ポケモン │ 解説記事 │ あむ【新環境メタゲーム考察】

以前の記事でスタンダードレギュレーションの変更に関する影響についてまとめました。

今回の記事では、それを元に新弾「一撃マスター」「連撃マスター」発売後の新環境メタゲームについて考察していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキタイプの整理

まず環境を整理する前に、Bレギュ落ちによる既存デッキの変化と評価を考えます。

CLなどの大会においてもそうですが、基本的に環境考察をする場合はまず既存デッキの理解度を上げ、その上で新しいデッキのアプローチを考えることがオススメです。

■デッキパワー維持もしくは向上

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV

上記の記事でも触れましたが、特に現環境で強力だと考えるデッキが所謂「3神ザシアン」。

Bレギュ落ちの影響が少なく、逆に《ズガドーン》や《ジラーチ◇》といったカードを採用していた苦手なデッキタイプのパワーが下がったことで、より安定して使うことが出来るようになりました。

詳細は記事の後半で再度触れていきたいと思います。

ムゲンダイナVMAX

イベルタルGX》などのレギュ落ちの影響から、《ムゲンダイナVMAX》以外でサイドを取るプランが少々難しくなりました。

ただ、今回の新弾で《学習装置》が再録されたことで、今まで使いにくかった《ヤミラミV》が使いやすくなったり、《モミ》と《マニューラGX》のプランが取れたりと、選択肢が広がった側面もあります。

全体的に小回りが効きにくくなったもののデッキパワーは依然として高く、ウーラオスたちに対するプランをどうするかや、彼らのシェア率次第で立ち位置が大きく変わってきそうです。

「マッドパーティ」

ジラーチ◇》のレギュレーション落ちが「3神ザシアン」相手の戦いにおいて非常に厳しい変化です。

しかしその他のデッキに対しては比較的戦いやすく、《ミステリートレジャー》のレギュレーション落ちも《レベルボール》の再録によりカバーでき、デッキパワー自体は依然として高いと思います。

海外環境で使用されていた《サカキの追放》を入れ、《デデンネGX》や《クロバットV》を複数枚採用するデッキタイプも注目です。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》相手にサイド3-3プランを取られないというメリットはありますが、そもそも2-2-2と取られるゲーム展開でもサイドレースに追いつきにくいため、何かしらの対策要素はもう少し必要だと感じています。

タイプ的にもいい立ち位置にいることは間違いないので、今後も注目のデッキです。

マルヤクデVMAX

レギュレーション落ちの影響をそこまで受けず、かつ、相手のデッキ次第でエネルギー破壊もしくはパワーで押し切るプランが取れるのが魅力。

ドローエンジンとしての役割を持つ《エンニュート》はレギュレーション落ちしていないため、《マルヤクデV》のワザ「ねつほうしゃ」や《エール団のしたっぱ》、《クラッシュハンマー》といったカードで相手の動きを妨害するデッキタイプも強力そうです。

Bレギュレーション落ち以前の環境でも評価は高かったのですが、環境全体の中であまり評価されていない印象があったため、これからのC以降で活躍することを期待しています。

レッドパーフェクション

超パーフェクションは軸であった《カラマネロ》を失いましたが、炎エネルギーを軸にしたレッドパーフェクションは変わらず強力。

ただ、レギュレーション落ちにより《ガオガエンGX》を失ってしまい、VMAXなどの高耐久ポケモン相手の打点に不安を感じる部分もあります。
また、レッドパーフェクションではなく《オーロラエネルギー》を入れたタイプの《ミュウツー&ミュウGX》でも、《ラフレシアGX》を採用し2ターン目から180ダメージを出すスピードを意識したゲームの展開が出来るため、《うねりの扇》といったカードの採用シェア次第ではありますが、超タイプというメリットもあり、今後増えていく可能性はありそうです。

■デッキパワー低下

デッキの鍵となるカードたちが落ちてしまったため、以前のように環境に入ってくることは難しいと思います。

セキタンザンVMAX》などは《スマホロトム》で回すようなデッキタイプも残ってはいますが、実際に使ってみた体感ではあまり安定せず、新しく出てきた同タイプのウーラオスたちと比較してもトップメタに入ってくることは厳しい印象です。

■新弾で登場した強力なデッキタイプ2種

さて、ここまで既存のデッキについてまとめてきましたが、新しいデッキ、《いちげきウーラオスVMAX》と《れんげきウーラオスVMAX》にも触れていきましょう。

個人的な体感としては《いちげきウーラオスVMAX》がTier1、《れんげきウーラオスVMAX》がTier2という印象です。

《いちげきウーラオスVMAX》

いちげきウーラオスV》のワザ「とぎすます」と、《ヘルガー》によるエネルギー加速が非常に強力で、《いちげきウーラオスVMAX》のワザ「キョダイイチゲキ」は《いちげきエネルギー》の効果込で容易に290~310ダメージを出すことが出来ます。

310という打点が、《大きなおまもり》のついた《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》をきぜつさせることが出来るラインなので、環境的にもかなりいい立ち位置にいます。

いちげきギミックはやることが明快でかなり使いやすく、かつデッキパワーも高いので今後も人気のデッキタイプになっていきそうです。

《れんげきウーラオスVMAX》

とーしん選手のデッキ紹介はこちら。

れんげきのカード自体はどれも強力なものの、打点のラインが高くないためゲームプランが難しいです。

両者を比べるといちげきの方がゲームプランが明快でデッキを構築しやすく、環境トップと言っても問題無さそうです。

一方れんげきの方はゲームプランが多少テクニカルになってくる部分もあり、かつ高打点なワザがないので現段階の構築ではまだTier2レベルかなと考えています。

さて、これらの考察をふまえ、今回は現環境の中心といっても過言ではない「3神ザシアン」というデッキタイプと、個人的な注目カードたちに触れて終わりにしたいと思います。

■3神ザシアン サンプルレシピ①

デッキパワーだけで考えるとどのデッキも強力でそこまで大差はありませんが、個人的に現環境での3神ザシアンの強みはハードルが低いことだと感じています。

どういうことかというと、ゲームテンポを自ら早めることができ、ゲームプランが豊富で、かつそれを可能にするための最低ハードルが「エネルギーを3神に貼る」ことと、容易であることがこのデッキの強みと考えているということです。

ゲームプランとしては伝統的な《ボスの指令》によるサイド3-3プランもあれば、VMAXなどサイド3枚のポケモンを相手にした際にはサイド4-2プランも有効で、VMAX+サイド1枚の小物を倒すだけで勝利出来るのは非常に強力。

その分《リセットスタンプ》耐性がなくなりがちですが、《コロトックV》がその点をカバー出来るため、序盤から終盤にかけて隙がなく優秀です。

VMAX側も《モミ》の登場により《ザシアンV》の高打点でサイドを取られないように立ち回ることも出来るようになりましたが、サポート権を使うこともあり、相手側も安定してそのプランを通すのは難しいでしょう。

特に現状ではグッズやサポートでのドロー力が低く、《クロバットV》や《デデンネGX》、《コロトックV》といったサイド2枚のシステムポケモンにドローを頼るため、その場合は《ボスの指令》2回での3-3プランも取れる3神ザシアン側に今のところ分がありそうです。

新弾の《いちげきウーラオスVMAX》相手に関しては、デッキパワー自体はいちげき側の方が上かなと感じますが、先述したハードルの部分や《ミュウツー&ミュウGX》の存在などを加味すると、100戦やったら3神側が勝ち越すと思っています。

ここら辺の相性に関しては、まだまだいちげき側のデッキ構築が進んでいないこともあるので、今後また変わってくるかもしれません。

「3神ザシアン」のデッキ構築の細かい部分としては他にも《タッグコール》軸で組んだり、《ギルガルドV》や《ムーランドV》・《ミロカロスV》・《くちたけん》といった一部デッキに対するメタカードを入れたり様々な選択肢が取れるのも魅力です。

まずは3神ザシアンを仮想敵として意識しながらデッキを組んでいくのが非常に大切になってきそうです。

■個人的に注目しているカードたち

「3神ザシアン」に有利な構築を作れることが注目ポイントです。

先攻でも後攻でも強く戦うことが出来ることも個人的に好きなポイント。

いちげきウーラオスVMAX》と《ムゲンダイナVMAX》相手にどう勝つかのプランが持てれば環境の中でもかなりいい立ち位置になりそうです。

採用されることが増えていきそうな《ミュウツー&ミュウGX》の対策として注目。もちろん《無人発電所》は《デデンネGX》などの特性を封じることが出来るのも魅力です。

ミミッキュ》の特性「シャドーボックス」は以前なら《ギラティナ》がいましたが、Bレギュレーション落ちとなったため対策として少々使いにくい部分はあり、《イオルブVMAX》や細かい打点をとりあえず与えることで特性を封じていく動きになっていきそうです。

特性「くいだめ」が優秀。

ただ、序盤にデッキから持ってくる方法が《クイックボール》や《キャプチャーエネルギー》もしくは素引きしかなく、かつ、バトル場にいかなければならないためかなり構築に制限をかけられてしまいます。
CL横浜2021でCard Rush Prosのイトウシンタロウ選手が使用した《カビゴン》+《セキタンザンVMAX》のような構築方法は他VMAXなどのデッキにも流用出来ますし、今後も1つのアーキタイプとして可能性を感じています。

■最後に

記事内でも触れましたが、現環境はまだまだ他デッキの研究が進んでいないこともあり3神ザシアンが頭一つ抜けているデッキタイプだと感じています。

ただ、今回登場したウーラオスはどちらも強力なデッキですし、他にも強力なデッキが登場することも十分にありえると思うので今後が非常に楽しみです。

いちげき・れんげき環境を是非楽しみましょう!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧