ポケモン │ デッキ紹介 │ あむ【オーロット&ヨノワールGX】

今回はポケモンカード公式チャンネルで使用したデッキについて紹介していきます!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : 《オーロット&ヨノワール GX》

■デッキ概要

オーロット&ヨノワールGX》を使用するデッキタイプは多くあります。

オーロット&ヨノワールGX》をメインアタッカーとして採用する場合は《カラマネロ》や《ジラーチ》を採用しまわすタイプや、今回のように《ひかるミュウ》と《ブルーの探索》を入れるタイプ。サブアタッカーとしては《カラマネロ》系列やタッグバレットのようなデッキに入ってくるかと思います。

ワザが超エネルギー3枚必要なのでそこは使いにくいですが、ワザの性能が打点・ダメージともに非常に高い性能を誇っているので、今後も様々なデッキタイプで活躍しそうですね。今回はその中で《ひかるミュウ》と《ブルーの探索》を軸にしたデッキタイプに決めました。

メリットとしては序盤の動きが安定すること、《マチスの作戦》から動きやすいこと、ポケモンの種類が少なくサイドレースを考えやすいことがあります。


ある程度決まった動きを想定して使いたい場合は《ブルーの探索》型がオススメです。

基本的な動きとしては《ひかるミュウ》によるエネルギー加速で《オーロット&ヨノワールGX》を用意し、ワザ「ナイトウォッチャー」を軸に戦います。
カウンター気味に動くことが《オーロット&ヨノワールGX》を最大化出来ると考えていたので《マチスの作戦》から動きやすいように3枚採用している形になります。

相手のサイドが4枚になれば《リセットスタンプ》+《マチスの作戦》+《マツバ》or《ムサシとコジロウ》+ワザ「ナイトウォッチャー」で相手の手札を0枚にすることが出来ます。

またサイドも《ひかるミュウ》《ムウマージ》《オーロット&ヨノワールGX》がきぜつしても5枚までしか取られないため、2体目の《オーロット&ヨノワールGX》を相手に押し付けることが出来ます。

現状苦手なデッキはあまりありません。《レシラム&リザードンGX》はGXワザ「ペイルムーンGX」が有効に働きますし、《ミュウツー&ミュウGX》は弱点を付けるため戦いやすいです。

どのデッキに対しても手札を0にしてから《無人発電所》を貼ることで、相手のトップ次第にはなりますが有利に戦うことが出来るのでオススメです。
以前使用した「コントロールゾロアーク」のように完全なコントロールは出来ませんが、《無人発電所》環境下で1枚で解決出来るカードはあまり多くありません。

ただ《ブルーの探索》型の場合は、《マーシャドー》による手札リセットや、終盤の《リセットスタンプ》に対して有効札を引けないと止まってしまうため、このデッキでは《ムウマージ》を採用しています。


中終盤では特性を起動せず進化して置いておくことで手札リセットに対してもある程度強く出ることが出来ます。

■最後に

今回の動画では序盤サポートがなく苦しい場面もありましたが、相手も《ブルーの探索》を軸にしたデッキだったため、ハンデスに対して耐性があまりなく有利に試合を運ぶことが出来ました。

本当は《ムウマージ》や《マツバ》や《ムサシとコジロウ》を絡めてカウンターしていく動きを見せたかったのですが、サイドに眠ってしまったため見せることが出来なかったのは少し残念ですね。

ひかるミュウ》自体は11月29日以降のレギュレーション改訂でスタンダードレギュレーションでは使えなくなってしまいますが、《オーロット&ヨノワールGX》は今後も非常に強力なカードだと思うので注意が必要です。

一般的には《カラマネロ》を軸にするデッキタイプになっていくと思いますが、今後のカード次第では新たなデッキタイプも現れるかもしれませんね。

ポケモンカード公式チャンネルの対戦動画はとーしんと合わせて3本勝負になっているので、是非他の動画も見てくださいね!それでは

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧