ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【ガラルヒヒダルマVMAX】

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

 

■デッキレシピ : ガラルヒヒダルマVMAX

■デッキのコンセプト

「仰天のボルテッカー」収録の《ガラルヒヒダルマVMAX》を軸にしたデッキです。

このカードはワザ「ダイゴウセツ」が4エネルギーと重いものの200ダメージ+ベンチ全員に30ダメージという非常に高い打点を有しています。

インテレオンVMAX》との比較

このデッキを考えるにあたって大事なこととして、《インテレオンVMAX》との比較があります。

当然弱点が違う部分は明確な差別化ですが、エネルギーの枚数や出来ることの比較をすることで、構築として目指すものが見えてきます。

ガラルヒヒダルマVMAX》はエネルギーが重いものの、ベンチ全体にダメージをばらまくことができ、マッドパーティなどの耐久力が低いデッキ相手に強く刺さります。

また《アローラサンドパンGX》のGXワザ「ニードルストームGX」との組み合わせが非常に強力で、一度撒くことに成功すればベンチ全体に130ダメージ。2度撒けば160ダメージと《デデンネGX》すら倒せるラインに届きます。

そのため《ガラルヒヒダルマVMAX》ではベンチへのばら撒きを重視し、《アローラサンドパンGX》や《ボルケニオン◇》を採用しました。

また、同じく「仰天のボルテッカー」で新規収録された《望遠スコープ》も強力で、《クロバットV》などのポケモンV・GXに対して強く圧力をかけることが出来ます。

採用カードに関して

これらの強みを活かすため、《モスノウ》を立てることと《アローラサンドパンGX》に繋げることを意識して構築しました。

そのため《キャプチャーエネルギー》自体はワザには関わってこないものの5,6枚目の《クイックボール》として採用。

どちらも進化元のカードを採用し、ドローサポートを厚くしています。

特にこのデッキはエネルギーの要求札が高いので、1枚で水エネルギー2枚分の価値がある《たっぷりバケツ》は4枚採用。

これでもまだやりたいプランを通し切ることが難しいことがあるため更に《クロバットV》の採用なども検討しても良いかもしれません。

■まとめ

やりたいことを詰め込むデッキも良いですが、現実的にそれが可能なのかどうかを意識して構築をすることが大事だと改めて思いました。

今回のデッキのように《モスノウ》を立てる+エネルギーを複数枚引く、というようなハードルが高い事項に関して、たまたま調子よく回った・運悪く回らなかっただけでなく何が問題で何が必要なのかをしっかりと言語化し、構築を修正していけるとより良いデッキレシピになっていくと思います。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧