ポケモン │ 解説記事 │ あむ【《霧の水晶》《メロン》】

今回は先日発売された拡張パック「白銀のランス」「漆黒のガイスト」から、注目のカード2枚について解説をしていきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■《霧の水晶

超タイプ限定の優秀なサーチカード。

ミステリートレジャー》と比べるとたねしか持ってこれないものの、エネルギーも対象になっているのが非常に魅力的。

レギュレーション落ちによりサーチ系グッズのカードパワーが少し弱めだなと感じていましたが、超タイプはその中で頭1つ抜けて安定性が増したイメージ。

出来れば他タイプもこのようなサーチカードが出て欲しい…

今弾で登場した《こくばバドレックスVMAX》デッキとの相性はもちろんよく、必ず4枚抑えておきたい汎用カードです。

こくばバドレックスVMAX》に関してはデッキの軸となる《こくばバドレックスVMAX》自体を持ってくることも非常に優先度が高いので、たねポケモンを持ってくる《クイックボール》《霧の水晶》と進化先を持ってくる《しんかのおこう》《ポケモン通信》といったカードのバランスが大事になってくるかと思います。

また、超タイプのたねポケモンには新弾の《クレセリア》や、《ガラルフリーザーV》、《マーシャドー》、《ミミッキュ》、《ミュウ》、《オドリドリGX》など有用なカードが多く、今までのように《クイックボール》にたねポケモンのサーチを任せるしかない状態ではデッキのメインポケモンを対象に使うことが多くタッチで入れている上記のカードに触れにくいと感じることも多かったです。

そこに今回この《霧の水晶》が登場したことで、タッチカードであるこういったカードも持ってきやすくなり、想定するデッキ相手により有効に働くのも評価出来ます。

■《メロン

水エネルギーの期待のサポート。

現環境においてトラッシュからという条件は《クイックボール》や《トキワの森》、《デデンネGX》や《プラターヌ博士》などそれなりに満たしやすいものの、《メロン》というカード自体のドローパワーの無さなどを考えると少し物足りない。

そのため、ドローパワーを補いつつトラッシュに水エネルギーを送れる《チラチーノ》とは相性が良さそうです。

エネルギートラッシュを要求する新弾の《はくばバドレックスVMAX》とはもちろん相性が良いですが、既存デッキに関しても《インテレオンVMAX》や《カメックスVMAX》など要求エネルギーが3エネルギーのVMAXが多く上手く噛み合えば2ターン目から3エネルギーワザを打つことが出来るのも非常に魅力的です。

また、水タイプなどの縛りもないので、どのタイプのポケモンVにも加速出来るのも今後評価出来そうなポイントです。

以前《溶接工》を積んだタイプの《クワガノンV》+《ファイヤー&サンダー&フリーザーGX》デッキをチャンピオンズリーグの候補に検討していたこともあり、《メロン》の登場で《溶接工》と《メロン》をどちらも積んだ《クワガノンV》+《ファイヤー&サンダー&フリーザーGX》なんていうデッキも楽しいかも知れませんね。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧