ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【セキタンザンVMAX+マグカルゴ】

今回は《セキタンザンVMAX》+《マグカルゴ》のデッキを紹介します。

チャンピオンズリーグ横浜でも同タイプのデッキを握ったのですが、環境の変化や理解度に合わせて構築を変えたため、今回はその変化に注目して解説していこうと思います。

チャンピオンズリーグ横浜で使用したデッキリストはこちら

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : 《《セキタンザンVMAX+マグカルゴ》》

■環境に合わせた構築の変化

そもそもチャンピオンズリーグ横浜では、《セキタンザンVMAX》は事故率の高さから持ち込むプレイヤーが少なく対戦相手としても意識されていない、という前提で組んでいました。

そのため《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》相手の勝ち方や、《ムゲンダイナVMAX》への有利不利はある程度甘く見ている部分がありました。

しかし現在では既に環境デッキとして認知されている手前、中々思うようにはいきません。

現環境も踏まえての変更点は数枚ですが、デッキタイプとしては大きく変化しています。

特に大きい変更点は《格闘道場》の採用です。

現在の《ムゲンダイナVMAX》を相手にした際には《ガラルマタドガス》の存在が重く、当時の構築では不利が付くと思います。

この部分を意識して《ボスの指令》の4枚目の採用や、《格闘道場》を複数枚採用することで戦えるように工夫しています。

また、《ツールスクラッパー》の枠を《格闘道場》に変更したことで能動的に打点を上げられるようになったため、ワザ「キョダイガンセキ」で280~300までダメージを出すことができ、TAG TEAM GXラインも強く見られるようになりました。

地味な部分ではありますが、《マグマッグ》のワザ「マグマでかこむ」が50ダメージになる点も評価できます。

サイド1枚を差し出すことはこのデッキにおいてはデメリットになりにくく、且つ、「ふんかだん」等で足りない打点を補えるので、頭の片隅に入れておくと役に立つかもしれません。

今回のレシピに導入した《エネポーター》と《ウィークガードエネルギー》も環境を見て採用したカードです。

ウィークガードエネルギー》はわかりやすく《イオルブV》や《ダダリンVMAX》といった草タイプのアタッカーに対しての採用で、《マグカルゴ》の特性からワザ「ふんかだん」でお手軽に付けられるため使いやすいです。

エネポーター》に関しては主に《ムゲンダイナVMAX》の《ハイド悪エネルギー》《ウィークガードエネルギー》や、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の《オーロラエネルギー》、ミラーマッチの《ストーン闘エネルギー》や、最近様々なデッキに入っているのを見かける《キャプチャーエネルギー》などを見て採用したカードです。

この枠はもともと《エール団のおうえんタオル》との取捨選択でした。

エール団のおうえんタオル》は一見強いカードのようでしたが、このカードを使用したい場面として想定される《ガラルマタドガス》や《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を対面にした場合、どちらにも裏目があり実際には使いにくいカードでした。

ガラルマタドガス》の場合はそもそも《マグカルゴ》で持ってくることができない&持ってきて使った所でエンド時のポケモンチェックで40ダメージ乗るため、《イベルタルGX》の「ディスカウントGX」圏内になります。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》相手の場合は《くちたけん》をつけた《ザシアンV》のワザを耐えるために使いたいですが、使ってしまうとワザ「ふんかだん」で《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を倒せなくなるため使うことができません。

このようにイマイチ使いにくいカードで、この枠は環境的に《エネポーター》の方が強くなると考えています。

マグカルゴ》の特性により好きなカードを持ってくることが出来るからこそ、環境を踏まえて様々なカードを採用したいですね。

最後にデッキのベースとも言える変えたくない部分の49枚を載せて終わりにしようと思います。

■デッキのベース

※上記の《基本フェアリーエネルギー》が自由枠。

有利相手を更に確実に有利にしたり、コンボ要素を入れて捲くったり、様々な選択肢を取ることが出来る楽しいデッキです。

是非自分ならではの60枚を組んで戦ってみてください!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧