ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【スイクンV】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は《摩天パーフェクト》に収録されている《スイクンV》をメインにしたデッキを紹介していきたいと思います。

それでは早速本編へ!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

■デッキのコンセプト

チルタリス》の特性「いざなうしらべ」でデッキトップにサポートを乗せて、《スイクンV》の特性「しゅんそく」を使い、デッキトップに乗せたサポートを引き込み展開していくというデッキです。

構築段階で展開札が多く採用されているため、非常に安定して序盤から動けるようになっています。

今回の構築では《ムサシとコジロウ》が厚めに採用されているため、テンポを保って攻撃しながら手札に圧力をかけ続けることを意識してプレイすることがひとつ大事な点となります。

■採用カード解説

ポケモンの採用はとてもシンプルで、メインアタッカーとなる《スイクンV》が4枚。《チルタリス》ラインは1ターン目に必ず《チルット》をベンチに出したいので3−2となっています。

ムサシとコジロウ》を繰り返し使うことで手札が薄くなるので、手札補充のできる《ヤレユータン》と《コロトックV》はサイド落ちケアで2枚ずつの採用。《ミュウ》は流行りの《れんげきウーラオス》の対策枠です。流行りとはいえ特定対面専用のカードとなるため、1枚採用にとどめています。

グッズは安定度・再現性の高さを重視した採用枚数に調整しています。

ポケモンをサーチする《クイックボール》と《レベルボール》はそれぞれ4枚、ポケモンのどうぐ2種も序盤からプレイできるように3−3と厚めの採用です。

リセットスタンプ》は《ムサシとコジロウ》との相性がとてもよく、ゲーム終盤には組み合わせで必ず使いたいので3枚の採用としています。

サポートをサーチできるデッキなので、他のデッキと比べて多くの種類のサポートを採用しています。

博士の研究》の他に5種類のカードが採用されていて、各サポートがピンポイントで必要なシーンに活躍することができます。

その中でも《シロナ&カトレア》は次ターン以降のゲーム展開を予想してサポートを拾っていかないといけないため、少し扱いの難しいカードかもしれません。

■おわりに

今回は《スイクンV》をメインとしたデッキ紹介となりました。

このアーキタイプのデッキは早速シティリーグでも優勝を果たし、JCSでも活躍していたようなので、今後しっかりとした対策が必要となってくると思います。

今回はこの辺で、それではまた!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧