ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【スイクンV】

今回はPJCSで活躍した多くのデッキの中から、《スイクンV》をピックアップして紹介していきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■《スイクンV》のスペック

HPは210とアタッカーのポケモンVとしては標準的な耐久があり、特性「しゅんそく」でバトル場にいる際に山札を1枚引くことが出来ますが、特に注目するべき点はワザのスペックです。

打点に関して

ワザ「ブリザードロンド」はおたがいのベンチポケモンの数×20ダメージを追加するもので、水無の2エネルギーと低コストながら中~高打点を期待することが出来ます。

特に現環境における打点ラインとしてはV1発・VMAX2発を満たすことが出来るスペックであれば非常に強力だと考えており、スイクンは最低でも140程度、マックスで220とそのスペックをギリギリ満たすことが出来るため、アタッカーとしても非常に優秀だと考えています。

特に特性「うらこうさく」を使用するようなデッキタイプはベンチをどうしても並べざるをえず、そうでないデッキも基本的には《デデンネGX》や《クロバットV》などを出すため、こちらがしっかりとベンチを埋めることが出来れば序中盤から160-180程度のダメージを期待できるため、2エネルギーのワザとしては非常に環境にあった高性能なワザです。

耐久面に関して

しかし耐久面は優秀とまでは言いにくく、HP210は《れんげきウーラオスVMAX》であれば150+「クイックシューター」圏内、《ザシアンV》などのVポケモンでは一撃、《こくばバドレックスVMAX》なども打点ラインを越えてきやすいため、《タフネスマント》での耐久のサポートは必須です。

というのも、ワザが2エネ要求であることから耐久面でのサポートがないと毎ターン《メロン》といったエネルギー加速などに頼らざるを得ず、強みである《ボスの指令》による強気なサイドレースを活かせなくなってしまうため、やはり《タフネスマント》のような耐久面をサポートするカードは重要だと考えています。

特性に関して

今回のPJCSでも多く見られたのが新弾の《チルタリス》と合わせた形でした。

チルタリス》の特性は非常に強力で、《スイクンV》や《ヤレユータン》と合わせてデッキから好きなサポートを手札に加えたり、相手の《マリィ》のケアにトップに置くことも出来ます。

このサポート確定サーチを前提に構築されたデッキが多かったように思います。

■PJCS前の構築

-大会主催者様ツイートより引用-

PJCS1週間前にこのような《マチスの作戦》《ムサシとコジロウ》を採用したコントロールの形の《スイクンV》がTwitter等で話題に上がりました。

このデッキタイプは中終盤のコントロールが得意なものの、《こくばバドレックスVMAX》など序中盤で盤面を作ってしまうデッキタイプ相手にはあまり上手く刺さらない印象で、PJCSでの候補デッキにするには少し不安定な選択のように感じました。

このデッキを元に《スイクンV》+《チルタリス》の研究や、《スイクンV》+《インテレオン》のようなデッキの研究が進んでいきPJCS当日を迎えていきました。

■PJCSでの構築

PJCSで特に目立った《スイクンV》のデッキタイプとしてはDay2で配信卓にも登場したガルシア選手の《スイクンV》《チルタリス》《ユキメノコ》でした。

-ガルシア選手ツイートより引用-

非常に完成度が高く、《メロン》というサポートを使わなければアタッカーが続かない《スイクンV》の脆い部分を《ユキメノコ》でカバーし、《ボスの指令》といった強力なサポートでアグレッシブに攻めていく構築となっています。

他にも《はくばバドレックスVMAX》と合わせてサイド2-3-3を押し付けるデッキタイプや、《ルンパッパ》と合わせて高打点でサイドを取っていくデッキなどもDay2に上がっていたようで、今後も《スイクンV》は注目の1枚になりそうです。

■まとめ

PJCSが終わり、こういったデッキタイプのデッキレシピが広まりましたが、《スイクンV》は他のカードのサポートを頼らざるを得ない部分もあり、デッキレシピが公開された後では少々戦いにくいかもしれません。

ただ、2エネルギーの中打点アタッカーとして非常に扱いやすい部類だと思うので、ここから更にデッキレシピが変化しながら環境に残り続けるカードになると思います。

今後も《スイクンV》に注目していきたいですね。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧