ポケモン │ ステップアップポケモンカード │ あむ【第5回:対戦と集中】

今回はステップアップポケモンカードの第5回目。

前回はプレイングに関する考え方や上達方法について触れましたが、今回は実戦で特に大事だなと最近感じている集中力について書きたいと思います。

皆さんポケモンカードをプレイしていて、こういったことはありませんか?

・公式大会で緊張して普段しないミスをした
・リラックスしすぎてプレイが雑になってしまった

実際自分も、リラックスしすぎて普段やらないような甘いプレイをしてしまうという経験が何度かあります。

特にシティリーグなど普段ジムバトルを行っているような店舗で戦う場合、チャンピオンズリーグと同様の緊張感を持ってプレイすることが出来ず、細かいミスやケア忘れに繋がってしまうことがありました。

どれだけ練習していても、普段通りの力を出せるか出せないかでパフォーマンスは大きく変わります。

せっかくステップアップしたのであれば、やってきたことをしっかりと発揮したいですよね。

というわけで今回はこのテーマについて書くことにしました。

■集中するためには

集中するためには何が大事な要素でしょうか?

個人的に「適度な緊張を意識すること」「メンタルをコントロールすること」の2つが特に大事な要素であると考えています。

■適度な緊張を意識すること

緊張に関してはしすぎても、しなさすぎても良い影響を与えません。

自分にとって最も適度な緊張を常に保つことが大事です。

とはいっても「自分にとって最も適度な緊張をしろ」と言われても、すぐに出来るものではないと思います。

そのために大事なこととしては、自分が今どういう状態であるかと理解することです。

ざっくり

「緊張しすぎ」
「適度な緊張」
「緊張しなさすぎ」

という3つの状態に分け、ジムバトルなどの対戦やシティリーグ、チャンピオンズリーグなどで今自分がどういう状態であるかをまずは認識してみましょう。

今自分がそれぞれどの状態にあるかがわかれば、その状態になっている要因を理解することが出来ますし、それらをどうすれば「適度な緊張」状態にできるかの糸口を見つけることが出来ます。

例えば自分の問題点として「緊張しなさすぎ」だなと感じることが多かったのですが、この状態の原因は試合前にチームメイトと談笑したり、対戦前に対戦相手の方と談笑したりしたままの状態で対戦に挑んでいたことにありました。

そのため、自分の中で対戦開始前に一定のルーティンを設け、これをしたら集中するように切り替えることを意識的に継続して行うようにしました。

(ルーティン例:目を瞑って数回深呼吸をする、両手を強く握るなど)

自然と適度な緊張状態になることは非常に難しいため、自分がその状態であるかどうかをしっかりと認識し、その上で切り替えるきっかけを見つけていくことが大事だと思います。

■メンタルをコントロールすること

メンタルのコントロールという意味でも同じことが言えると考えており、メンタルにも「良い状態」「悪い状態」というものが明確に存在します。

ここに関してはどう考えても「良い状態」を保った方が対戦についても良い影響を与えることは間違いありません。

そのため、メンタルが「悪い状態」になったとしても、「良い状態」に切り替えられるようにすることが大事です。

そこで有効な方法は、先程もあったルーティンだと考えています。

メンタル面におけるルーティンに関しては

・縁起のいいものを食べる(大会前は必ずトンカツ食べてます…)
・試合間は瞑想をする(瞑想したから集中できていると意識付ける)
・しっかりと睡眠する(睡眠不足といった不安要素を消す)
・筋トレを継続して行う(長時間の大会にも耐えられるという自信に繋がる)

などなど、どれも「自信に繋がる」ルーティンを組むことが非常に大事です。

ここの内容は正直自信に繋がることであればなんでも良いので、自分自身で上手く設定し「これをやったから大丈夫!」という自信を持って、「良い状態」に持っていきましょう。

■最後に

まだまだ自分でも手探りの状態ですが、やって損することはないと思うので是非皆さんも自分なりの集中方法を見つけてみてください!

それではまた


↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧