ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【はくばバドレックスVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は最近シェア率が増えている《はくばバドレックスVMAX》のデッキを紹介していきたいと思います!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

■採用カード解説

ポケモン 22枚

メインアタッカーの《はくばバドレックスVMAX》は3−3の採用となっています。

これは《こくばバドレックスVMAX》と違い、本体がシステムポケモンとはなっていないため3−3採用でも問題ないという判断です。

その代わりに強く機能してほしい《インテレオン》のラインは4−4−4と厚く採用する形になっています。

このラインはよく、4−4−2−1(インテレオンを2種類採用)ぐらいの割合で採用されていることが多いのですが、環境に存在する《インテレオン》ラインや《ミュウ》の入ったデッキに《回収ネット》を採用する型が増えてきたため、「クイックシューター」の《インテレオン》を4枚採用することによって取り逃がしが起きないようにしていくことを狙っています。

ミュウ》は序盤に《メッソン》を全滅させられてしまうとシステムを失いそのまま負けてしまうため採用しています。

グッズ 19枚

ポケモンのサーチができるカードを12枚と厚めに採用しています。

このデッキには前述の理由から「うらこうさく」の《インテレオン》を採用しておらず、また、《ジメレオン》の「うらこうさく」ではポケモンをサーチするグッズよりも状況に合わせたサポートをサーチしたいことの方が多いため、ポケモンをサーチできるカードはなるべく素引きできるように設計しています。

そのほかでは、ポケモンを逃すカードとして《ふうせん》と《あなぬけのひも》を採用しています。

ポケモンいれかえ》ではなく《ふうせん》を優先しているのは《スイクンV》の「しゅんそく」をうまく使いたいことが理由です。

ただし《頂への雪道》をプレイしてる際は発動しないので注意しましょう。

サポート

サポートは9枚で他のデッキと比べて少なめの枚数となっています。

これも前述のとおり、「うらこうさく」からサーチしてくることを前提でデッキを作っているための枚数となっています。

博士の研究》《メロン》と縦に山札を掘り進めるドローサポートしか採用していないため、手札と盤面の管理がとても大切になります。

(マリィなどで流されたりされた際に盤面にメッソンがいないと復帰できない可能性が存在するため)

■おわりに

今回は《はくばバドレックスVMAX》デッキの紹介となりました。

シティリーグが延期になっている地域もありますが、できることはしっかりとやって準備していきましょう!

今回はこの辺で、それではまた!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧