ポケモン │ カードレビュー │ あむ【ピカチュウVMAX】

今回は新弾拡張パック「仰天のボルテッカー」から注目のVMAX、《ピカチュウVMAX》を取り上げて紹介します。

どのような点に注目しているのか、そこからどのようなデッキ構築の基礎の考え方をするか、などを書いていきたいと思います。


※ラッシュメディア記事内紹介のカードは

カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■基本的な性能

耐久面はHP310の闘弱点、VMAXとしては最低ラインという印象です。

打点は基礎が120と低めですが、エネルギーをすべてトラッシュすることで270にまで伸びます。《エレキパワー》などを考えるとVMAXラインに届くレベルなので打点ラインとしては十分強力です。

どうしても耐久面で不安があるため、環境次第では《セキタンザンVMAX》や新弾の《ガラルネギガナイトV》あたりは意識しなければならないかもしれません。

同じような雷VMAXだと《ストリンダーVMAX》などが近しいですが、VMAX相手を考えると、どくこみでも打点ラインが1段階高い点や、どくのサポートがいらない分エネルギー加速などのサポートカードをデッキに多く積める点、進化元の《ピカチュウV》が2エネや3エネで高火力を出せる点などが《ピカチュウVMAX》の優位性だと思います。

■雷のメリット

やはり雷タイプのメリットは《エレキパワー》や《カプ・コケコ◇》、《サンダーマウンテン◇》《スピード雷エネルギー》のような非常に優秀なサポートカードが多いこと。

また、アタッカーも優秀で《クワガノンV》や《サンダー》、《ピカチュウ&ゼクロムGX》や《ライチュウ&アローラライチュウGX》をタッチで採用することも可能です。

ゼラオラGX》や《デデンネGX》など優秀な特性を持つシステムポケモンに関しても、VMAXを軸にするためワザの使用も視野に入れて採用出来るのは良いメリットになりそうです。

■ワザの話

続いてワザですが、《ピカチュウVMAX》は3エネルギーのワザのみを持っています。

かつ、追加打点を出すためにはエネルギーをすべてトラッシュする必要があるので、エネルギーの加速として《サンダーマウンテン◇》や《カプ・コケコ◇》だけでは2体目の準備が間に合わなさそうです。

そのため《ローズ》や《マルマイン》、もしくはワザによる加速は検討しなければなりません。

打点的に270は《エレキパワー》込で十分と思えそうですが、《ムゲンダイナVMAX》などのHP340を想定すると、2枚で330しか出ないため《ガラルジグザグマ》や《げんきのハチマキ》などのサポートカードは入れたい所です。

もしくは《サンダー》などの低打点を挟むことで80+270で超えるなどが現実的なプランでしょうか。

サンダー》とはサイドレースの観点でも非常に相性が良さそうなので、実際の採用を検討すると「アサルトサンダー」の条件を満たすため、一時期の《ジラーチ》+《サンダー》の動きや《回収ネット》や《ゼラオラGX》などを絡めた動きを元にデッキの軸を決めて組んでいくのが初期のデッキ構築になっていくかと考えています。

■《ピカチュウV》はどっち?

2エネルギーのワザ「エレキサークル」はベンチを埋めることで150ダメージを出せるため、先にサイドを有利に進めれば、《ピカチュウVMAX》で一気にサイドを取りにいくことができます。

雷ならではのテンポの速さはやはり大きな武器なので、サイドレースを有利に進めていきましょう。

■サイドレースの考え方

ピカチュウVMAX》をメインに置く場合はサイドの取らせ方としては3+2+3or2を押し付けたいところです。

サイド3は言わずもがな《ピカチュウVMAX》で、サイド2としては《クワガノンV》や《ピカチュウV》や、《マルマイン》+《サンダー》のような非V2枚などが基本の動き方となりそうです。

単体で戦い抜くためには追加効果ありの「キョダイボルテッカー」を積極的に打つ必要があると思うため、《マルマイン》などを挟んで戦うのは非常に綺麗に戦えそうですね。

ただ現環境で《ムゲンダイナVMAX》や《セキタンザンVMAX》などを相手にする場合はスピードについていけるか怪しいため、序盤はワザエネルギーの要求が低い《サンダー》や「エレキサークル」の《ピカチュウV》で早めに打点を載せて置きにいく動きが良い動きになりそうですね。

■まとめ

HP310ラインという少々心もとない耐久力や、環境にいるであろう《セキタンザンVMAX》への回答を考えると、完全にメインに置くというよりは《ジラーチ》+《サンダー》の動きや、《クワガノンV》の動きを軸として《ピカチュウVMAX》の高打点で相手のアタッカーやVMAXを倒しに行くプランの方が有効に働きそうです。

ちなみに《ピカチュウVMAX》はプロモ版も存在しますが、自分はパックの方が好きです

関連記事一覧