ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【スピードピカゼク】

今回は新弾で追加された《スピード雷エネルギー》というカードで、より強化された《グズマ&ハラ》型の《ピカチュウ&ゼクロムGX》デッキを紹介します!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : スピードピカゼク

■デッキ解説

以前から環境デッキとして大会でも結果を残している《ピカチュウ&ゼクロムGX》デッキ。今回は新弾で追加された《スピード雷エネルギー》に注目して、デッキを構築しました。

デッキのポイント

今回のポイントは2つ。

・《グズマ&ハラ》型を存分に活かす
・《クイックボール》に関して

それでは、それぞれについて触れていきます。

■《グズマ&ハラ》型を存分に活かす


新弾「反逆クラッシュ」で追加された《スピード雷エネルギー》。非常に強力ですが、《基本雷エネルギー》の枚数も重要な《ピカチュウ&ゼクロムGX》デッキにとっては4枚積むのは厳しいものがあります。

また、以前は《グズマ&ハラ》型ではどうしてもドローが弱く、《ジラーチ》の「ねがいぼし」によるサポートをする形が一般的でしたが、《アブソル》や《ガラル鉱山》などのカードを考えると現状《ジラーチ》軸で運用していくのはあまり良いとは言えないと考えています。

 

そのためそういった懸念にも対応出来るよう組んだのが今回紹介するデッキレシピです。

サンダーマウンテン◇》《ふうせん》《スピード雷エネルギー》の3つを持ってこれる《グズマ&ハラ》、そしてその《グズマ&ハラ》と《ピカチュウ&ゼクロムGX》を持ってこれる《タッグコール

タッグコール》と《基本雷エネルギー》さえ引けてしまえば、先攻2ターン目から「フルドライブ」を打つことが出来ます。

また今環境で増えそうな中打点のポケモンに対して《マオ&スイレン》を採用。序盤のために4枚も積んでしまった《タッグコール》が中盤以降も最低限の役割を持てるようになっています。

■《クイックボール》に関して

ポケモンを持ってくるのに《クイックボール》や素引きに頼ってしまうレシピが現状では多いと感じます。

例えば《タッグコール》や《電磁レーダー》を採用していない場合、《ピカチュウ&ゼクロムGX》《カプ・コケコ◇》《デデンネGX》《パルスワンV》などなど必要になってくるカードは非常に多いです。しかし初ターンに《クイックボール》を複数枚引くことはあまり考えられません。

そのため《ピカチュウ&ゼクロムGX》や《デデンネGX》などのカードは《タッグコール》や《電磁レーダー》に任せ、少しでも《クイックボール》を《カプ・コケコ◇》や《パルスワンV》や《カプ・コケコV》などのカードを持ってくるために使えるようにしました。

ヤレユータン》や《ジラーチ》、《フィオネ》や《アブソル》といったカードが入っていないのもそのためです。持ってくるカードがデッキに多くないため、1枚のカードとして割く価値がないと考え、今回は不採用としています。

■終わりに

今回は環境のスタートとしてこのレシピを紹介しました。
発売後の環境やサポートまわりの枚数調整など、今後もどんどんアップデートを重ねていくデッキだと思います。

特に1-2枚の変更は影響を実感しにくいため、何度も対戦を重ねて理想の60枚を組んでいきましょう!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧