ポケモン │ 解説記事 │ あむ【PJCSメタゲーム解説】

今回は7月18日、19日に行われたポケモンジャパンチャンピオンシップスのメタゲームについて、大会結果を交えながら重要なポイントをいくつか解説していきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■大会結果(公式放送中に発表されたデータと結果集計データを参考にしています。)

マスター使用率

1位 《こくばバドレックス
2位 《れんげきウーラオスVMAX
3位 「悪パーフェクション」
4位 《レックウザVMAX
5位 《ムゲンダイナVMAX

とあり、1位と2位はほぼ差がないというものでした。

事前の環境予想でも多くの人がこの上位3デッキをTier1にあげており、大方の予想通りの環境となったのではないでしょうか。

特に《れんげきウーラオスVMAX》と「悪パーフェクション」は新弾でそれぞれ大幅な強化(《チャーレムV》・《ガラルファイヤー》)を受けており、新弾発売直後の大会ということでこれらの新要素込みの各対面のマッチアップや対策が出来ていたかが大きなポイントになったと思います。

Day2進出(ベスト64)デッキ分布

結果としてTier1の3デッキはその評価通りDay2に駒を進めた形となりました。

最終的にベスト4に《こくばバドレックス》デッキが3名、《ブラッキーVMAX》を採用した「炎パーフェクション」が1名となりましたが、BO3というルール上デッキ相性がBO1より如実に出るため、決勝トーナメントの最終結果は正直な所マッチングに左右された部分も多いと考えています。

今回のPJCSの結果を参考に現環境を分析する場合はDay2進出のデッキ分布、できればDay1で7-2以上のデッキ分布まで参考に出来ると良いですね。

■ポイントの整理

メタデッキの対策

こくばバドレックスVMAX》《れんげきウーラオスVMAX》《ミュウツー&ミュウGX》は事前評価が高く、PJCSでは大きく対策されるデッキであると認識していました。

実際に《こくばバドレックスVMAX》の悪弱点を付け、かつ闘弱点ではないポケモンとして《ブラッキーVMAX》と《ガラルファイヤーV》は非常に存在感のあるタッチポケモンとして多くのデッキに採用されていました。

しかし結果としては《こくばバドレックスVMAX》が上位を占め、特性「めいかいのとびら」の安定感と《マホイップVMAX》《ゲンガー&ミミッキュGX》など様々なプランを持つデッキパワーを抑えきれなかった印象です。

一方で《れんげきウーラオスVMAX》はあまり目立った対策がされていない印象で、そもそも《こくばバドレックス》がシェアを多く占めることから上位に上がってこないと考えられているか、《チャーレムV》を採用した型の《れんげきウーラオスVMAX》のデッキパワーが正確に評価されきっておらず、「ベンチバリア」《ミュウ》採用以上の対策がなされていない印象でした。

また、《ミュウツー&ミュウGX》に関しては《頂への雪道》や特性「シャドーボックス」の《ミミッキュ》などが採用されており、炎軸悪軸に限らずかなり対策がされており、こういったカードがある状態でも《ビクティニVMAX》や《ブラッキーVMAX》といったアタッカーで戦っていけるタイプのパーフェクションが勝ち進んでいた印象です。

三すくみから外れる存在

現環境トップの闘、超、悪の3タイプの三すくみから外れた存在として、様々なサブアタッカーを搭載し環境デッキとも戦えるプランを持っていた「3神ザシアン」や《ニンフィアVMAX》といったデッキはいい結果を残しました。

特に使用率に対する勝率としては「3神ザシアン」が勝ち組デッキ。

ひとまとめに「3神ザシアン」といっても、現環境における《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》系統のデッキは様々なサブアタッカーが入っており、その中でも今回特に多く見られたのが《ガラルファイヤーV》や《ブラッキーVMAX》といった悪タイプの強力なアタッカーを採用したデッキタイプです。

これにより苦手としていた《こくばバドレックス》相手に勝率を上げることもできましたし、何よりVMAXが環境上位に増えたことでVMAX同士のサイドレースが強く意識された部分に「オルタージェネシスGX」の追加効果が上手く刺さったと考えています。

PJCS後の環境に関して

しばらく環境に影響を与えるカードの収録がないことから、基本的にはこの環境を元にチャンピオンズリーグ横浜まで進みそうです。

今回の結果を元に《ミュウツー&ミュウGX》や「3神ザシアン」、《れんげきウーラオスVMAX》や《こくばバドレックスVMAX》といったデッキはさらに対策される側に立たされそうです。

とはいえどのデッキも非常に強力で、全ての環境デッキを対策しきることは不可能なため、ある程度のマッチアップの不利は抱えたまま他のデッキに勝てるようなプランを持つことが大事になってくると思います。

まだ新弾環境は始まったばかりですし、PJCSで環境のゴールに辿り着いたとはあまり考えていません。

これから新たなデッキタイプが出てくる可能性もありますし、既存デッキもこれからどのように構築が変わっていくのか、今後の環境が非常に楽しみですね。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧