ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【ルガルガンVMAX】

今回は新弾「摩天パーフェクト」に収録された《ルガルガンVMAX》デッキを紹介します。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

れんげきウーラオスVMAX》を軸に、サポート役として《ルガルガンVMAX》を入れたタイプのデッキです。

■デッキ解説

ルガルガンVMAX》はワザ「ハンティングクロー」で相手の場の残りHPが60以下のポケモンを1匹選びきせつさせることが出来ます。

これによりHP60以下の《ミュウ》や《メッソン》、《れんげきウーラオスVMAX》のワザ「キョダイレンゲキ」でHP60以下となったポケモンをきぜつさせていくことが基本的な動きになります。

れんげきウーラオスVMAX》の強さは既に語る必要がないと思いますが、「キョダイレンゲキ」+《ナゲツケサル》+《望遠スコープ》でベンチのポケモンV・GXに180ダメージを与えることが出来ます。

これにより《クロバットV》や《デデンネGX》といったカードをきぜつさせたり、VMAX相手を2回で打ち取れる圏内にしたりできますが、一般的な《れんげきウーラオスVMAX》デッキでは相手のベンチバリア《ミュウ》によりそういった動きが阻害されてしまいます。

もちろん「クイックシューター」の《インテレオン》を採用することで相手の《ミュウ》に圧力をかけることは出来ますが、順調に進化しても最速で3ターン目でようやく《インテレオン》になるので、「キョダイレンゲキ」がどうしても中終盤の〆の役割になりがちです。

ルガルガンVMAX》であれば2ターン目から相手の《ミュウ》に圧力をかけることが出来るため、「キョダイレンゲキ」を序盤から攻め気で使うことが出来るのがこのデッキのポイントになります。

■おわりに

新弾で《チャーレムV》が出たことで、《インテレオン》型のれんげき《ウーラオスVMAX》は動きのプランが増えましたが、ミラーの試合が難しくなりました。

そういった《ウーラオスVMAX》相手や、環境により多くなるであろう《ミュウ》や「うらこうさく」を採用したデッキに対して序盤から流れを掴みやすいデッキなので、是非使ってみてください。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧