になってしまうためサポートカードもしくはサブプランを用意しなければなりません。

少々使いにくいものの低コスト高打点が期待できるため、今後も注目の1枚です。


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧